世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

海外旅行情報
旅行記
旅の写真集
お気に入り

インド亜大陸入国制限|いつから再開?コロナ後の旅行(最新)

2020年9月21日、約半年ぶりに再オープンされたタージマハル

2020年9月21日、約半年ぶりに再オープンされたタージマハル

数多くの世界遺産や雄大な自然、ユニークな文化、歴史を持つインド亜大陸。特にインドやネパールはバックパッカーやハイキングをする人々にとって絶大な人気のある国ですよね。しかし気になるのは衛生面。特にコロナウィルスの世界的な大流行によってこれまで以上に除菌に気を遣う人も多いはず。今これらの国に行っても問題ないのか?そもそも日本人の入国は可能なのか?この記事では魅力あふれるインド亜大陸の国々の入国情報を発信していきます。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

インド亜大陸エリア:いつから海外旅行に行ける?(3/31更新)

スリランカを代表する世界遺産も観光客を心待ちにしている?

スリランカを代表する世界遺産も観光客を心待ちにしている?

外務省の安全ホームページによると、インド亜大陸諸国(インド・スリランカ・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・ブータン)はすべての国が感染症レベル3となっております。入国後の行動規制があったり、フライトが大幅に減便になっていたりと、現在観光目的での渡航はハードルが高いといえるでしょう。
【スリランカ】2021年1月21日に、いち早く外国人観光客の受け入れを再開しました。また、2022年3月3日現在、入国前の検査については下記のようになっております。
➀ワクチン完全接種済みの渡航者は、スリランカに渡航する前に新型コロナウイルス検査は不要となっています。(国によって接種の段階が異なるため、入国者は新型コロナ・ワクチンの「推奨用量」の接種を完了し、接種完了から2週間後に海外から出国すれば、「完全接種」とみなされる)
※「完全接種渡航者とみなす推奨用量」
2回接種のワクチン、または推奨される組み合わせでのワクチンを接種した場合、完全接種とみなされるには、2回(両方)のワクチン接種が必要。1回接種のワクチン(例:ヤンセン・ワクチン)を接種した場合、1回の接種で完全接種とみなされる。
②18歳以下の子供は、承認されたワクチンを少なくとも1回接種している場合、接種完了から2週間後に海外から出国すれば、「完全接種」とみなされる。
③出国日の7日から6か月前までの間に新型コロナウイルス感染症に感染した者で、出発日前に2回接種ワクチンのうち、少なくとも1回を接種している者は、出国前の新型コロナ検査が免除される。これらの者は、診断カード、感染が立証できる証拠、検査(PCRまたは抗原)の陽性結果、など、新型コロナウイルスに感染したことを証明する英文で書かれた書類が必要。これらの者は、ワクチン接種から2週間以降及び感染から7日以降に出発する必要がある。
④出発日の6か月以上前に新型コロナウイルスの感染歴のある渡航者は、新型コロナワクチンの2回接種のうちの1回を接種した場合、搭乗前72時間以内に実施されたPCR検査または搭乗前48時間以内に実施された抗原検査(自己採取検査は不可)の陰性証明書(英語で記載されたもの)が必要。これらの者は、ワクチン接種から2週間以降に出発する必要がある。
⑤スリランカに入国する12歳以上の新型コロナ・ワクチンの完全接種でない渡航者は、搭乗前72時間以内に実施されたPCR検査または搭乗前48時間以内に実施された抗原検査(自己採取検査は不可)の陰性証明書(英語で記載されたもの)の携行が義務づけられている。
【バングラデシュ】観光地の閉鎖やショッピングモール、マーケットの時短営業など、厳しい行動規制がとられています。
【インド】西ベンガル州では2022年3月31日までロックダウン措置がとられています。デリー準州は2022年1月7日から当面の間、週末(金曜午後10時から月曜午前5時までの間)の外出禁止措置を実施すると発表しました。カルナータカ州は2022年1月31日までの間、夜間・週末外出禁止、諸施設の営業制限、集会等の禁止などを内容とするガイドラインを発出しました。タミルナドゥ州は、2022年1月6日より当面の間、平日は午後10時から午前5時まで、日曜日は終日の外出を禁止することを発表しました。
【ネパール】カトマンズ盆地内3郡において行動規制がとられています。2022年2月3日現在、ショッピングモール、デパート、スーパーなどでは1度に入る買物客は20人まで、ホテルやレストランを利用する場合、収容可能人数の50%までとし、2022年1月21日以降はワクチンの完全接種者のみ利用可能。また、ホテル宿泊客はチェックインから24時間後及び72時間後に抗原検査を行い、その結果はCCMC(危機管理センタ-)に報告されるなど、厳しく取り締まられる可能性があります。映画館、ダンスバー、ヘルスクラブ、運動施設、博物館、図書館、動物園、プール、祭りなど、多くの人が集まるものについては禁止、閉鎖されています。

感染者1100万人超のインド…出会った人々の無事を願わずにはいられません

感染者1100万人超のインド…出会った人々の無事を願わずにはいられません

ずっと観光ビザの発給を止めていたインドですが、2021年11月15日から、観光目的のビザの発給を再開しました!インドにはタージマハルやガンジス川など有名な観光地が多数あり、日本から直行便が3社も飛んでいてアクセスが良く、刺激的な国です。まだまだ完全にオープンではないにしろ、外国人観光客の受け入れを再開したことは嬉しいニュースですね!

