世界で見つける旅の思い出 こだわりの旅をプロデュース

旅行記
旅の写真集
お気に入り

インド洋入国制限|いつから再開?コロナ後の旅行(最新)

極上のリゾート・コンスタンスハラヴェリで至福のひとときを過ごしたい!

極上のリゾート・コンスタンスハラヴェリで至福のひとときを過ごしたい!

「ビーチリゾートで休日を過ごしたい!」…コロナ感染拡大により自粛ムードが続く世の中ですが、そろそろ青い海、輝く白浜が恋しくなる頃ですよね。ビーチリゾートの代表格といえば、やっぱりインド洋。現在インド洋の国々のコロナ規制は様々ですが、こちらの記事ではインド洋の御三家ともいえるモルディブ・モーリシャス・セイシェル、この3国の渡航制限についてご案内したいと思います。

参考:外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/riskmap/

モルディブ:いつから海外旅行に行ける?(8/31更新)

アリ環礁のラグジュアリーリゾート・ラックスサウスアリアトール水上ヴィラ

アリ環礁のラグジュアリーリゾート・ラックスサウスアリアトール水上ヴィラ

モルディブは1200もの島からなる群島国家で、南北にいくつもの環礁があり、世界中のビーチラバーの憧れの国です。現在、インド洋エリアの国で、旅行者が比較的自由に渡航できるのはモルディブでしょう。入国する際には出国96時間前までに取得した英文のPCR検査の陰性証明書を、モルディブ出発前24時間以内にオンラインの所定サイト上で提出する必要があります。入国後は特に隔離措置はとられません。

見渡す限りつづく青い空、海そして白い砂浜、 これがモルディブ!

見渡す限りつづく青い空、海そして白い砂浜、 これがモルディブ!

2021年5月3日より、モルディブに入国する全ての人は、ワクチンの接種が2回完了していても、出発前96時間以内に受けたPCR検査の陰性証明が必要となっております。また入国時に空港で症状が認められた者は、自己負担でPCR検査を受けなければなりません。なお、1歳未満の子供は免除の対象です。

モーリシャス:いつから海外旅行に行ける?(8/31更新)

モーリシャスで唯一日本人スタッフが常駐のコンスタンスベルマープラージュ

モーリシャスで唯一日本人スタッフが常駐のコンスタンスベルマープラージュ

珊瑚礁に囲まれて過ごす優雅なリゾート島、モーリシャス。何世紀にもわたりヨーロッパの貴族に愛され、“インド洋の貴婦人”と讃えられてきた世界でもトップクラスの高級リゾート地です。

そんなモーリシャスですが残念ながら現在、モーリシャスへの日本・英国・南アフリカ・ブラジルからの入国は不可です.。

カゼラ・ワールド・オブ・アドベンチャーズでライオンとお散歩

カゼラ・ワールド・オブ・アドベンチャーズでライオンとお散歩

それ以前は出発前5~7日以内に受けたPCR検査の陰性結果提示と政府指定サイトでの14日間の隔離施設の滞在パッケージの購入証明があれば、到着後14日間政府指定の施設で隔離される条件での入国が可能でした。安心して旅行するにはまだまだ時間がかかりそうですが、ワクチン接種済みの渡航者については、2021年10月1日から、出発前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書を提示すれば制限なしに入国できるようになる予定です。

セイシェル:いつから海外旅行に行ける?(8/31更新)

セイシェル・マヘ島の美しい夜明け

セイシェル・マヘ島の美しい夜明け

世界で最もロマンティックな旅行先の1つといえるセイシェル諸島はアフリカ東部から1300kmの海原に浮かぶ115も島々から構成される国です。その美しいビーチは「インド洋の真珠」と讃えられています。大自然が多く残り、日本人観光客もまだまだ少なく、まさに手つかずの楽園です。

手つかずの自然が残るマヘ島のビーチ

手つかずの自然が残るマヘ島のビーチ

現在、日本からの渡航の際には次の項目が義務づけられています。
・出発便搭乗前72時間以内のPCR検査陰性証明書の提出を入国の条件とする
ただし、南アフリカからの入国は不可となります。
また、観光客は許可された宿泊施設での滞在が求められています。

乗継ぎや周遊は注意!!一緒に旅行してはいけない国

国内線の機内からセイシェルの島々を眺めてみる

国内線の機内からセイシェルの島々を眺めてみる

たとえ渡航を希望する旅行先国が日本人の受け入れを許していたとしても、他の国との周遊をお考えの場合は滞在する国および乗継ぎ地に至るまですべてに対して入念な下調べが必要です。
なお、現在ではエミレーツ航空など、ドバイ経由のトランジットの場合は事前のPCR検査は目的国が要求していない限り原則不要とされています。

バード島のビーチにて 夕暮れはいつも美しい

バード島のビーチにて 夕暮れはいつも美しい

しかし、たとえ乗継ぎに問題がなくても現時点ではモーリシャス、セイシェルの2国は入国後に一定の制限があります。状況は流動的なので必ず外務省の情報はこまめに確認しておきましょう。

日本帰国後の規制について

移動の水上飛行機から眺めるモルディブの絶景に感動

移動の水上飛行機から眺めるモルディブの絶景に感動

お目当ての国が日本人観光客の制限を撤廃しても万事OKとはいきません。なぜなら現在、日本帰国後は新型コロナウイルスの検査結果が陰性であっても入国の次の日から起算して14日間は、自宅もしくは自身で手配された滞在場所で待機することが要請されているからです。陰性であっても空港から自宅へは公共交通機関をつかってはなりません。家族によるお迎えやハイヤー、レンタカーが許可されています。自宅待機中も保健所による健康確認が行われますので、不要不急の外出は避けてください。

ヨーロピアンセレブ御用達のリゾート地、モーリシャス。こんな風に休日を優雅に過ごしてみたい!

ヨーロピアンセレブ御用達のリゾート地、モーリシャス。こんな風に休日を優雅に過ごしてみたい!

日本帰国後の規制が解禁される前に、「安いうちに旅行を予約したい!」「旅行の相談をしておきたい!」という方も多いはず。でもキャンセル料がかかるのではないか?と不安だったり、検討中の旅行先について「相談した旅行会社のスタッフに知識がなかった」「親身になって相談してくれなかった」ことはありませんか?その点、海外旅行専門の「ファイブスタークラブ」であれば安心。企画旅行であれば出発日の30日以上前でしたらキャンセル料はかかりません。(ピーク期は40日前)。さらにファイブスタークラブのスタッフは定期的な現地視察を行っているため、他の旅行会社でにはないような組み合わせやこだわりの旅行もプランニングを得意としています♪コロナ明けの旅行は一度ファイブスタークラブに相談してみてはいかがでしょうか。

Follow Us !

タイトルとURLをコピーしました