ホーム > 東欧・北欧・ロシア > 赤ちゃんとヨーロッパ旅行 自然を満喫 (スロベニア、クロアチア、モンテネグロ、 おまけでイスタンブール編)

赤ちゃんとヨーロッパ旅行 自然を満喫 (スロベニア、クロアチア、モンテネグロ、 おまけでイスタンブール編)[2017年06月16日]

もうすぐ赤ちゃんも卒業です

プリトヴィツェ公園をハイキング

初の子連れ出張から1年が経ちました。1歳9ヶ月になった娘はすっかりお姉さんです。
歩くのが楽しいお年頃の娘と、今回はスロベニア、クロアチア、モンテネグロへ行ってきました。
ブレッド湖2泊→プリトヴィツェ1泊→ザグレブ1泊→ドブロブニク2泊→イスタンブール1泊の比較的ゆっくりの行程です。

ここで、子連れ旅行を楽しむための三カ条をお伝えします。
①飛行機は夜便
飛行機で寝てもらうために、昼間はいっぱい遊ばせて。
②各都市の移動は、公共の交通機関より専用車で。自分達のペースで回れるのと、時間短縮になる。小さな子との旅行は、とにかく何をするにも時間がかかります…
③できれば、各地では最低でも2泊する。
よくばった行程は、自分も子どもも疲れちゃうので。

ターキッシュエアラインで、イスタンブール乗り継ぎでスロベニアのリュブリャーナに到着。
リュブリャーナ市内観光を軽くした後、車でブレッド湖へ。
リュブリャーナの街は、徒歩で回れるくらい小さいので半日でも十分見てまわれます。
リュブリャニツァ川沿いは雰囲気も良く、おしゃれなカフェがならんでいました。

愛の誓いの南京錠

ブレッド湖はリュブリャーナから車だと30分ぐらい。

この日の宿泊はブレッド湖の目の前にたつグランド ホテル トプリツェホテル。

部屋からの眺めは最高!

ホテルのカフェバー

フロントのスタッフに勧められたホテルの名物のケーキ。甘さひかえめでおいしい。

ブレッド湖は東西約2.1km、南北約1.4kmの湖。湖畔には遊歩道が整備されています。観光客やスロベニアの人々もたくさん訪れていて、それぞれアクティビティをしたり、泳いだり、釣りをしたり、湖畔でのんびりしたりと、思い思いに過ごしていました。

昼過ぎにホテルに到着後、早速遊歩道を散歩しに行きました。

天気がとっても良く、気持ちがいい

湖畔のレストランで名物のマス料理をいただきました

チキンフライ1人前がこの量…

観光列車で湖を周ることもできる

昼間はたくさんの人で賑やかなブレッド湖も、夜になると静かになります。
ブレッド城はライトアップされ、夜のブレッド湖はとってもロマンチック。
リュブリャーナから日帰りでも行けますが、いろんなブレッド湖の表情が見られるので、宿泊するのがオススメです。

翌日はブレッド湖観光のハイライトのブレッド城と聖母被昇天教会を観光しました。

ブレッド城からの眺めは必見!

聖母被昇天教会

手漕ぎ船で教会のある島に渡る

奇跡の教会で、鐘を鳴らせると願いが叶うらしいので、鐘を鳴らしてみました

4日目は、ブレッド湖から車でプリトヴィツェへ行く長旅です。途中ポイストナ鍾乳洞に立ち寄りました。

トロッコに15分ほど乗って、鍾乳洞内へ

ガイドさんの説明を聞きながら1時間ほどあるきます。中はけっこう寒かったです。

前にクロアチアに行ったときプリトヴィツェは日帰りだったので、今回は1泊してゆっくり見て周りました。プリトヴィツェ公園近くには3つのホテルがあります。
私たちは、イエゼロに泊まる予定でしたが、ホテルからお風呂が壊れていると連絡があり、プリトヴィツェホテルに急遽変更となりました。お詫びに公園のチケットをもらえたので、まぁラッキーだったかも。
ホテルに到着したのは17時頃でまだ外は明るかったですが、翌日朝早いので、ホテルのレストランで早めの夕食を食べて寝ました。

柔らかくて美味しい豚肉

クロアチアといえば、レモン味のビール

公園は朝8時に開きます(季節により異なります)。ホテルから歩いて入り口2にむかい、チケットにスタンプを押してもらいます。
2.3時間コースと、4.5時間コースと1日コースの3つがあります。娘と一緒だったので下湖をまわる4,5時間コースにしました。
入り口2から公園内を走るエコロジーバスで入り口1に向かいます。そこからピア3を目指してハイキング。ピア3から船を乗り継いでピア1に行くルートです。途中安全な所は娘も歩き、何度か休憩しながら歩いたのですが、ピア3についた時点で所要時間3時間くらいでした。ほとんどの人は、ピア3から3番のバス停を目指してまた歩き始めます。私達はさらにそこから2時間かかるルートはお迎えの時間に間に合わないと思い、船でピア1に戻りました。
大人だけであれば、5.6時間あれば、上湖と下湖すべて回れるくらいの広さだと思います。

大きなナメクジを発見!

