Special Issue

2021.1.10

旅の新しいカタチ
「With コロナ旅行」
に必要な『PCR検査<陰性証明書>』

2021年に入りコロナウイルスに対するワクチン接種も進むと思われますが、それでも入国時には求められるであろう「PCR検査」による『陰性証明書』。旅行には必須となることが予測されますが「陰性証明書はどうやって作成するの?」とお困りの方にご案内!接種から証明書発行までお任せのクリニックをご紹介!これで海外旅行が近づいた?

旅行に必要なのは『陰性証明書』

空港で「陰性証明書」の提示が必須になる!?

PCR検査を受け、結果が「陰性」とわかっても旅行に必要なのが『陰性証明書』です。その証明書の様式は国よって異なり、そのほとんどが「英語」又は「その国の言語」で書かれていなければなりません。

その各国の陰性証明書作成に対応可能なクリニックをご紹介!

Tケアクリニック

PCR検査指定医療クリニック
(ハワイ州・中国大使館 認定)

ここでは来院検査の他に自宅で出来る検査キットを宅配もしれくれます。また、各国の「陰性証明書」発行にも対応してくれるので、接種から証明書発行までお任せ出来るのが嬉しところ。

宅配キット利用の場合の陰性証明書はオンライン診療で対応してくれるので旅行にももちろん対応可能です!

◆来院「15,000円」+陰性証明書「5,000~13,000円」(国によって異なります。)24時間年中無休

◆検査キット「5,900~9,900円」(セットがお得!)+陰性証明書「5,000~13,000円」(国によって異なります。)

↓↓↓ 今すぐ下記バナーにて内容をご確認ください!