India

Group of Monuments at Hampi

India

Group of Monuments at Hampi

Special Issue

India

Group of Monuments at Hampi

2020.11.3

ファイブスタークラブの取り組み

「旅が大好きで自分たちも旅をし続ける」
そんな旅行会社を目指して、1995年ファイブスタークラブは仲間5人と共に創業しました。少人数での世界の辺境旅行、いわゆる未知なる国々への旅をメインに扱っています。

2020年、世界は新型コロナウイルスにより海外旅行の自由が奪われました。いつとは言えない収束ですが、今後必ず訪れるであろう「withコロナ時代」に向け、お客様に安心して海外旅行を楽しんでいただくために各現地とも連携を取り対策作りに取り組んでおります。

まだ依然コロナ禍ではありますが、まずは自分達の目で「現地の今」を確認する必要があると思い、2020年10月弊社スタッフのトルコ行きを決めました。今後も少しずつ安全を確認しながら「いつから海外旅行にいけるのか」を検証し発信して参ります。(2020年10月)

トルコ(イスタンブール/カッパドキア/パムッカレ)訪問
【2020年10月4日~11日】

2020年10月コロナ禍のトルコをスタッフが訪問。『トルコの今』を見てきました。  ※最新の現地の様子を書いたトルコ旅行記は写真を「クリック」

Q : 事前にチェックしておくべき情報やサイトはありますか?

A : 帰国後、公共の交通機関が使用出来ない為、タクシー(専用車)など予約を入れておく必要があります。また、外務省渡航情報は必読です。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_052.html#ad-image-0

Q : コロナ禍で現地に持っていくといいものは?

A : マスクや消毒液は売っていますが、日本からも必ず持参してください。マスクはしていないと罰金となります。

Q : 「ターキッシュ エアラインズ」の具体的なコロナ対策は?

A : 自動チェックイン機で手続きし、搭乗口ではマスクと体温のチェックがあり、マスクと消毒液が入ったアメニティも貰います。機内ではマスクの着用が必須です。機内食はボックス対応で、温かい飲み物やアルコールのサービスはありません。

https://www.turkishairlines.com/ja-int/

(参照:ターキッシュ エアラインズ ホームページ)

暑いパムッカレではマスクを外している姿もちらほら…

Q : 現地の人通りはどうでしたか?

A : 人の混雑具合は通常期と同じ位でしたが、アジア人は少なかったです。

Q : 衛生状況はどうでしたか?

A : マスク着用がマストで、付けていないと罰金と厳しいです。飲食店での食事の際には付けていなくても問題はありません。トルコではポピュラーな香水のような消毒液「コロンヤ」(アルコール度数80%程)がいたる所に設置されているので安心でした。

   (渡航者へのQ & A より 2020年10月31日)

*****************************

2020年10月30日午後 トルコ西部イズミール沖にてマグネチュード(M)7.0にも及ぶ大地震が発生致しました。

この災害において被災された多くの皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

ファイブスタークラブスタッフ一同

 

ポーランド(クラクフ/ワルシャワ/グダンスク)訪問
【2020年10月18日~26日】

2020年10月トルコに引き続きコロナ禍のポーランドをスタッフが訪問。『ポーランドの今』を見てきました。※最新の現地の様子を書いたトルコ旅行記は写真を「クリック」

Q:事前にチェックしておくべき情報やサイトはありますか?

A:外務省のサイトは絶対に確認が必要です。情報が頻繁に更新されるので出発まで確認を忘れずに。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_173.html#ad-image-0

Q:コロナ禍で現地に持っていくといいものは?

A:マスクやアルコール消毒液など日本で使用するものは海外へも持参してください。もちろん現地でもあらゆるところで豊富に販売しています。

Q:ポーランド航空の対策について教えてください。

A:ポーランド航空は乗務員・搭乗客は全員マスク着用です。食事の際にアルコールウエットティッシュ配布。飲み物はギャレーに各自で取りに行くセルフサービスとなっています。

マスクを付けた像

Q:現地の状況を教えてください。

A:観光客は通常時の10分の1程度でしょうか。混んでいないので意識しなくてもソーシャルディスタンスとなります。マスクをつけていないと警察に注意されていました。マスクは常時付けていた方が良さそうです。

Q:何か変わった事はありますか?

A:アウシュビッツでは博物館の入口に全身ウイルス除去の機械が導入されています。また、ポーランド国内では日本のGO TO トラベルキャンペーンと同様の取組みが行われており、国内旅行は増えているそうです。

(渡航者へのQ & Aより 2020年11月13日)

海外旅行に行きたいけど、今どこに行けるのか。-----

渡航制限、入国規制、航空会社の運行状況など複数に渡る条件を確認する必要があります。渡航先に入国は可能であっても、隔離期間が必要であったり、規制は様々です。また、日本ではどの国に行っても帰国後の自主隔離は必要となっています。(2020年11月現在)