• クリップする
  • メールで送る
  • 印刷する

最終更新日:2018年4月16日

ツアーコード:4F802

(4F802)

フィジー・サモア独立国 | 7日間

南太平洋の秘境・サモア独立国へ!サモア&フィジー☆<大韓航空利用7日間>

ツアーのポイント

●日本人渡航者のまだまだ少ないサモア独立国へ
●ゆったりとした時間が流れるサモアをフリーで楽しむ!
●ツアーアレンジやホテル変更、延泊手配も可能です。

旅のテーマ

  • ビーチリゾートでのんびり
  • 滝

メール問合せ 電話問合せ

このツアーのみどころ

変化を望み、進化・発展し続けるサモアに注目!

フィッシュマーケット(ウポル島)

フィッシュマーケット(ウポル島)

2009年に道路の車線を右側通行から左側通行に変更し、2010年にエネルギー効率向上の為にサマータイムを導入し、2011年に商取引国であるニュージーランドとの時差を縮める為に日付変更線の西側に移行し、経済、観光業の発展のために変化し続けるサモア共和国。日本人には未知なる国で秘境のイメージがあるのですが、欧米では新たなるリゾート地として注目を浴びています。多くのリゾートホテルのマネージャーに、フィジー人を多く起用しフィジーのホスピタリティを導入しています。海岸に沿って立ち並ぶビーチリゾートに滞在し、ゆっくりとした時間を過ごしながら、進化しつづけるサモアを感じてみるのがおすすめです。

政治、観光の中心は首都アピア

サモアの中心でサバイィ島に次ぐ面積をもつウポル島は、島の内部は未開の熱帯雨林に覆われており、緑に囲まれた島の中心部と美しい海に囲まれたビーチサイドがあります。首都のアピアは空港から車で約40分、島の北部中央に位置しています。人口は約3万2千人で、サモアで唯一の都会的な雰囲気を感じる事ができます。アピアタウンにはマーケットもあり南国の野菜、果物、衣料品や工芸品などもあるので、行って見るのも楽しいです。またアピア郊外には、ピウラ洞窟プール、トゥ・スア・オーシャン・トレンチなどの自然のプールがり、その美しく神秘的な世界には、サモアに来たらぜひ訪れて欲しいところです!

サモアはバスの所有者の趣味でカラフルなローカルバス(ウポル島)

サモアはバスの所有者の趣味でカラフルなローカルバス(ウポル島)

素朴なサモアを感じるサバイィ島

サバイィ島のタートルスイム(サバイィ島)

サバイィ島のタートルスイム(サバイィ島)

サバイィ島はサモア諸島最大の島であり、首都のあるウポル島から18kmの海峡を挟んだ西に位置します。島の内部には手付かずの原生林があり、活発な火山活動で流出した溶岩原が広がっています。それだけに伝統的な生活様式が現在に引き継がれており、訪れる観光客にとっては、とても興味深いものです。島の南側中央の海岸で見られるアロファアガの潮吹き穴は、世界的に知られている自然現象で、波に侵食された穴に打ち寄せる大波が、岩の隙間から空に向かって数10mの豪快な水柱を噴き上げる様子を見る事ができます。道路事情も悪くまだまだ交通網は良くないものの、ツアーを利用し雄大な大自然をお楽しみください。

南太平洋随一のリゾート国・フィジーってどんな国?

フィジーは南太平洋で最もリゾートとして成熟していると言われ、カジュアルなリゾートホテルから豪華リゾートホテルまで多様なホテルグレードが揃う南国の楽園です。現在日本からの直行便はありませんが、ソウル経由や香港経由で行くことが可能です。気候は年間を通して恵まれていて、雨季(12月〜4月)と乾季(5月〜11月)に分かれますが雨季も貿易風の影響で極端に雨が多くなることもなく1年中過ごしやすいと言われています。カジュアルなホテルがあるナンディや高級ホテル地区のデナラウなどご予算や期間によってさまざまなホテルから旅行プランを選べます。また離島に滞在する事も可能で美しい海に囲まれ極上のリゾート体験も可能です。

マナ島

マナ島

メール問合せ 電話問合せ
フィピシア滝
お土産に最適・カレーパウダー

PAGE TOP

日程表

日程スケジュール食事・宿泊先
1午後:東京(成田)又は大阪(ソウル乗継ぎ)【機中泊】
[ ][ ][ ]
2朝:ナンディ
現地係員の出迎えを受け、車にてナンディ国際空港よりホテルへ
【ナンディ泊】
[ ][ ][ ]
3空港へご送迎致します。
午後又は夕刻:ナンディアピア
到着後、各自でホテルへ
【アピア泊】
[ ][ ][ ]
4終日:フリータイム【アピア泊】
[朝][ ][ ]
5お客様各自で空港へ
深夜又は午前:アピアナンディ
現地係員の出迎えを受け、車にてナンディ国際空港よりホテルへ
※到着後よりお部屋のご利用が可能です。
【ナンディ泊】
[朝][ ][ ]
6終日:フリータイム【ナンディ泊】
[ ][ ][ ]
7現地係員とホテルよりナンディ国際空港へ
午前:ナンディ(ソウル乗継き)
夜:東京(成田)又は大阪
[ ][ ][ ]

PAGE TOP

出発日を選んで、空き状況をメール問合せ

ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

 
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
¥180,500
9
 
10
¥180,500
11
 
12
 
13
 
14
 
15
¥180,500
16
 
17
¥180,500
18
 
19
 
20
 
21
 
22
¥180,500
23
 
24
¥180,500
25
 
26
 
27
 
28
 
29
¥180,500
30
 
31
¥180,500
 
 
 
 
燃油サーチャージ
【2018年01月17日~2018年02月07日】
大人 : 14,000円 (01/17現在目安)
【2018年02月08日~2018年10月31日】
大人 : 21,000円 (01/17現在目安)
現地出入国に
関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど お一人様参加代金 42,000円

PAGE TOP

ツアーの詳細、催行条件、注意事項など

出発地成田 行き先フィジー・サモア独立国
旅行期間7日 (延泊はお問い合わせください)
利用ホテル/
グレード
メルキュール・ホテル・ナンディ指定(ナンディ)、アピア・セントラル・ホテル指定(アピア)
航空会社大韓航空【指定】 座席クラス エコノミー
食事回数朝食2回 昼食0回 夕食0回
添乗員同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数
催行条件
1名
備考 ※大韓航空利用時、最終日の朝食は取る事が出来ません。
※現地係員がご案内いたします。(フィジー)
※空港・ホテル間の移動はお客様各自となります。(サモア独立国)
※減延泊して日本着が、9/18、9/24、10/9、11/5、1/3、1/7の場合は、15,000円追加となります。
メール問合せ 電話問合せ

PAGE TOP

旅行企画・実施・問合せ

お電話での問合せは、
コースコード:4F802とお伝えいただくとスムーズです。

お電話でのお問い合わせ

東京本社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-13
CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520

e-mail : info@fivestar-club.co.jp
大阪支店
〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515

e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ
観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL:http://www.fivestar-club.jp/
その他の確認事項

※本画面に記載してある最終更新日以降、情報が変更になっている可能性があります。

PAGE TOP