ツアーコード
5C925-B

最終更新日:2021年7月13日

カンボジア

アンコール遺跡を極める旅!!☆密林の巨大寺院ベンメリアと水中寺院クパルスピアン☆【食事・日本語ガイド付き】

料金はお問い合わせ下さい

6 日間

  • 成田
  • 乗り継ぎ便
  • 空港送迎
  • 観光付き

Point

世界遺産アンコール遺跡をほぼ網羅!日本語ガイドがご案内!
朝食4回、昼食3回、夕食4回の計11食付き!
世界遺産アンコールワット、アンコールトムも終日観光!
映画の舞台となったタプロムなど周辺の遺跡群も観光!
密林の巨大寺院ベンメリアも観光
水中寺院クパルスピアンも観光
東洋のモナリザ・バンテアスレイも観光
定番の朝日・夕日鑑賞も楽しみ!
伝統舞踊のアプサラダンスもディナーショーで楽しめる。
便利なベトナム航空利用
カンボジアやタイとの周遊旅行も可能です。
空港・ホテル間送迎付。しかも日本語でご案内。
延泊、減泊、ホテルグレードUP、航空会社変更、ビジネスグレードUP・・・あなただけのご旅行づくりをお手伝いします。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

問い合わせの際は

ツアーコード:5C925-B

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30
休日:日、祝日

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。
現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

東京03-3259-1511

問い合わせの際は

ツアーコード:5C925-B

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30 休日:日、祝日

旅の見どころ

王と神々のドラマにとことん迫る!10ヵ所のアンコール遺跡に染まる旅

バイヨン寺院

カンボジア人の魂といえるアンコール遺跡群。特にアンコールワットはカンボジア国旗に描かれたり、紙幣にデザインされたりと、生活の身近なところにあります。そんなアンコール遺跡群の中でも、このコースでは10ヵ所の寺院を訪問!定番のアンコールワットやアンコールトム、プノンバケンの夕陽に加えて、郊外のベンメリアやクパルスピアンまで。寺院ごとに歴史や建物の構造に特徴があり、飽きることはありません。知れば知るほど、歩けば歩くほど楽しくなる遺跡旅の決定版です。 遺跡群を訪れた後はトンレサップ湖へご案内。遺跡の回廊に描かれているのと同じ、素朴な暮らしをする人々を見ることができるでしょう。

巨大寺院ベンメリアや水中寺院クバルスピアンも観光!

『天空の城ラピュタ』の舞台ともいわれるベンメリア(シェムリアップ)

森の中にひっそりと佇む巨大寺院「ベンメリア」は、かの有名なジブリ映画「天空の城ラピュタ」のモデルにもなったと言われています。また、アンコールワットを小さくして平面展開したような構成で、まるで崩されてしまったアンコールワットのミニチュア版。類似点が非常に多いことから「東のアンコール」とも呼ばれています。崩れ落ちた岩にはたくさんのレリーフが残っていますが、全てアンコールワットのものとは反対に彫られているのにも注目!アンコールワットと見比べてみると本当に面白い!岩に生える苔は雨が降ると緑が映え、とても綺麗で神秘的な雰囲気を放ちます。まさに秘境といえる、オススメの遺跡です。

あなたの心をも奪ってしまう「東洋のモナリザ」 バンテアイスレイ

バンテアスレイ/東洋のモナリザ(シェムリアップ)

「バンテアイ」は「砦」、「スレイ」は「女性」という意味で、「女の砦」の意味を持つバンテアイスレイ。その名の通り、赤色砂岩とラテライトに彫られた繊細な彫刻、さらにそのこぢんまりとした控えめな佇まいからは、女性らしさが感じられます。100年前までここ一帯は森に囲まれており、1914年頃野焼きされた際にこの遺跡が姿を現したといわれています。そのため、遺跡には当時の焼け跡が黒く残っています。見どころは何と言っても中央にある「東洋のモナリザ」。赤色砂岩やラテライトは雨の日には一段と赤さが際立ち、また太陽の光が当たれば赤く燃えるようにも見え、アンコール遺跡の中でも群を抜く美しさを放っています。