具体的に各国どのような制限を設けているの?

バングラデシュは、渡航14日前までにワクチン接種が完了していれば隔離不要に!

バングラデシュは、渡航14日前までにワクチン接種が完了していれば隔離不要に!

各国における日本人観光客への対応は以下の通りです。

★インド・・・2021年11月15日から観光ビザの発給が再開すると発表がありました。出発前72時間以内に検体を採取したRT-PCR検査の陰性証明書の事前オンライン提出が必要です。また、各便の2%程度の乗客に、ランダムで入国時に空港内でPCR検査の実施を求められることがあり、その検査費用(デリー空港の場合は500ルピー)は受験者負担とされています。2022年2月14日から、入国後7日間の自宅待機と8日目のRT-PCR検査の受検が不要となりました。(自主的な体調管理が求められます)
★スリランカ・・・観光目的であれば、査証取得や健康申告書の提出、認証ホテルの滞在、PCR検査受検、COVID-19適用保険への加入といった条件付きで渡航可能です。
★ネパール・・・ネパール入国後の日本人への検疫措置は以下の通りです。
(1)ネパールに入国するすべての者は出発前72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明書を取得する必要がある。
※2022年3月17日現在、ワクチンを二回以上接種した証明書を提示できる場合は、陰性証明書は不要。
(2)ネパール入国後はネパール政府が指定するホテルで10日間の隔離を行う必要がある。ネパール入国前に自費で各自予約を行い、入国時に予約証明書の提示が必要。ネパール政府が隔離施設としてしているホテルリストは以下の通り。
https://trade.welcomenepal.com/wp-content/uploads/2021/06/New-Revised-Qrt-Htl-DOT.pdf
(3)ネパール入国後4日目と11日目にPCR検査を受ける必要がある。(自身で検査予約をする必要はないが、検査費用は自己負担となる)
検疫措置に違反した場合は、新型コロナウィルス感染症危機管理令2021に基づき、処罰の対象となるので注意が必要です。
また、アフリカ諸国8カ国(南アフリカ、ボツワナ、ジンバブエ、ナミビア、レソト、エスワティニ、モザンビーク、マラウイ)と香港から出国または経由し、または過去3週間以内にこれらの国の滞在歴がある者を、2021年12月3日0時から入国禁止することを発表しました。
★バングラデシュ・・・バングラデシュ大使館では現在、観光ビザ発給業務を行っています。2022年3月8日から、WHO認可新型コロナウイルスワクチンの接種を完了した者は、公式なワクチン接種証明書を持参することでバングラデシュ入国が認められ、RT-PCR検査の陰性証明書は必要とされなくなりました。ワクチン接種を完了していない者は、出発72時間以内に実施されたRT-PCR検査の陰性証明書が必要です。(12歳未満の場合は陰性証明書は不要)

コロナが収束したら見に行きたい、ネパール・マチャプチャレ山

コロナが収束したら見に行きたい、ネパール・マチャプチャレ山

★ブータン・・・原則として、渡航者の入国は禁止されています。
★パキスタン・・・コロナワクチンを完全に接種している者は、搭乗前のRT-PCR検査の陰性証明書の携行は求められませんが、コロナワクチンを完全に接種していない者は、搭乗前72時間以内に受検したRT-PCR検査の陰性証明書の携行が求められます。抗原検査の結果が陰性の場合は10日間の自主隔離、陽性の場合は指定される隔離施設に自己負担で収容され、8日目に再検査の受検が求められています。また、入国48時間前までにPASS TRACKというアプリをダウンロードし、必要情報を登録しなければなりません。また、12歳未満の搭乗客にはコロナワクチン接種証明書の携行は求められず、また12歳から18歳までの搭乗客は2022年3月31日までコロナワクチン接種証明書の携行は求められません。しかし、6歳以上の搭乗者は、搭乗前72時間以内に受検したRT-PCR検査の陰性証明書の携行が求められております。2021年10月1日以降、パキスタン国内を発着する国際線、国内線に登場する15歳以上の乗客には、新型コロナウイルスワクチン接種証明書が必要となっています。

