リビアのツアー一覧

この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

アフリカ北部、エジプトの隣にある未知なる国リビア。町はアラブの国ならではの混沌とした面白さに満ちています。サハラ砂漠が広がり、地中海沿岸にはローマ時代の壮大な遺跡が存在する、予想以上に見どころの多い所です。人々は素朴で親切、観光客ずれしていないのも辺境トラベラーには嬉しい限り。お酒は禁止されているので一切飲めませんが、ノンアルコールビールの味は意外に美味しいです。料理は他のアラブの国に似ていて、バラエティーに富んでいるのも嬉しいです。見所が多いので、リビアにじっくり滞在されてはいかがでしょうか。サハラ砂漠の大砂丘は夕暮れ時に見学し、砂丘の上に昇って3国国境に沈む夕陽に大感動間違いなし!砂漠観光の拠点で世界遺産のガダメスでは迷路状の白い町並みを散策したり、また地中海に面した壮大な2大遺跡サブラータとレプティス・マグナも必見です。

0 件のツアーがあります

新着順 | 価格順 | 日数順 | 訪問都市数順


リビア基本情報

首都
トリポリ
面積
1,760,000平方キロメートル(日本378,000平方キロメートルの約4.6倍)
人口
約560万人
言語
アラビア語
民族
アラブ人
宗教
イスラム教
気候
国土の約90%が砂漠。内陸部は年中高温乾燥の砂漠気候でほとんど雨が降らず、気温は50℃に達することもある反面、冬には氷点下まで下がります。
海岸地方は地中海性気候で、夏は40℃以上になるが湿度が低く過ごしやすい。
冬は温暖で雨もあります。春から夏にかけてギブリと呼ばれる乾燥した熱砂が吹き、気温は15~20℃も上昇します
通貨
リビアン・ディナール(LYD)
1LYD = 90.9円 ※2007年1月現在
フライト
日本からの直行便はないので、第3国を経由する。日本からはエミレーツ航空のドバイ乗り継ぎが便利。

PAGE TOP