バーレーンのツアー一覧

この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

奄美大島とほぼ同じ大きなの小さな島国バーレーン。ほかのアラビア半島諸国と比べ温暖な気候で過ごしやすいのが特徴。マナーマ郊外には2005年に世界遺産に登録されたバーレーン要塞やバルバル神殿など見どころも沢山あります。自然も豊かでマナーマから南に20kmにあるアル・アリーン自然公園ではアラビア・オリックスのような希少種からペルシアンガゼル、トビカモシカ、インパラなどを見ることできます。小さな島のためコンパクトに周遊できるのもうれしいポイントです。マナーマでは近代的なビルや5ツ星ホテルが立ち並ぶ一方、地元のお客で活気のあるスパイススークが市内の中心に位置するなど、アラビアらしさと近代化がほどよくミックスされている都市で、外国人であれば自由にアルコールが飲めるとあって、日本料理や中華料理はもちろん各国のレストランやバーなどが多く、週末にもなると隣国からの旅行者で賑やかになります。

0 件のツアーがあります

新着順 | 価格順 | 日数順 | 訪問都市数順


バーレーン基本情報

首都
マナーマ
面積
720.14平方キロメートル(奄美大島とほぼ同じ)
人口
73万人
言語
アラビア語、英語
民族
バーレーン人、その他インドなどのアジア人
宗教
イスラム教(シーア派、スンニ派)
気候
バーレーンのベストシーズンは3月から5月までと 10月から11月です。この時期は暖かく、日差しも穏やかで、心地よい風が吹き渡ります。6月から9月は夏季にあたり日中の気温が40℃を超えることも多くなります。これに対し12~2月の冬期は、日中の気温が20℃前後となります。もっとも寒いのは北西の風が吹く1月です。それでも最低気温は10度を下回ることはありません。ただし、夜は急激に冷え込むことが多いため、上着が必要をお持ちください。また島国のため年平均の最高湿度も80%と高いのが特徴。砂嵐も多く、季節の変わり目には島全体が覆われてしまうこともあります。
通貨
バーレーン・ディナール(BHD)とフィルス(Fils)。BHD1=1000Fils 空港、銀行にて可能です。市内にはATMもあります。
フライト
日本からの直行便はないので、ドバイやドーハ、アブダビの近隣諸国からのフライトが一般的。またはヨーロッパや香港などアジアの都市を乗継、そこからバーレーンに入る。所要時間はドバイから約1時間、香港から約8時間30分。

PAGE TOP