なかなかハードルの高い南アジアへの旅行・・・

ブータンのお祭り、チェチュも今年は自粛しているのでしょうか・・・

ブータンのお祭り、チェチュも今年は自粛しているのでしょうか・・・

南アジア方面は乗り継ぎが必要だったり、ビザが必要だったりする国が多いので、コロナ禍の旅行も容易ではないようです。

2022年2月3日より、スリランカに入国するすべての外国人に対して、新たな隔離措置が取られています。
(1)旅行者は事前にETA(Electronic Travel Authorization)を取得する
(2)全ての外国旅券所持者は、新型コロナ感染による入院治療をカバーした最低5万米ドルの旅行保険に加入しなければならない。
(3)搭乗前72時間以内に実施されたPCR検査、または搭乗前48時間以内に実施された抗原検査(Rapid Antigen Test)の提出。ただし、抗原検査については自己検査は認められませんので、検査機関等での検査が必要です。
(4)スリランカにおいて渡航者が実施するPCR検査の結果が、CT値が30より大きい場合、隔離が不要

※健康申告書のオンライン化
新型コロナウイルスワクチンを接種済みの方はスリランカ到着時、空港の検疫カウンターで提出する必要がある健康申告書(Health Declaration Form)はオンラインで入力し、発行されるQRコードを空港検疫カウンターで提示することも可能となっています。(従来の紙での提出も引き続き可能です。)
オンラインでの登録には、ワクチン接種カードまたはワクチン接種証明書(日本で発行されたものも可)、PCR検査の陰性証明の画像またはPDFでの提出が必要です。
詳細はBIAのWEBサイトをご確認ください。
案内
https://www.airport.lk/passenger_guide/arrival_info/health_declaration_form
登録ページ
https://www.airport.lk/health_declaration/index

パキスタンのフンザ地方 コロナを忘れさせてくれるような絶景です

パキスタンのフンザ地方 コロナを忘れさせてくれるような絶景です

スリランカ、インドが観光客受け入れが再開したことは大きな一歩と言えそうです。他のインド亜大陸の国々はまだまだハードルが高そうですが、観光再開に向けて期待が高まりますね。
ただ2022年2月3日現在、インドの多くの州で夜間外出禁止、ロックダウン等の制限が出されていますので通常の観光ができるように戻るにはもう少し時間がかかりそうです。

日本帰国後の規制について

日本に帰ってきたら密を避けて!こんな風にベッタリくっつくのは勿論NG!

日本に帰ってきたら密を避けて!こんな風にベッタリくっつくのは勿論NG!

お目当ての国からの帰国の飛行機にも搭乗できた!あとは帰国するのみ!でも「旅行楽しかった~!」では終わりません。
スリランカ・ブータン・バングラデシ・パキスタンュから日本への帰国者・入国者については、下記のとおり水際対策がとられています。
●ワクチン3回目未接種者→検疫所が確保する宿泊施設での3日間待機。3日目の検査で陰性が確認された場合、それ以降の自宅待機は不要。
●ワクチン3回目接種者→検疫所が指定する宿泊施設での待機に代えて自宅等での原則7日間の待機が可能です。入国後3日目以降に自主的に受けた検査で陰性が確認された場合、それ以降の自宅待機は不要。
また、入国後の公共交通機関の使用について、宿泊施設で3日間待機後陰性が確認できた場合と、入国後24時間以内に自宅等待機のために自宅等まで移動する場合に限り、自宅等待機期間中であっても公共交通機関の使用を可能とします。
インド・ネパールから日本への帰国者・入国者については、下記のとおり水際対策がとられています。
入国時の検査で陰性と判定された場合、7日間の自宅等での待機が求められます。(検疫所指定の宿泊施設での待機は不要)
また、ワクチン3回目接種者は、原則7日間の自宅等待機が求められますが、入国後3日目以降に自主的に受けた検査で陰性が確認された場合、それ以降の自宅待機は不要。

また、入国後の公共交通機関の使用について、宿泊施設で3日間待機後陰性が確認できた場合と、入国後24時間以内に自宅等待機のために自宅等まで移動する場合に限り、自宅等待機期間中であっても公共交通機関の使用を可能とします。

STAY HOMEの時間を利用して、おうちでスパイスカレー作りに挑戦するのもアリ

STAY HOMEの時間を利用して、おうちでスパイスカレー作りに挑戦するのもアリ

2022年2月17日現在、オミクロン株が支配的となっている国・地域(現時点では全ての国・地域)から帰国・入国する全ての方について、入国後の自宅等待機、健康フォローアップ、公共交通機関不使用の期間が10日間から7日間に変更されています。

世界的にワクチンの接種が始まり、徐々に世界が開かれていくことを期待して、今は、いずれ来るであろう夜明けを信じて、STAY HOMEでできることを行っていきましょうね!

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました