ホーム > シルクロード・中央アジア > 新疆ウイグル自治区を含むシルクロードツアーの視察へ

新疆ウイグル自治区を含むシルクロードツアーの視察へ[2010年05月27日]

★★★★★ ファイブスタークラブからのお知らせ
外務省より中国に対する新たな渡航情報(危険情報)が昨日(2010/05/26)発出されましたので抜粋してお知らせします。

危険度が1ランク引き下げられました。また,以前にお知らせしていたインターネット接続の制限も解除され,ほぼ自由に閲覧でき,電子メールも問題なく送受信できるようになっています。

詳細は外務省海外安全ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=009#header)で確認できます。

---------------------------------------------------------------------
新疆ウイグル自治区

「渡航の是非を検討してください。」(引き下げ)

新疆ウイグル自治区では,2009年7月5日夜,同自治区の区都ウルムチ市で暴動が発生し,暴徒による車両の焼き討ちや武装警察隊との衝突があり,多数の死傷者が出ました。同6日からは,カシュガル,アクス,イリ等でもデモが発生したとの情報もありました。しかし,その後の政府当局等による対処により,現在,これらの地域の治安状況は好転し,ほぼ平穏を取り戻しています。
ウルムチやカシュガル等の都市では,現在も武装警察隊が市内各所に駐留し,徒歩や車両による巡邏が行われていますが,その数は暴動発生当初に比べて格段に減っており,際立って緊張した雰囲気はなく,人の多く集まる広場やバザール等も,従来どおり大勢の人々で賑わっており,社会的な安定が回復している模様です。しかしながら,この地域は従来から東トルキスタン・イスラム運動等により時々過激な行為が行われてきていることから,今後も一定の注意は必要です。特に,2008年10月の北京オリンピック開催中に同自治区で武装グループが公安施設などを襲撃するという事件が発生したことから,2010年5月1日に開幕した上海万博の期間中(10月31日まで)にも同様の事件が発生する可能性は排除できず,ウルムチでの暴動から1周年前後の動向を見極める必要があること等から,不測の事態に備え,引き続き現地情勢を慎重に見極める必要があります。
なお,暴動発生当初には使用できなかった各種通信手段は,その後徐々に回復し,2010年5月現在,新疆ウイグル自治区内と日本国内との国際通話に支障はありません。また,インターネット接続も制限が解除され,中国の他の地域と同程度にウェブサイトをほぼ自由に閲覧でき,電子メールも問題なく送受信できるようになっています。
アフガニスタンとの国境付近では,アフガニスタン国内の不安定な治安情勢が,同国と隣接する地域に影響を及ぼす可能性があります。(アフガニスタンについては,別途「危険情報」が発出されています。)

以上の状況から,同自治区に対する危険情報を「渡航の延期をお勧めします。」から「渡航の是非を検討してください。」に引き下げることとしますが,上述のとおり,同地域の不安定要因は完全には消えたわけではなく,また不測の事態が発生するおそれは依然として排除できませんので,同自治区に渡航・滞在を予定されている方は,上記情勢を踏まえ,現地情勢に関する最新の情報を入手した上で渡航・滞在の適否を検討してください。また,現地滞在中は十分な安全対策を講じて不測の事態に巻き込まれないよう慎重に行動してください。また,万一不測の事態発生等治安が悪化する場合には現地を離れる等の対処ができるよう準備と心構えをおろそかにしないようお願いします。
---------------------------------------------------------------------

3月末、新疆ウイグル自治区の現地旅行会社から

「ヨーロッパの国々や、韓国からのお客様は戻っているのに、日本からのお客様は少ないのは何でですか〜??街はすっかり平穏を取り戻し全然問題ないですよ〜!」

と国際電話が鳴った。
実際、シルクロード(新疆ウイグル自治区)はその後どうなっているのだろう??
ということで2010年4月29日〜5月6日で新疆ウイグル自治区のウルムチ、トルファン、クチャ、カシュガルを視察してきました。

視察を終えて
今年の夏は新疆ウイグル自治区を含むシルクロードに行ってみたいと思いながらも、安全面等々から二の足を踏んでいる方もいらっしゃるかもしれません。新疆ウイグル自治区を含むシルクロードでは海外からの観光客をどこへ行っても見かけ、他の国を旅するのとなんら変わりなく、視察を終えました。1年近くがたち、すっかり平穏を取り戻し今、当たり前のことですが、そこには平穏に暮らす市民の生活があり、笑顔を浮かべる人々の姿がありました。新疆ウイグル自治区を含むシルクロードは「旅」できます。
是非、新疆ウイグル自治区を含むシルクロードの旅にお出かけください。
新疆ウイグル自治区を含むシルクロードツアーの催行を再開いたします。

新疆ウイグル自治区の区都ウルムチ市においては、2009年7月5日夜、暴動が発生し、車両の焼き討ち等が行われ、市民や武装警察官等に死傷者が発 生しました。事件後すぐにウルムチ市内の情勢は沈静化しましたが、新疆ウイグル自治区全域で国際電話やインターネットが不通となったため、弊社では、確実 な旅程管理が難しいと判断し、催行を一時中止して参りました。
その後、2010年2月末には国際電話が復旧し、3月には携帯電話のショートメールが復旧し、現地との連絡態勢の再整備が可能となりました。(残念ながら、インターネットは2010年5月5日現在まだ復旧していませんが・・・。)また、現地旅行社との連携態勢及び安全対策を強化して参りました。その結果、危険を回避し安全確保への最大限の配慮が可能と判断し、新疆ウイグル自治区を含むシルクロードのツアーを催行することとしました。 今後も、弊社では更なる情報収集につとめ安全にご旅行して頂くための配慮 を重ねて参ります。何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2010年5月 出村隆行

コメント

コメントしてください




保存しますか?