その他東南アジア

このエリアの特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

空港の建物から1歩外に出ると、湿気をたっぷり含んだむわっとした空気に肌が触れ、きっと誰もが心でつぶやくでしょう、「東南アジアに来た!」と。バンコクやクアラルンプールのような大都会でも、人間臭い庶民的なエリアは残り続け、ふらっと来た旅人をも受け入れてくれる、そんな優しさがあるのです。何をするでもなく当てのない旅が似合う東南アジア。当てがなかったはずでも帰国の時には沢山の思い出が残るのです。ひとつひとつの国は大きくありませんが、各国が誇る世界遺産も少なくありません。タイのアユタヤやスコタイでは13、14世紀の栄華時代の遺跡が残り、マレーシアには18世紀のイギリス貿易の中継点として活躍した歴史都市マラッカやキナバル山などの自然遺産、インドネシアは有名なボロブドール遺跡やプランバナン遺跡やコモドドラゴンの生息するコモド島も世界遺産、また意外なのがフィリピンにも実は世界遺産は多いのです。一度訪れると必ずまた行きたくなる東南アジアの理由のひとつのご飯が美味しいことも。ナンプラーや香草などは初めは苦手だった人もいつの間にか癖になっている。そんな風に、病みつきになってしまうのが東南アジア旅行なのです。気軽なフリータイムのプランからこだわりの旅まで、旅の目的やテーマに応じてコース選びが自由にできる、多彩なラインナップがファイブスタークラブの自慢です。