セントビンセント及びグレナディーン諸島のツアー一覧

この国の特徴&ファイブスタークラブならではのおすすめ

初めシボネイ族が定住していましたが、コロンブスが発見する頃までにはカリブ族の支配下になっていました。コロンブスが発見したのは1498年のことですが、カリブ族はスペイン人の侵略は退けましたが、1719年にはフランスが入植に成功し、支配は、フランスとイギリスの間で行き来しイギリスに戻る1783年まで続き、1791年にはグレナディーン諸島がセントビンセント側とグレナダ側に分割されました。独立は1979年です。
セントビンセント・グレナディーンは、本島であるセントビンセント島とグレナディーン諸島のグレナダ領を除く部分とで構成されるイギリス連邦加盟国です。 セントビンセント島は標高1,234メートルのスフリエール山を北部に擁する火山島で、主要港でもある首都キングスタウンはこの島の南西部にあります。グレナディーン諸島は、珊瑚礁と小さな島々が集まったもので高級リゾート地となっています。

2 件のツアーがあります

新着順 | 価格順 | 日数順 | 訪問都市数順


セントルシア・バルバドス・セントビンセント及びグレナディーン諸島・プエルトリコ

コースコードCI002

(CI002)

カリブ海の小さな島々に行こう!!☆アイランド・ホッピングの旅☆一度に三ヶ国を訪問!!〜セントルシア・バルバドス・セントヴィンセント〜


プチセントビンセント島
10日間
成田発
価格
¥432,000 ~ ¥592,000  
ホテル
サンファン・ビーチホテル指定(サンファン)、ベイガーデンズ(セントルシア)、ニューモントローズ(キングスタウン)、アクラビーチ(バルバドス)
航空会社
アメリカン航空【指定】
訪問都市
バルバドス、サンファン、セントルシア島、キングスタウン
カリブ海の小さな島々に行こう!!☆アイランド・ホッピングの旅☆一度に三ヶ国を訪問!!〜セントルシア・バルバドス・セントヴィンセント〜の詳細を見る
クリップする

セントルシア・バルバドス・セントビンセント及びグレナディーン諸島・プエルトリコ

コースコードCI002-X

(CI002_2)

カリブ海の小さな島々に行こう!!☆アイランド・ホッピングの旅☆一度に三ヶ国を訪問!!〜セントルシア・バルバドス・セントヴィンセント〜


プチセントビンセント島
10日間
大阪発
価格
¥432,000 ~ ¥592,000  
ホテル
サンファン・ビーチホテル指定(サンファン)、ベイガーデンズ(セントルシア)、ニューモントローズ(キングスタウン)、アクラビーチ(バルバドス)
航空会社
アメリカン航空
訪問都市
バルバドス、サンファン、セントルシア島、キングスタウン
カリブ海の小さな島々に行こう!!☆アイランド・ホッピングの旅☆一度に三ヶ国を訪問!!〜セントルシア・バルバドス・セントヴィンセント〜の詳細を見る
クリップする

セントビンセント及びグレナディーン諸島基本情報

首都
キングスタウン
面積
389平方キロメートル(五島列島の福江島とほぼ同じ)
人口
10.9万人
言語
英語(公用語)、フランス語系パトワ語
民族
アフリカ系、東インド系、混血、カリブ族
宗教
キリスト教(英国国教会、プロテスタント、カトリック等)等
気候
セントビンセント・グレナディーンは、赤道に近くにあり、18℃~32℃の間で変化する熱帯気候を持ちます。乾季は12月に始まり、6月に幕を閉じます。雨季は特に山岳地帯で降雨量が多く、ハリケーンも近づくことがあります。
通貨
東カリブ・ドル(EC$)
1米ドル=2.7EC$(固定相場制)
フライト
日本からの直行便はなく、マイアミ、サンファン乗り換えとなる。

PAGE TOP