• ホーム

  • 条件で探す

  • 検索結果

  • 魅惑のウズベキスタン&今注目の国カザフスタン☆陸路で国境を越え世界遺産の巡礼地コジャ・アフメド・ヤサウィ廟へ☆シルクロードの宝石サマルカンド観光も 中央アジア2か国周遊7日間

ツアーコード
7UK71

最終更新日:2019年6月10日

ウズベキスタン・カザフスタン

魅惑のウズベキスタン&今注目の国カザフスタン☆陸路で国境を越え世界遺産の巡礼地コジャ・アフメド・ヤサウィ廟へ☆シルクロードの宝石サマルカンド観光も 中央アジア2か国周遊7日間

¥247,000 ~ ¥305,000

7 日間

  • 成田
  • 乗り継ぎ便
  • 観光付き

Point

ありそうでなかったウズベキスタン&カザフスタン周遊ツアー
7日間の短い日程で中央アジアの2国を周遊
カザフスタンの世界遺産・草原の中の巡礼地 コジャ・アフメド・ヤサウィ廟を観光
シルクロードの古都サマルカンド探訪
なかなか体験できない陸路国境越えも楽しみ

お問い合わせ

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

問い合わせの際は

ツアーコード:7UK71

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30
休日:日、祝日

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。
現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

東京03-3259-1511

大阪06-6292-1511

問い合わせの際は

ツアーコード:7UK71

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30 休日:日、祝日

旅の見どころ

巨大建築物に圧倒される世界遺産のサマルカンドは人類全体の宝物

シャーヒズィンダ廟群(イメージ)

紀元前4世紀のアレキサンダー大王の遠征で初めて歴史に登場した時から既に美しい町として発展を見せていたサマルカンドは、「青の都」「東方の真珠」「イスラム世界の宝石」など数多くの言葉で形容され、ヨーロッパとアジアを結ぶ重要な中継地点として、時には世界の中心都市としての道を歩んできました。サマルカンドは町全体が“文明の交差路”として世界遺産に指定され、中でも見逃せないのはレギスタン広場の3つのメドレセです。鮮やかで荘厳な建物は往時の繁栄振りを強く物語っています。また中央アジア最大級の「ビビハニムモスク」、イスラム教徒の聖地「シャヒジンダ廟群」など見どころが多く世界の旅人の憧れの地となっています。

旅行の醍醐味、ショッピングはやっぱりサマルカンド!!

バザール内でナンを売る (サマルカンド)

ウズベキスタンで買い物といえばサマルカンドのレギスタン広場!かつてのメドレセ(神学校)は現在たくさんの土産物屋さんが並ぶ、買い物のメッカとなっています。一番人気はスザニという刺繍が施された布。カラフルな色合いでクッションカバーや壁掛けなど品揃いが豊富です。もう一つの人気商品は陶器。ウズベキスタンカラーの青を基調としたものや、各地方独特の風合いのお皿、花瓶に目移りしてしまいます。食べ物やスパイスなどを探すのなら、シヨブバザールへ。有名なサマルカンド・ナンや伝統的なお菓子が並んでいます。特にレギスタン広場では、アレもコレも欲しい!となってしまいますが、ちゃんと店主に値切り交渉することもお忘れなく。

アジアからヨーロッパへ広がる、真のユニバーサル国家を目指すカザフスタン

バイテレク(アスタナ)

内陸国としては世界最大、中央アジア諸国の中で一番広大な面積を持つカザフスタンは地理的・人種的に多種多様な魅力を持つ国です。地形は大きく3つに分けることができ、東部には中国国境やアルタイ山脈、中部は草原地帯、西部はカスピ海沿岸部。人種はカザフ人に次ぎロシア人の割合が最も多く、単に“中央アジア”で括れない様々な表情を見せてくれます。今も変わらぬ暮らしを続ける遊牧民、シルクロードのロマンあふれる古都、ロシア風の街並みに、ヨーロッパ風のリゾート。さらに環境先進都市を目指すアスタナなど、人種・宗教の垣根を超えたこれまでに類を見ないカザフスタンの取り組みに目が離せません。

