アンゴラのツアー一覧

この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

アフリカをいろいろ旅した人でも、この国にはまだ行っていない方が多いはず。アンゴラはポルトガルの植民地時代が長く、1974年に遅い独立を果たしました。内戦が続いた危険な国、というイメージがありますが、実は2004年に内戦は終わり、現在はとても平和でのどかな国なのです。
壮大なカンドゥーラの滝や、奇岩群ペドラス・ネグラスといった大自然が広がり、キッサマ国立公園では野生動物を探すサファリも楽しみです。首都ルアンダは、アフリカの他の国の首都に比べモダンでおしゃれなのに驚くはず。物価は高めですが、パイオニア精神をキーワードに一度訪れてほしい国なのです。

5 件のツアーがあります

新着順 | 価格順 | 日数順 | 訪問都市数順


アンゴラ・エチオピア

コースコード6A873

(6A873)

専用車・専任ガイドで秘境アンゴラをご案内☆アフリカ第2の滝・カランドゥーラの滝や絶景・サファリも楽しむ!!☆エチオピアも立ち寄り


ミラドーロ・ダ・ルア
8日間
成田発
価格
¥638,000 ~ ¥693,000  
ホテル
スカイナ・ホテル・ルアンダ指定(ルアンダ)、カランドゥーラ・ヨラカ指定(カランドゥーラ)、クワンザ・リバー・ロッジ指定(キッサマ国立公園)、アドット・ティナ・ホテル指定(アジスアベバ)
航空会社
エチオピア航空【指定】
訪問都市
ルアンダ、アジスアベバ
専用車・専任ガイドで秘境アンゴラをご案内☆アフリカ第2の滝・カランドゥーラの滝や絶景・サファリも楽しむ!!☆エチオピアも立ち寄りの詳細を見る
クリップする

アンゴラ・南アフリカ・スワジランド・モザンビーク

コースコード6A877

(6A877)

アンゴラ・モザンビーク・スワジランド☆2つの旧ポルトガルの領のアフリカの国を含め☆未知なるアフリカの国・3国周遊


アンゴラの子供たち
8日間
成田発
価格
¥544,000 ~ ¥599,000  
ホテル
スカイナ・ホテル・ルアンダ指定(ルアンダ)、シティ・ロッジ・サントン・キャサリン・ストリート指定(ヨハネスブルグ)、サザン・サン・マプト指定(マプト)、ストーンキャンプ指定(ムカヤ動物保護区)
航空会社
エチオピア航空【指定】
訪問都市
マプート、ルアンダ、ヨハネスブルク、ムカヤ動物保護区
アンゴラ・モザンビーク・スワジランド☆2つの旧ポルトガルの領のアフリカの国を含め☆未知なるアフリカの国・3国周遊の詳細を見る
クリップする

アンゴラ

コースコード6A871

(6A871)

アフリカ第2の滝・カランドゥーラの滝と☆大自然の絶景・ペドラスネグラス☆未知なるアフリカの国アンゴラ周遊


カランドゥラの滝
6日間
成田発
価格
¥459,000 ~ ¥514,000  
ホテル
スカイナ・ホテル・ルアンダ指定(ルアンダ)、カランドゥーラ・ヨラカ指定(カランドゥーラ)
航空会社
エチオピア航空【指定】
訪問都市
ルアンダ
アフリカ第2の滝・カランドゥーラの滝と☆大自然の絶景・ペドラスネグラス☆未知なるアフリカの国アンゴラ周遊の詳細を見る
クリップする

アンゴラ

コースコード6A872

(6A872)

絶景&大自然&サファリ 秘境アンゴラの旅☆ポルトガルの色彩を持つアフリカの国を☆専任ガイドが専用車にてご案内


カランドゥラの滝
7日間
成田発
価格
¥669,000 ~ ¥714,000  
ホテル
スカイナ・ホテル・ルアンダ指定(ルアンダ)、カランドゥーラ・ヨラカ指定(カランドゥーラ)、クワンザ・リバー・ロッジ指定(キッサマ国立公園)
航空会社
エミレーツ航空【指定】
訪問都市
ルアンダ
絶景&大自然&サファリ 秘境アンゴラの旅☆ポルトガルの色彩を持つアフリカの国を☆専任ガイドが専用車にてご案内の詳細を見る
クリップする

アンゴラ

コースコード6A872-X

(6A872-X)

絶景&大自然&サファリ 秘境アンゴラの旅☆ポルトガルの色彩を持つアフリカの国を☆専任ガイドが専用車にてご案内


カランドゥラの滝
7日間
関空発
価格
¥714,000 ~ ¥739,000  
ホテル
スカイナ・ホテル・ルアンダ指定(ルアンダ)、カランドゥーラ・ヨラカ指定(カランドゥーラ)、クワンザ・リバー・ロッジ指定(キッサマ国立公園)
航空会社
エミレーツ航空【指定】
訪問都市
ルアンダ
絶景&大自然&サファリ 秘境アンゴラの旅☆ポルトガルの色彩を持つアフリカの国を☆専任ガイドが専用車にてご案内の詳細を見る
クリップする

アンゴラ基本情報

首都
ルアンダ
面積
124万6700平方キロメートル(日本の約3倍。アフリカ大陸で7番目に大きい国)
人口
2,430万人
言語
公用語はポルトガル語ですが、90%以上の住民はキンブンド語、ウンブンド語、コンゴ語、リンガラ語などのバントゥー諸語を使います。
民族
大半がバントゥー系であり、オヴィンブンド人(37%)、アンブンド人(25%)、バコンゴ人(13%)、チョクウェ人(8%)、混血(2%)、ヨーロッパ人(1%)他、さまざまな民族集団から構成されています。植民地であった名残から、アンゴラのヨーロッパ系人口は、主にポルトガル由来の人々となっています。
宗教
キリスト教(大多数はカトリック教徒) 少数ですが、アフリカの伝統宗教やイスラム教の信者もいます。
気候
アンゴラには二つの季節があります。一つは雨季で、10月から4月にかけての暑い時期です。もう一つは乾季(アンゴラではカシンボと呼びます)で、5月から9月までの時期にあたります。年間平均気温は最高27℃、最低17℃です。
国土は南半球の熱帯収束帯から亜熱帯にかけて広がり、海に近く特有の起伏を有しているため、気候によって二つの地域に分けられます。そのひとつが、年間平均湿度が30%で、平均気温が23℃以上の沿岸部です。
そして、もうひとつの地域である内陸部は、高温多雨である北部、乾季の気温が低い中央高原を含む高地部、ナミブ砂漠に近いために半乾燥地域であり、大陸の熱帯気団の影響を受ける南東部に分類されます。
通貨
クワンザ(KZ、AKZ)
外貨現金(主に米ドル)は銀行の外貨交換窓口、または市中の両替屋で両替することができます。ユーロ等も両替可能ですが米ドルと比べ、換金窓口が限られます。支払いは、基本的に現金のみとなります。国際クレジットカードは一部のスーパーマーケット及びホテル等を除き通用しませんので、ご注意下さい。
フライト
日本からの直行便はありません。
複数回の乗継ぎが必要な場合がほとんどですが、カタール航空、エミレーツ航空、エティハド航空、エチオピア航空などと利用できる航空会社は多岐にわたります。少し遠回りにはなりますが、ヨーロッパ方面からも行くことが可能ですので、ストップオーバーも視野に入れて旅程を組んでみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP