• クリップする
  • メールで送る
  • 印刷する

最終更新日:2019年4月15日

ツアーコード:9P444-A

(9P444-A)

ペルー | 9日間

8/10残席僅か☆ペルー新紀行!!周遊ハイライト!☆憧れのマチュピチュ2連泊とナスカにも泊まる☆インカの聖なる谷と世界遺産のクスコも観光

ツアーのポイント

●ペルーを周遊するハイライトコースのひとつ。
●誰もが憧れるマチュピチュ2連泊とナスカにも宿泊でじっくり観光
●マチュピチュ村で滞在すれば、クスコより標高が低いので高山病の対策にもなります。
●5,000m級の山々に囲まれたインカの聖なる谷では、インカ帝国の中枢をなした遺跡や村々を観光します。
●これはかわいい。アルパカとリャマの牧場も観光
●ナスカに宿泊。地上絵観光はじっくりと。
●ナスカの地上絵は遊覧飛行だけでなく、ミラドール(展望台)からも
●世界遺産のクスコ及び近郊観光つきも嬉しい
●ワンクラス上のホテル滞在も嬉しい
●ワンワールド・アメリカン航空利用

旅のテーマ

  • 民族
  • 列車の旅
  • 世界遺産
  • 遺跡
  • 動物
  • 聖地スピリチュアル
  • 世界の美しき田舎を訪ねる
  • ハネムーン

メール問合せ 電話問合せ

このツアーのみどころ

マチュピチュ遺跡の村に2連泊して遺跡を堪能。ナスカの地上絵も観光付もうれしい高山病に配慮した絶対看板コース!

アルパカと原住民の女性

アルパカと原住民の女性

ペルーに行くならマチュピチュ遺跡をじっくり見たい。しかも標高が低めのマチュピチュ村に連泊することで高山病対策にもなる嬉しいルートです。マチュピチュだけでなく、ナスカにも宿泊するゆっくりペルーを楽しむプランです。

神秘的なマチュピチュを味わうなら高山病対策にもなる連泊プランがお勧めです!

秘境マチュピチュは今となっては南米きっての大観光地。世界中から多くの観光客がやってきます。昼間のマチュピチュ遺跡は観光客で溢れ「失われた謎の都」の雰囲気とはちょっと違う賑わいぶりです。マチュピチュ村に宿泊すれば早朝や夕方の観光客の少ない時間帯に観光ができるので、ひっそりとした神秘的な姿を見ることができるでしょう。弊社のコースは高山病対策もかねてゆったり2連泊。クスコより標高の低いマチュピチュ滞在なら体にも優しい&時間もたっぷり。マチュピチュの背後にそびえるワイナピチュ山に登り上空からマチュピチュを見たり(要予約)、村の温泉や土産物屋に遊びに行ったり思いのままです。

マチュピチュ遺跡(マチュピチュ)

マチュピチュ遺跡(マチュピチュ)

ミニマチュピチュ「ピサック遺跡」も訪問!聖なるインカの谷観光も必見スポット

聖なる谷にて

聖なる谷にて

ミニマチュピチュと呼ばれるピサック遺跡は本家にも劣らない遺跡です。頂上から見落ろす聖なる谷の景色もおすすめです。またピサックの市場はインディヘナが集まって週3回、日・火・木、盛大な市場が開かれ、野菜や果物、民芸品に至るまでたくさんの商品が地面の上に盛り上げられて売られます。観光客には色鮮やかな織布で作られたバッグや財布、めがねケースにポシェットなどの小物がいっぱい。どれもが安くて嬉しくなります。リャマやアルパカがいる牧場も訪れます。愛らしい姿に癒されることでしょう。

ナスカは陸路で行って1泊。だからこそ味わえる地上絵満喫コース

リマからナスカへは陸路で。パンアメリカンハイウェイを通り、途中に立つ物見やぐらの様なミラドールに登り、地上絵を見学します。その後、マリアライヘ博物館やナスカの墓にも立ち寄ったり、見どころも盛りだくさんです。その日はナスカのホテルに宿泊し、翌朝ナスカの地上絵遊覧飛行を楽しんだ後、一路リマへと戻ります。リマから日帰りのナスカの地上絵観光では、リマからイカまで空路でひとっ飛び。そしてイカから遊覧飛行をして、また空路でリマへというプランなので、空からの観光のみとなります。やはり地上絵を満喫するには、ミラドールからの観光がお勧め。時間にゆとりのある人はぜひこのプランを選んでほしいもの。

ミラドールからの地上絵(ナスカ)

ミラドールからの地上絵(ナスカ)

メール問合せ 電話問合せ
ピサック市場
ピサック村を一望する(聖なるインカの谷)

PAGE TOP

日程表

日程スケジュール食事・宿泊先
110:30〜19:00:成田(乗継ぎ)
夜:リマ
日本語ガイドによるオリエンテーションを行います。
ホテルへ
リマではミラフローレス地区のホテルに宿泊します。
【リマ泊】
[ ][ ][ ]
2現地係員(ドライバー)が空港へ送迎
朝:リマクスコ
着後、現地係員(ドライバー)のお出迎えを受け、後に滞在するクスコのホテルに立ち寄り、大きな荷物を預け(貴重品は自己管理)身軽にマチュピチュへ向かいます。

