Country

マカオ

マカオ MACAU

西洋と東洋文化が融合した
ノスタルジックな街

香港からターボジェットで約1時間のところにある、西洋と東洋の出会うノスタルジックな街マカオ。人気観光地として聖ポール天主堂跡やセナド広場、マカオタワーなどがあります。アジアとヨーロッパの混在した歴史的建築群は世界文化遺産に登録されています。カジノの街としても有名で、リスボアホテル、グランドリスボアホテル、ウィン、ヴェネチアンをはじめ多くの有名カジノがあります。「大小」や「ファン・タン」など中国独特なものもあり人気があります。

Reccomend SPOT 今行きたい!マカオおすすめスポット

SENADO SQUARE

歴史的市街地区
セナド広場

Reccomend
SPOT

01

マカオ半島の中心にあるコロニアル風の建物に囲まれている石畳の広場が「セナド広場」です。敷き詰められている石畳はポルトガル人によるものだそうで、奥へと進んでいくと様々なレストラン、ショップが並び、散策には楽しいエリアです。その先に見えてくるのが聖ドミニコ教会や聖ポール天主堂跡、仁慈堂大婁など全てが世界遺産となっています。キリスト教伝来の地として栄えた当時に思いを馳せながらゆっくり歩いてみてください。

Tour Ranking マカオ 最新人気ツアーランキング2019

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge マカオを知る

基本情報

首都
中華人民共和国マカオ特別行政区 マカオは中国内の特別行政区のため、首都という概念がありません。
言語
公用語は広東語とポルトガル語。主な観光地では英語が通じます。
宗教
民間信仰、仏教、キリスト教
時差
日本との時差は-1時間。(日本が正午のとき、マカオは11:00)
通貨・両替
通貨単位はパタカ(MOP)。空港、ホテル、銀行および公認両替商で両替できます。パタカはマカオ内でしか両替が出来ないので、必要以上に両替しない方が良いでしょう。マカオでは香港ドルが使えるので、必ずしも両替する必要はありません。
物価・チップ
チップの慣習はありませんでしたが、近年の観光地化により受け入れられつつあります。目安として、サービス料が付加されるお店ではお釣りの小銭程度、その他は金額の10%程度です。ポーターやベッドメイクなどには10MOP程度で充分です。マカオの物価は日本とあまり変わりません。水は1.5Lで8.5MOP(約120円)、旧市街のレストランでは30MOP前後です。
気候・ベストシーズン
亜熱帯気候に属するマカオは、夏の期間が長く高温多湿です。日本より明確ではありませんが、四季もあります。5~10月までは台風シーズンと言われていますが、その多くは7~9月に集中します。台風シグナル(シグナル1・3・8・9・10)が発令されると、店舗休業や交通規制などが発生することもあります。10~12月は天候に恵まれ、気候も良くなるので、観光に最適な時期です。
服装・マナー
年間平均気温が20℃程度のため、12~2月以外は夏服で良いでしょう。日傘やサングラスがあると、尚良いです。屋内は冷房がかなり強いので、調節しやすい羽織物は携帯必須です。12~2月は10℃以下になることもありますが、日本より暖かいので厚手のコートは必要ありません。4~9月は雨具持参が安心です。
治安
治安は悪くはありませんが、貴重品には十分注意して下さい。マカオで日本人が巻き込まれやすい犯罪は置き引き、スリなどです。香港⇔マカオ間のフェリーやカジノ、飲食店では特に気を付けましょう。「自分の身は自分で守る」を徹底し、万一の際は【身の安全を第一】に図りましょう。
カジノへの入店は21歳以上から可能です。カジノ内は撮影禁止ですので、気を付けましょう。
病気
一番気を付けるべきは、温度差による体調不良や熱中症、胃腸炎です。 暑さと日差しの強さに、どれだけ気を付けても熱中症になってしまうこともあります。こまめな水分補給に努めて下さい。疲れを感じたら無理せず休むようにしましょう。 慣れない環境や食の違いにお腹を壊す事もあるので、日本から整腸剤を持っていく方がいいでしょう。生水や生ものは飲食を控えましょう。
食事
マカオの食事は中国料理を始め、ポルトガル料理、それらを織り交ぜたマカオ特有の料理など、多岐にわたります。鴨出汁、香辛料、ソーセージがそそる「ダックライス」、マカオ独自に進化を遂げた「アフリカンチキン」、手軽に食べられる「ポークチョップバーガー」、もちろん「エッグタルト」も。他国と比べても遜色ない美味しさです!日本料理店もありますが、数える程度しかありません。
飲み物
水道水は飲料には適さないため、ミネラルウォーターを購入しましょう。おススメのローカル飲料は「阿華田(オバルチン)」です。麦芽パウダーを水や牛乳に溶かしたもので、香ばしい懐かしい味がします。そしてマカオといえば「コーヒー」。ちなみに「ダルゴナコーヒー」はタイパ島にある小さなカフェで生まれた話は、あまり知られていません。街中にカフェがあるので休憩には困りません。

Other Southeast Asia その他東南アジアの他の国を探す