この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

オマーンの魅力は何と言ってもほかの都市にはないアラブのローカルな部分を手軽に感じられることです。アラビア半島と言えばドバイが圧倒的に人気の都市ですが、それに対してオマーンは古くから残されている文化や風習が残っています。ドバイを歩いてもドバイ人には会うことはほとんどありません。しかしオマーンでは白い民族衣装(ディシュダーシ)と幾何学模様の帽子(クンマ)を身に着けて街ゆくオマーン人を何人も見るはずです。またオマーンの豪快な景色も見どころの一つです。険しいハジャル山地が深いブルーのオマーン湾に沿って連なり、深緑の常緑樹と白い住居のコントラストは息をのむほどの美しさです。オマーンから車で3時半、ワヒバ砂漠にてその風紋の美しさと、時間によって赤、オレンジ、琥珀色へ様々な色調の変化を眺めるのも良いでしょう。その上、チェディ・マスカットなど豪華ホテルを数多く擁し、ハネムーンにもピッタリな場所なのです。

オマーン基本情報

首都
マスカット
面積
310,000平方キロメートル(日本の約4分の3)
人口
280万人
言語
アラビア語、英語
民族
アラブ人、バルーチ人、インド人、パキスタン人、アフリカ人など
宗教
イスラム教(イバード派)
気候
国土の大半は砂漠型気候。北部は高湿で夏は酷暑。南部は亜熱帯性。4月から10月が夏季。高温多湿でこの時期は40℃を超える日もしばしばあります。室内はどこでも冷房が効きすぎていて寒いのでノースリーブや半袖のほかに長袖のものを用意することをおすすめします。12月から2月が冬季で最も過ごしやすいシーズン。砂漠などへ行く場合は夜の冷え込みに備え羽織るものをお持ちください。
通貨
オマーン・リアル(Omr)とバイザ(Bzs)。RO1=1000Bzs 両替は、空港やルイ、マトラスーク内の両替商で可能。
フライト
日本からの直行便はなくエミレーツ航空を利用しドバイ経由、カタール航空 を利用しドーハ経由、 またはエティハド航空を利用してアブダビ経由が一般的です。そのほかにトルコ航空や、タイ国際航空、スリランカ航空、一部ヨーロッパ系の航空会社からも運航があります。陸路では隣国のUAEより入国は可能です。ドバイからマスカットまでは陸路で約5時間です。