ツアーコード
JDE06

最終更新日:2019年8月5日

カナダ

世界遺産の街ケベックシティとモントリオール2都市周遊 ☆VIA鉄道にも乗車【各都市日本語送迎付】

¥193,000 ~ ¥287,000

6 日間

  • 成田
  • 乗り継ぎ便

Point

世界遺産の城壁都市ケベックに2連泊
安心の各都市送迎付き
VIA鉄道にも乗車
延泊やホテルのアップグレードも可能です
オプショナルツアーの追加御手配も可能です。
世界遺産の街歩きは自由に計画をお立てください。

お問い合わせ

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

問い合わせの際は

ツアーコード:JDE06

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30
休日:日、祝日

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。
現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

東京03-3259-1511

大阪06-6292-1511

問い合わせの際は

ツアーコード:JDE06

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30 休日:日、祝日

旅の見どころ

ケベックの町のランドマーク、シャトー・フロントナック

H.シャトー・フロントナック(ケベックシティ)

ケベックのアッパータウン、セントローレンス川を見下ろす高台にどんと聳え立つ立派な建物が、「フェアモント・シャトー・フロントナック」です。19世紀末に建てられた格式あるホテルで、今なお変わらず町のランドマーク的存在です。フランスの古城のような外観は、赤レンガ色の外壁と緑色の屋根がシックで、夜にはライトアップされて幻想的な風景を見せています。町の中心とあって、誰もが訪れ記念写真を撮るスポットにもなっています。観光の合間にちょっと中へ入ってみるのもお薦めです。時おり白いクルーズ船も停泊しているセントローレンス川を眺めつつ、香り高い紅茶を一杯。老舗ホテルだけあってそのサービスの良さにも定評があります。

世界遺産の城塞都市ケベックの旧市街はそぞろ歩きが楽しい!

ケベック旧市街(ケベックシティ)

ケベック州の州都で、城塞に囲まれた旧市街を持つケベックは、北米でも珍しいヨーロッパ風の街並みが魅力です。ケベック州ではフランス語が話され、英語も同レベルで通じるものの、石畳の風情ある町並みでフランス語が聞こえてくるのは、まさにフランスの町にいるような気分です。セントローレンス川に面した街は、アッパータウンとロウワータウンに分かれ、それを「首折り階段」と呼ばれる石段が繋いでいます。フニキュレール(ケーブルカー)で上り下りすることも可能です。ノートルダム大聖堂や、シタデルなどの見どころを廻ったら、ダルム広場やロワイヤル広場のカフェでひと休み。おしゃれなブティックでショッピングやグルメも楽しみです。

博物館や美術館、劇場にレストラン、アイスホッケーの観戦など、多くの娯楽が楽しめるモントリオール!

メトロの入り口

北米のパリとも呼ばれるモントリオールは、多くの美術館や博物館があり、年に1度は映画祭も開催される芸術・文化の町です。セントラル駅の近辺は高層ビルが立ち並ぶ近代都市。旧市街にはノートルダム大聖堂やジャック・カルティエ広場など石造りの歴史的なエリア。双方が見事に調和したモントリオールはヨーロッパを思わせます。地下鉄やバスを使って新旧両方の姿を楽しみましょう!

車窓が美しいと評判のモントリオール-ケベック間はVIA鉄道に乗車!

VIA鉄道の車内(イメージ)

列車での旅というものは国内外問わず、旅情にひたることができるもの。窓の外を流れる景色をぼんやり眺めていると不思議と心が落ち着いてくるものではないでしょうか。車窓が美しいと評判のモントリオール-ケベック間ではありますが、一年の中でも最も人気があり車窓を楽しめるのは紅葉の秋。メープル街道と呼ばれるエリアを列車が走ります。木々が赤や黄色に染まる一年でも短い季節に訪れてみるのもオススメです。

ノートルダム大聖堂

サン・ソヴェールの教会

日程表

日程

スケジュール

食事

宿泊先

1

15:00〜19:00:東京(成田又は羽田)(直行又はトロント乗継ぎ)
夜:モントリオール
着後、係員とともにホテルへ
※ 混載サービスのためモントリオール到着が13:00~22:00のフライトになります。