プリトヴィツェからザグレブに戻る途中に、ラストケ村に立ち寄りました。

リトル・プリトヴィツェと呼ばれ、村には大小の滝がある。

ジブリの世界に迷い込んだように可愛らしい村。

6日目 ザグレブから国内線でドブロブニクへ
ドブロブニクのホテルは、グランド ヴィラ アルゼンティーナです。
エクセルシオールのほうが旧市街寄りにあります。アルゼンティーナから旧市街までは徒歩10分。途中に2軒スーパーマーケットがあり便利でした。

ホテルから旧市街へ向かう途中のバニェ・ビーチからの眺めは有名

部屋のテラスからの眺め 木が邪魔・・・

まずは腹ごしらえ。以前来たときに行って美味しかった港のレストラン「ロカンダ・ぺシュカリヤ」へ

お腹もいっぱいになったので、旧市街散策へ。
階段が多い旧市街は、ベビーカーは邪魔になるのでホテルに置いていくのがよいです。

路地裏にある絶品アイス屋さん

綺麗な花嫁さんに会いました

世界で3番目に古い薬局 「ドゥブヴァチュカ・クチャ」で買ったオレンジのクリーム

翌日は、専用車でモンテネグロのコトルへ
コトルはドブロブニクから車で3時間です。
国境ではパスポートにスタンプを押してもらうので、パスポートは忘れずに。
コトルは、城壁に囲まれた小さな町。

コトルの旧市街にはたくさんの教会があります

コトルに行ったら、城壁から眺めるアドリア海の絶景を見ないと!
とゆうことで、抱っこからおんぶに変えて出発!重いリュックサックは入り口で預かってもらいました。
ひたすら階段を登ります。10キロの娘を背負って登るのは、修行かと思うくらいツライ。日頃からもっとちゃんと筋トレしとけばよかった(泣)

娘は久しぶりのおんぶに大興奮!お願いだから暴れないで~

雲ひとつない晴天の日だったので、アドリア海の緑とコトル旧市街のオレンジの屋根のコントラストが素晴らしく綺麗でした。

神秘的な雰囲気が漂う、山腹の救世聖女教会

ドブロブニクの最終日は、まず朝イチでスルジ山へ。すでに日本人のグループが2組程並んでいました。私達は、3台目のケーブルカーに現地の子どもたちと一緒にのりました。10分おきくらいにケーブルカーは来るので、待ち時間はそれ程ありませんでした。

行きはケーブルカーの1番後ろのポジションがベスト

旧市街から見えていたスルジ山頂にある十字架

帰りは歩いて山を降りるのが良いと思いますが、子連れの私たちは帰りもケーブルカーで戻りました。

旧市街に戻り、旧市街の路地裏にあるカフェでブレイク

休憩後、11時くらいから城壁をぐるり一周しました。ピレ門から登ったのですが、大渋滞です。結局一周するのに、2時間くらいかかりました。

見渡す限りオレンジの屋根

城壁は狭い箇所もあり、階段も多くて危ないので娘は抱っこで。

ターキッシュエアラインで行ったので、帰りに大好きなイスタンブールに1泊しました。
ターキッシュエアラインのイスタンブールでは、ベビーカーは割れ物を扱うべつの場所で受け取ります。受け取るのにけっこう待たされました。
ちなみに、ドブロブニクでもイスタンブールでもチェックイン時は、ベビーカーはオーバーサイズの荷物を預けるカウンターに持っていかないといけません。
久しぶりのイスタンブールでしたが、良いガイドさんに案内してもらい、とても楽しかったです。グランドバザールなどは、前よりもお客さんが少ないなと感じました。観光客がまだまだ少ない今こそ、ゆっくり観光ができてオススメです!

ピンクで可愛らしいオルタキョイジャミィ
/font>

アヤソフィア

アクセサリー好きな母とこれまた同じくアクセサリー好きなガイドさんが、私たちのためにオススメのお店に連れて行ってくれました。
オーナー自らデザインしたアクセサリーは、可愛くてお手頃価格なものもありオススメです。たまたま日本人のデザイナーさんもコラボして作品を作っているらしく、お見せに来ていました。

「フィルーゼ」お店はグランドバザール近くです

オーナーとガイドのバシャクさんと

娘の通う保育園はお寺が運営している仏教系です。毎日仏様の歌を歌うので、仏様や神様は身近な存在なのでしょうか。

お寺や教会に行くと何度もお祈りをします。

気に入ったところだと、まだ帰りたくないと駄々をこねるほどです。

今回娘が気にいったブレッド湖の聖マルティヌス教会

今回も楽しく子連れ旅行を終えることができました。
たくさんの人に出会い、たくさんの絶景に出会い、たくさんの美味しいものに出会いました。ありがとうございました。

ザグレブ旧市街で会った、日本好きのおじさん(有名な職人さんらしいです)

おすすめ度
ブレッド湖 ★★★★ 昼と夜と両方味わうために、宿泊するのがおススメ
コトル★★★★がんばって城壁には登ると、絶景に出会えます
プリトヴィツェ公園★★★★★ 1泊して下湖、上湖全部まわるのがおススメ
ドブロブニク★★★★クロアチアに行くなら外せない、王道中の王道の観光地

(2017年5月 崎由香里)

スロベニア

クロアチア

モンテネグロ

トルコ

コメント

コメントしてください




保存しますか?