ガジュマルの樹に侵食され続ける遺跡、タプローム

タプロームにて

1186年にジャルマン2世が母のために建てたといわれる仏教の寺院タプローム。タプロームは仏教寺院として創建されたものの、後にヒンドゥー教に改宗されたため2つの宗教が入り混じるというなんとも珍しい歴史を持ちます。寺院内は修復がほとんど行われておらず、ガジュマルの樹による侵食が激しく残っています。樹の根が血管のように寺院に張りめぐり、まるで樹が寺院を食べているような不思議な光景が広がります。このタプローム遺跡は映画「トゥームレイダー」の撮影地にも使われているので、映画を観てからいくと、まるでその舞台に飛び込んだかのような不思議な感覚も味わえます。

アンコールワットにて

バイヨン寺院 観世音菩薩の四面塔

日程表

日程

スケジュール

食事

宿泊先

1

09:30〜12:00:東京(乗継ぎ)
夕刻又は夜:シェムリアップ
到着後、日本語ガイドの出迎えを受けてホテルへ送迎いたします。

食事

朝:×
昼:×
夕:○

宿泊先

シェムリアップ泊

2

午前:アンコールトム遺跡観光
午後:アンコールワット遺跡観光
夕刻:プノンパケンの夕陽観賞

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

シェムリアップ泊

3

早朝:アンコールワットの日の出鑑賞
午前:東洋のモナリザ・バンテアスレイ観光
午後:アンコールワット遺跡群観光(タプローム、プレループ、プリアカン、東メボン)

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

シェムリアップ泊

4

午前:密林の巨大寺院、ベンメリア観光
午後:水中寺院クパルスピアン観光

このツアーのハイライト。ベンメリア遺跡はシェムリアップから約80km。ジャングルの中にひっそり眠る巨大寺院です。アンコールワットとの類似点が多く「東のアンコール」ともよばれています。遺跡はジャングルに埋もれており崩壊も進んでいるため歩ける範囲も限られていますが、秘境の遺跡にふさわしいたたずまいをみせています。

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

シェムリアップ泊

5

午前:トンレサップ湖、オールドマーケット観光
日本語ガイドが空港へ送迎いたします。
夕刻又は夜:シェムリアップ(乗継ぎ)

食事

朝:○
昼:×
夕:×

宿泊先

機中泊

6

05:00〜08:00:東京

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

催行条件、注意事項

出発地
成田
行き先
カンボジア
旅行期間
6日 (延泊日数11日間まで可能)
利用ホテル/グレード
スターリー・アンコール・ホテル指定(シェムリアップ)
航空会社
ベトナム航空【指定】
座席クラス
エコノミー
食事回数
朝食4回 昼食3回 夕食4回
添乗員
同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数催行条件
1名
備考
※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※日本語ガイドがご案内します。
※クパルスピアンへは、片道1時間ほど歩きます。スニーカー等の歩きやすい靴をご用意下さい。
※ベンメリアへの道路は、かなりの悪路であることをご承知おきください。
※減延泊して日本帰国日が9/21〜23、10/14〜15、10/22、1/2〜5、1/13〜14、2/11、2/24〜25、3/22〜23となる場合、追加料金がかかります。お問合せください。
※減延泊して、12月24、25日、12月31日に滞在がかかる場合、ガラディナー代金が発生することがございます。詳しくは担当にご確認ください。

問い合わせ

東京本社

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町
1-13CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者
櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520
e-mail : info@fivestar-club.co.jp

大阪支店

〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-10
光栄ビル6階-G
総合旅行業務取扱管理者
大野 史子

電話番号: 06-6485-0558
FAX番号: 06-6485-0552
e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ

観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL : https://www.fivestar-club.jp/

カンボジアを知る

悠久の遺跡群に囲まれた、神秘的な国

美しい造形美と謎を秘めたアンコールワットやアンコールトム、そして周辺の遺跡群。なかでもジブリアニメにも描かれた幻のベンメリア遺跡は必見。アンコールワット以外にも、深い緑に覆われた自然に浸食されている遺跡群や、見ていて飽きることのない美しいレリーフなど、奥地にもたくさんの遺跡があります。

Recommend その他おすすめのツアー