エチオピア-アルバミンチのツアー一覧

この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

3大世界遺産といわれるラリベラ、ゴンダール、アクスムでしょう。
ラリベラの岩窟教会群は周りの岩山と十字架の形の教会。これらがかつては同じひとつの岩山だったとは信じられないほど、それがラリベラにある十字架教会こと聖ギオルギス教会です。12世紀に北部エチオピアのロハの地を治めたラリベラ王は、この地に11の岩窟教会を次々に建てたと言われています。世界遺産のゴンダール城は必見。17世紀から19世紀にかけてのゴンダール城です。さまざまな6つの城があるのです。またエチオピアの天使がたくさん描かれた天井画がすばらしい教会も必見です。アクスムは。世界最大級といわれる一枚岩でできたオベリスクや、シバの女王の王宮跡、モーゼが受けた「十戒」を収めたアークが秘蔵されているといわれるシオンの聖母大聖堂、カレブ王の地下墳墓、シバの女王の浴槽など、見どころいっぱいです。

4 件のツアーがあります

新着順 | 価格順 | 日数順 | 訪問都市数順


エチオピア

コースコード6Z995-ET

(6Z995-ET)

知られざる秘境・南北エチオピア大周遊☆世界遺産ラリベラ・驚愕のムルシ族・大自然☆アフリカへひとっとび!エチオピア航空利用


ムルシ族の村
10日間
成田発
価格
¥324,000 ~ ¥470,000  
ホテル
アドトティナ(アジスアベバ)、ロハホテル(ラリベラ)、サバナロッジ(ランガノ)、モラハイツ(アルバミンチ)、ジンカ・リゾート・ホテル(ジンカ)
航空会社
エチオピア航空【指定】
訪問都市
ジンカ、アルバミンチ、ランガノ湖、アジスアベバ、ラリベラ、トゥルミ
知られざる秘境・南北エチオピア大周遊☆世界遺産ラリベラ・驚愕のムルシ族・大自然☆アフリカへひとっとび!エチオピア航空利用の詳細を見る
クリップする

エチオピア

コースコード6Z031-ET

(6Z031-ET)

お皿を口にはめる超ユニーク・ムルシ族他☆地球の秘境に暮らす民族との出会いを求めて☆驚きと感動の毎日!!エチオピアの旅


ムルシ族の村
10日間
成田発
価格
¥293,000 ~ ¥439,000  
ホテル
ベッケレモラ指定(アルバミンチ)、ジンカリゾート指定(ジンカ)、キャンプ(マゴ国立公園)、キャンプ(トゥルミ)、アドトティナ指定(アジスアベバ)
航空会社
エチオピア航空【指定】
訪問都市
ジンカ、マゴ国立公園、アジスアベバ、トゥルミ、アルバミンチ
お皿を口にはめる超ユニーク・ムルシ族他☆地球の秘境に暮らす民族との出会いを求めて☆驚きと感動の毎日!!エチオピアの旅の詳細を見る
クリップする

エチオピア

コースコード6Z995

(6Z995)

知られざる秘境・南北エチオピア大周遊☆世界遺産ラリベラ・驚愕のムルシ族・大自然☆歴史と出会いと未知なる大地 感動の10日間


ムルシ族の村
10日間
成田発
価格
¥403,000 ~ ¥481,000  
ホテル
アドトティナ(アジスアベバ)、ロハホテル(ラリベラ)、サバナロッジ(ランガノ)、モラハイツ(アルバミンチ)、ジンカ・リゾート・ホテル(ジンカ)
航空会社
エミレーツ航空【指定】
訪問都市
ジンカ、アルバミンチ、ランガノ湖、アジスアベバ、ラリベラ、トゥルミ
知られざる秘境・南北エチオピア大周遊☆世界遺産ラリベラ・驚愕のムルシ族・大自然☆歴史と出会いと未知なる大地 感動の10日間の詳細を見る
クリップする

エチオピア

コースコード6Z031-9

(6Z031-9)

地球の秘境・南部エチオピア大周遊の旅☆驚異の民族ムルシ族他少数民族の村訪問☆サファリや大自然も満喫する充実コース


ムルシ族の女性は下唇に陶器の皿をはめこむ (マゴ国立公園)
10日間
成田発
価格
¥339,000 ~ ¥417,000  
ホテル
ベッケレモラ指定(アルバミンチ)、ジンカリゾート指定(ジンカ)、キャンプ(マゴ国立公園)、キャンプ(トゥルミ)、アドトティナ指定(アジスアベバ)
航空会社
エミレーツ航空【指定】
訪問都市
ジンカ、マゴ国立公園、アジスアベバ、トゥルミ、アルバミンチ
地球の秘境・南部エチオピア大周遊の旅☆驚異の民族ムルシ族他少数民族の村訪問☆サファリや大自然も満喫する充実コースの詳細を見る
クリップする

エチオピア基本情報

首都
アディスアベバ
面積
1,127,127km2(26位)
人口
82,825,000人(15位)
言語
アムハラ語
民族
オロモ人40%、アムハラ人33-35%、ティグレ人7%、ソマリ人4%など
宗教
エチオピア正教会が50%、イスラム教が 30%
気候
北回帰線以南の熱帯に位置する。気候は標高によって違い、標高1500m までは平均気温27℃から50℃と極めて暑いが、標高1500mから2400m は移行区間となり、平均気温は16℃から30℃ほどである。標高2400m以上は冷涼な気候となり、平均気温は16℃である。エチオピア高原は降水量が多く、年間降雨量は1200mmを超す。この豊富な降雨量が、エチオピア高原にゆたかな植生をもたらし、また農耕もおこなわれ、アフリカ第2位の人口を支えている。エチオピア高原の豊富な雨量は、高原北部のタナ湖を水源とし西部へ流れる青ナイル川、高原中央部から南へ流れトゥルカナ湖へと流れ込むオモ川、同じく高原中央部から東部へと流れ下り、ジブチ国境近くのダナキル砂漠へと流れこむアワシュ川、高原南部から南東部へと流れ、やがてソマリアへと流れ込むジュバ川とシェベリ川など、多くの河川となって四方へと流れ下り、周囲の乾燥地域を潤している。
通常、雨季は6月半ばから9月半ばまでである。
通貨
エチオピア・ブル(ETB)
1ETB =
フライト
日本からの直行便はないので中近東、アジアなどを経由する。中近東経由はドバイ経由でエミレーツ航空が運行し使いやすい。また最近はエティハド航空もアブダビ経由で運行している。アジア経由は,,バンコク、広州よりエチオピア航空が毎日運行

PAGE TOP