★ご希望により国際線区間を片道or往復のビジネスクラス、プレミアムエコノミーへのアップグレードも可能です。※金額は変動いたしますので、担当者にお問い合わせくださいませ。

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

モントリオール泊

2

終日:フリータイム

●オプショナルツアーもご用意しております。
☆モントリオール(2名様以上での催行)
・モントリオール半日観光(昼食なし) お一人様¥18,000
・オールド・モントリオール散策ぶらり(昼食なし)お一人様¥13,000
・モントリオール地下街ツアー(昼食なし)お一人様¥12,000
・モントリオール教会めぐり(昼食なし)お一人様¥14,000
・地下鉄で行くマーケット巡り(昼食なし)お一人様¥12,000

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

モントリオール泊

3

係員とともにVIA鉄道の駅へ
午後:モントリオール(エコノミークラス)
夕刻又は夜ケベックシティ
着後、係員とともにホテルへ

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

ケベックシティ泊

4

終日:フリータイム

●日本語ガイドのケベック発着のオプショナルツアーもご用意しております。(2名様以上での催行)
※下記料金は1名様当たりの料金となります。
ケベック旧市街散策観光(3時間)¥9,000
ケベック市内半日観光(3時間)¥15,000
ケベック郊外半日観光(3時間)¥18,000
ケベック夜景と味自慢のデイナ一(3時間)¥24,000
手作りチーズとフランスパンを味わうツアー(3.5時間)¥20,000
ジャックカルチェ渓谷州立公園(4時間)¥24,000
先住民居住区の観光とカヌー体験(3.5時間)¥21,000
グランドキャニオン渓谷とモンサンタンヌ山を満喫(4時間)¥22,000
ケベック北欧SPA 体験(4時間)¥25,000
イヌぞり体験(セントローレンス丘陵の森林を走破)(期間12/15-4/15頃 3時間)¥22,000
冬季シャルボワ地方を満喫で犬ぞり終日観光(期間12月末-3月末)(8時間 最少催行3人)¥38,000

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

ケベックシティ泊

5

係員とともに空港へ
※ 混載サービスのためケベック出発が09:31~19:29のフライトとなります。
朝又は午前:ケベックシティ(乗継ぎ)

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

機中泊

6

14:00〜18:00:東京(成田又は羽田)

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

出発日を選んで、空き状況を
メールで問い合わせ ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

燃油サーチャージ
【2019年8月8日~2020年3月31日】  大人:28,000円 (8/1現在目安)
現地出入国に関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど
1人参加追加代金 96,000円

催行条件、注意事項

出発地
成田
行き先
カナダ
旅行期間
6日 (延泊日数12日間まで可能)
利用ホテル/グレード
ル・キャントリー・スイーツ(モントリオール)、ホテル・シャトー・ベルビュー(ケベックシティ)
航空会社
エア・カナダ【指定】
座席クラス
エコノミー
食事回数
朝食0回 昼食0回 夕食0回
添乗員
同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数催行条件
1名
備考
※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※空港⇔ホテルの送迎には現地係員が付いてご案内します。
※大阪・名古屋発着の場合、東京乗継ぎとなります。
※出発日によって逆まわりになることがあります。
※減延泊して日本着が土・日になる場合、¥10,000upとなります。
※減延泊して帰国日が異なる場合は、延泊代金と週末料金とは別に航空券差額が必要な場合が御座います。
※空路でカナダへ入国する場合、電子渡航許可 (eTA)[Electronic Travel Authorization]が必要になります。

問い合わせ

東京本社

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町
1-13CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者
櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520
e-mail : info@fivestar-club.co.jp

大阪支店

〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者
本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515
e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ

観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL : https://www.fivestar-club.jp/

カナダを知る

四季折々の表情が楽しめる、大自然の宝庫

日本の約27倍の総面積を持つ広大なカナダ。メインの旅行シーズンは夏と思われがちですが、冬はウィンタースポーツを楽しんだり、オーロラを鑑賞することができます。夏シーズンのオススメはカナディアンロッキーで美しい湖をハイキングするプラン。そして冬はなんといっても極北の地でのオーロラ鑑賞。自然や動物との出会い、人々との触れ合い、そして感動的な風景の数々。カナダ旅行はまさに“地球の魅力”に触れる旅となるでしょう。

Recommend その他おすすめのツアー