クスコインカの聖なる谷
着後、聖なる谷観光(英語ガイド)
(ピサック遺跡、ピサック村、アルパカとリャマ牧場)
※ミニマチュピチュと呼ばれるピサック遺跡は本家にも劣らない遺跡です。頂上から見落ろす聖なる谷の景色もおすすめです。
終了後、オリャンタイタンボ駅へ(ドライバー)
夜:オリャンタイタンボ(エクスペディション号)マチュピチュ村
着後、ご自身にてホテルへ
【マチュピチュ村泊】
[朝][昼][夕]
3朝又は午前:マチュピチュ遺跡観光(英語ガイド混載/約2時間)
(見張り小屋、太陽の神殿、日時計、居住区、コンドルの神殿、段々畑など)
※ツアーでは第1入場チケット(午前券)&往復バスチケットのご用意です。
※第1入場チケット(午前券)は遺跡滞在時間は入場より最大4時間で、再入場不可です。
※日本語ガイドツアーや登山予約、午後券追加をご希望の場合は空きがある限り追加代金にてアレンジ可能です。詳細はご予約時にお問い合わせ願います。
※お手配にはパスポート情報が必須です。
※ツアー代金に含まれているマチュピチュ入場券はワイナピチュ入場は含みません。(ワイナピチュは事前予約が必要・有料)ワイナピチュ入場ご希望の場合は¥3,000追加にて承ります。尚、ワイナピチュ入場を含む入場券は払戻しができないため(買取り)、ご依頼後は万が一キャンセルの場合でもご返金不可になります。(¥13,000)
【マチュピチュ村泊】
[朝][ ][夕]
4ご自身にて鉄道駅へ
早朝:マチュピチュ村オリャンタイタンボ
着後、現地係員(ドライバー)のお出迎えでクスコのホテルへ(お部屋の利用は午後より)
午後:クスコ市内&近郊観光(英語ガイド)
(アルマス広場、太陽の神殿、サクサイワマン、タンボマチャイ)
【クスコ泊】
[朝][昼][ ]
5現地係員が空港へ送迎
午前又は午後:クスコリマ
着後、現地係員のお出迎えを受けホテルへ

フリータイム
※ご希望によりリマ市内観光のご用意があります(別料金)
【リマ泊】
[朝][ ][ ]
6早朝:リマナスカ
着後、ナスカの地上絵遊覧飛行観光
※現地空港税は現地払い
【ナスカ泊】
[朝][昼][ ]
7午前:パンアメリカンハイウェイに立つ「ミラドール」に登り地上絵を見学
また、ナスカの墓とマリアライへ博物館も見学します

午後:ナスカリマ
着後、現地係員(ドライバー)のお出迎えを受けて空港へ
夜:リマ
【機中泊】
[朝][昼][ ]
8(乗継ぎ)【機中泊】
[ ][ ][ ]
913:00〜17:00:成田[ ][ ][ ]

PAGE TOP

出発日を選んで、空き状況をメール問合せ

ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

燃油サーチャージ
【2019年04月29日~2020年03月31日】
大人 : 14,000円 (03/01現在目安)
現地出入国に
関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど 1人参加追加代金 78,000円

PAGE TOP

ツアーの詳細、催行条件、注意事項など

出発地成田 行き先ペルー
旅行期間9日 (延泊日数21日間まで可能)
利用ホテル/
グレード
ミラフローレスコロン指定(リマ)、 エル・マピ・ホテル指定(マチュピチュ)、ロスアンデス指定(クスコ)、 ナスカラインズ指定(ナスカ)
航空会社アメリカン航空【指定】 座席クラス エコノミー
食事回数朝食6回 昼食4回 夕食2回
添乗員同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数
催行条件
1名
備考 ※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※出発日によって逆まわりになることがあります。
※リマ到着時を除き、各地でのガイドは英語ガイド(一部現地語ドライバー含む)となります。
※列車の重量制限などの関係で大きな荷物はクスコに預けて頂きます(貴重品は自己管理)。別途ナップザックなどご準備願います。
※大阪発着は東京乗継ぎとなります。
※減延泊して日本着が土・日曜日になる場合、¥10,000UPとなります。
※名古屋発着(東京乗継ぎ)の場合、東京発着料金に以下の料金追加で手配可能です。
アメリカン航空 ¥14,000UP
メール問合せ 電話問合せ

PAGE TOP

旅行企画・実施・問合せ

お電話での問合せは、
コースコード:9P444-Aとお伝えいただくとスムーズです。

お電話でのお問い合わせ

東京本社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-13
CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520

e-mail : info@fivestar-club.co.jp
大阪支店
〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515

e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ
観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL:https://www.fivestar-club.jp/
その他の確認事項

※本画面に記載してある最終更新日以降、情報が変更になっている可能性があります。

PAGE TOP