ツアーコード
3T582-A

最終更新日:2021年5月12日

トルコ

神秘のネムルート山とカッパドキア☆不思議なトルコの大地を旅する!!☆知られざる東部の町も周遊のトルコ紀行

¥187,000 ~ ¥307,000

8 日間

  • 羽田
  • 乗り継ぎ便

Point

都心に近い、便利な羽田発着便
ネムルート山からの日の出は感動の神秘の世界
絶景で人気のカッパドキアに2連泊
カッパドキアではユニークな洞窟ホテルに滞在
知られざる東部の町を周遊
東西文化の接点・イスタンブールにも滞在
各地の観光は安心の日本語ガイドがご案内
日本からトルコへは直行便のターキッシュエアラインズ利用
事前座席指定、無料にて承ります!!
※予約時に通路側・窓側などご希望をお知らせください。座席指定ができる枠に空席がある場合のみとなります(3週間前頃に決定します)。また機材変更や航空会社の諸事情により、席の指定が無効になることがございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

問い合わせの際は

ツアーコード:3T582-A

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30
休日:日、祝日

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。
現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

東京03-3259-1511

問い合わせの際は

ツアーコード:3T582-A

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30 休日:日、祝日

旅の見どころ

東トルコの魅力を満喫し、定番のカッパドキアやイスタンブールも周遊するこだわりのトルコ決定版!

ネムルート山(ネムルート山)

ありきたりのトルコツアーでは満足できない方向きに、東トルコを巡るプランを追加しました。神々の首があるネムルート山では、神秘的な日の出のシーンを満喫します。またウルファやガジアンテップといった東トルコの地方都市も見学します。トルコに行くならはずせない、定番のカッパドキアでは洞窟ホテルに2泊滞在し、奇岩の世界を堪能します。イスタンブールでも2連泊してフリータイムも充実。最終日も夕刻出発なので、ぎりぎりまで町の散策を楽しめます。思い思いに観光やショッピング、食べ歩きなどを満喫してください。

ネムルート山の日の出シーンは感動のひと言!

標高2150mの山頂に不思議な石像が (ネムルート山)

東トルコを代表する見どころはなんといってもネムルート山です。ネムルート山(ネムルート・ダーウ)は標高2150m。山頂に世界遺産の巨大な神像が放置されたままになっていて、地震のため神像の首が転がり落ちて、まるで地面から生えてきたように、独特の不思議な風景を作り出しています。紀元前1世紀、コンマゲネ王国の王であったアンティオコス1世の墳墓として築かれたといいます。山頂付近は、岩のかけらが積み重なって円錐状になり、まるでピラミッドが乗っかっているよう。ネムルート山には早朝、約10分歩いて日の出の前に登ります。山頂では、日の出と共に日の光が石像の色を刻々と変化させていく様子が見られ、とても神秘的です。

カッパドキアでは洞窟ホテルに滞在。充実の観光付

ギョレメ屋外博物館

トルコの旅に欠かせないカッパドキア。トルコの魅力を知るには、カッパドキアのユニークな自然の造形美は必見です。きのこのような奇岩や、洞窟教会、そして夕日に輝く渓谷など。そしてせっかく行くなら洞窟ホテルに滞在して、カッパドキアならではのムードを味わいたいもの。カッパドキアを満喫するには、奇岩の真っ只中に建つ洞窟ホテルがお薦めです。このコースでは洞窟ホテルに滞在して、いながらにして朝も夜もカッパドキアの自然美を満喫できます。見どころが点在しているので自分では効率よく回れないため、短時間でもいろいろな見どころをガイドがご案内する、充実の観光付で安心です。

オスマン建築の傑作!一度は見てみたいブルーモスク

ブルーモスク

ブルーモスクと言えば、トルコを代表するモスクであり、世界一美しいと言われている世界遺産のモスクです。このブルーモスクには2つの大きな見どころがあります。1つ目は、美しい内装です。モスクの内部の壁が鮮やかな青いイズニックタイルやステンドグラスで彩られている事で、ブルーモスクと呼ばれる所以ともなっています。また、床に敷き詰められた真っ赤な絨毯がよりブルーモスクの優美さを醸し出しています。2つ目は、外側に特徴があり、通常のモスクには4本の塔、ミナーレがありますが、このブルーモスクは、6本のミナーレがあり、ここでしか見れない大きな見どころです。このように外側も内側も見どころ満載な世界唯一のモスクです。

