Country

マルティニーク

マルティニーク MARTINIQUE

南仏の雰囲気を色濃く残す国マルティニーク

カリブ海に位置するフランス海外県のひとつマルティニーク。全長80kmほどの起伏に飛んだ島は、常夏のカリブながらフランス語が話され、どこか南仏のようなムードが漂っています。サトウキビが多く採れることから島ではラム酒や黒砂糖が作られ、バラタ植物園にはカラフルでユニークな熱帯の植物が咲き誇ります。またナポレオンの皇妃ジョセフィーヌが生まれた島でもあり、彼女の生家跡がラ・パジュリ記念館となっています。

Knowledge マルティニークを知る

基本情報

首都
フォール・ド・フランス
通貨
ユーロ
言語
フランス語(公用語)、クレオール語
宗教
キリスト教(カトリックが中心)、 ケンボワ(キリスト教が混ざったアフリカ起源の宗教)
電源
A型/C型
民族
アフリカ系がほとんど
時差
日本より13時間遅れ
気候
年間平均気温25℃で、四季を通じて気温差は3℃程度しかありません。
6月から12月が雨季で、最も降水量が少ないのは3月です。

North America Central America Caribbean 北米・中米・カリブ海の他の国を探す