ソ連時代のヨーロッパの街並みと下町風情が残る首都・タシケント

チョルスーバザール(タシケント)

タシケントはサマルカンドなどの砂漠の都市とは違い水と緑が美しい都市です。特に新市街はロシア人の割合が多く、ヨーロッパ調の街並みのため欧州の国と見間違えるほど。これは1966年に起きたタシケント地震により甚大な被害を受けたタシケントが、ソ連時代の都市計画にて近代都市へ変貌を遂げたためです。新市街には政府機関の他に国立の博物館や美術館などの施設が多数。一方、旧市街も見逃せません。16世紀のシャイバニ朝時代のモスクやメドレセ、活気のあるバザールは下町の風情がたっぷり。新市街から旧市街は中央アジア初の歴史的な地下鉄が結んでいますし、料金は一律のため支払いを間違えることもなく安心。時間があれば自分の足で歩いてみるのもおすすめです。

花嫁衣裳にトライ

グリ・アミール廟

日程表

日程

スケジュール

食事

宿泊先

1

09:00〜14:00:東京(乗継ぎ)
夜:タシケント
着後ホテルへご送迎

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

タシケント泊

2

午前:タシケント国境シムケント
国境を越えカザフスタンに入国します。
着後、シムケント市内観光(市場、独立広場、アバイ広場、歴史博物館)
午後:シムケントトルキスタン
途中、オトゥラル遺跡とアルスタン・バブ廟観光

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

トルキスタン泊

3

午前:世界遺産のコジャ・アフメド・ヤサウィ廟と歴史博物館観光
午後:トルキスタン国境タシケント
国境を越え、ウズベキスタンに再入国、タシケントへ

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

タシケント泊

4

午前:タシケント又はサマルカンド
午後:サマルカンド市内観光(ウルグベク天文台、アフラシャブ博物館、シャヒジンダ廟群)

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

サマルカンド泊

5

終日:サマルカンド市内観光(ビビ・ハニム・モスク、レギスタン広場、3つのメドレセ、バザール、グリアミール廟)

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

サマルカンド泊

6

午前または午後:サマルカンド又はタシケント
着後、簡単なタシケント市内観光(ナボイ劇場広場など)
夜:タシケント(乗継ぎ)

食事

朝:○
昼:○
夕:×

宿泊先

機中泊

7

10:00〜15:00:東京

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

出発日を選んで、空き状況を
メールで問い合わせ ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

燃油サーチャージ
【2019年6月1日~2020年3月31日】  大人:12,000円 (5/10現在目安)
現地出入国に関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど
1人参加追加代金 119,000円

催行条件、注意事項

出発地
成田
行き先
ウズベキスタン・カザフスタン
旅行期間
7日 (延泊はお問い合わせください)
利用ホテル/グレード
ウズベキスタン又は同等クラス(タシケント)、エデム又は同等クラス(トルキスタン)、シティ又は同等クラス(サマルカンド)
航空会社
大韓航空【指定】
座席クラス
エコノミー
食事回数
朝食5回 昼食5回 夕食4回
添乗員
同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数催行条件
1名
備考
※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※英語ガイドがご案内します。(カザフスタン)
※日本語ガイドがご案内します。(ウズベキスタン)
※出発日により列車スケジュールが前後する場合がございます。
※列車を利用するコースについて:ウズベキスタンの列車は大変混み合う場合があります。お手配が難しい場合、送迎車又は国内線に変更させていただきます。
※サマルカンドのバザールは月曜休業しております。
※減延泊して日本着が7/15、8/12、9/16・23、10/14になる場合は¥15,000UPとなります。

問い合わせ

東京本社

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町
1-13CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者
櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520
e-mail : info@fivestar-club.co.jp

大阪支店

〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者
本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515
e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ

観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL : https://www.fivestar-club.jp/

Recommend その他おすすめのツアー