早朝のバルーンツアー

ドネルケバブ屋台

日程表

日程

スケジュール

食事

宿泊先

1

21:00~23:30:羽田(直行)

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

機中泊

2

朝:イスタンブール
イスタンブールカイセリ又はネブシェヒル
到着後、英語ドライバーの出迎えを受けてカッパドキアへ送迎いたします。

終日:フリータイム
洞窟ホテルに2泊します。

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

カッパドキア泊

3

終日:カッパドキア観光(ギョメレ屋外博物館、カイマクル地下都市、パジャパー地区、エセンテペ、デブレント谷、カーペット工房)

食事

朝:○
昼:○
夕:×

宿泊先

カッパドキア泊

4

午前:カッパドキアキャフタ
途中、キャラバンサライ見学とトルコのアイスクリームの試食

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

キャフタ泊

5

早朝:キャフタネムルート山
山頂にて日の出を迎えます。
ネムルート山観光
午前:ネムルート山ウルファ(シャンウルファ)
着後、ウルファ市内観光(聖なる魚の池、洞窟)とハラン観光
ネムルート山(ネムルート・ダーウ)は標高2,150m。山頂に世界遺産の巨大な神像が放置されたままになっており、独特の雰囲気を与えてくれます。

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

ウルファ泊

6

午前:ウルファガジアンテップ
途中、アイビス鳥類保護園観光
ガジアンテップ着後、ガジアンテップ市内観光(博物館)とトルコのお菓子バラクバの試食
午後:ガジアンテップイスタンブール
到着後、日本語ガイドの出迎えを受けてホテルへ送迎いたします。

食事

朝:○
昼:×
夕:×

宿泊先

イスタンブール泊

7

出発までフリータイム
夜:日本語ガイドが空港へお送りいたします。

食事

朝:○
昼:×
夕:×

宿泊先

機中泊

8

深夜:イスタンブール(直行)
18:30〜19:30:羽田

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

出発日を選んで、空き状況を
メールで問い合わせ ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

燃油サーチャージ
【2021年5月1日~2021年6月21日】  大人:6,000円 (5/12現在目安)
【2021年6月22日~2022年3月31日】  大人:19,900円 (5/12現在目安)
現地出入国に関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど
1人参加追加代金 88,000円

催行条件、注意事項

出発地
羽田
行き先
トルコ
旅行期間
8日 (延泊日数21日間まで可能)
利用ホテル/グレード
エクスプローラー・ケイブ(洞窟部屋)指定(カッパドキア)、ユーフラテス指定(キャフタ)、ラビス指定(ウルファ)、グランドヤヴズ指定(イスタンブール)
航空会社
ターキッシュエアラインズ【指定】
座席クラス
エコノミー
食事回数
朝食5回 昼食3回 夕食2回
添乗員
同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数催行条件
1名
備考
※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※2日めのカッパドキアの送迎は英語ガイドがご案内します。他は日本語ガイドがご案内します。
※冬期は積雪のため催行できません。
※イスタンブールのブルーモスクは現在、改修工事中です。見学は可能ですが、ご覧いただけない場所がある可能性もございます。ご了承ください。
※減延泊して日本着が土・日になる場合、¥5,000UPとなります。
※減延泊して日本着が8/8・9になる場合、¥20,000UPとなります。
※減延泊して日本着が5/4・5、8/14・15になる場合、¥30,000UPとなります。
※2021FSCCMP

問い合わせ

東京本社

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町
1-13CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者
櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520
e-mail : info@fivestar-club.co.jp

大阪支店

〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-10
光栄ビル6階-G
総合旅行業務取扱管理者
大野 史子

電話番号: 06-6485-0558
FAX番号: 06-6485-0552
e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ

観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL : https://www.fivestar-club.jp/

トルコを知る

アジアとヨーロッパをつなぐ
東西文化の接点

アジアとヨーロッパをつなぐ町、東西文明の接点となるイスタンブールはオスマン朝時代のエキゾチックなモスクやグランドバザールなど街歩きが楽しく、トルコ絨毯やおしゃれなランプなど素敵な雑貨であふれています。カッパドキアではバルーンに乗って上空から奇岩の数々を眺めてみたいものです。

Recommend その他おすすめのツアー