• クリップする
  • メールで送る
  • 印刷する

最終更新日:2018年11月13日

ツアーコード:7UT11

(7UT11)

ウズベキスタン・トルクメニスタン | 9日間

消滅寸前のアラル海の水を求めてキャンプ!!☆地球の絶景・地獄の門でもキャンプ!!☆<ユニーク>ウズベキスタン&トルクメニスタン

ツアーのポイント

●アラル海の湖畔まで4WDで走行のアドベンチャーツアー
●道なき道を走り、アラル湖畔にて1泊キャンプ
●地球の絶景 地獄の門では1泊キャンプ
●これぞさいはての旅!!ユニーク!!
●アラル海の船の墓場、レイナク訪問
●中央アジアで最も高いミナレットのある世界遺産のクフナウルゲンチ観光
●ミステリアスなホレウム王国の遺跡群訪問
●キジルクム砂漠ではユルタに泊まる
●古いシルクロードの面影を残すヒワで滞在
●ウズベキスタン内は日本語ガイドがご案内
●スターアライアンス・アシアナ航空利用

旅のテーマ

  • 世界遺産
  • 遺跡
  • 体験する旅 学ぶ旅
  • ユニークなホテルに泊まる
  • 大自然エコツアー
  • 音楽、芸術の旅
  • 滝
  • 砂漠

メール問合せ 電話問合せ

このツアーのみどころ

消滅寸前のアラル海の水を求めてキャンプ!!
地球の絶景 地獄の門でもキャンプ!!
<ユニーク>ウズべキスタン&トルクメニスタン

アラル海の湖畔(アラル海)

アラル海の湖畔(アラル海)

かっては世界4位の大きさを誇る湖だったアラル海。今ではそのサイズも縮小し、南部の港だったムイナクは、今は船の墓場と化しています。この旅はアラル海の水を求めて4WDで悪路を湖畔までアプローチし、最果ての旅とはこういう旅のことを呼ぶのでしょうか?もう1つのハイライトは地球の絶景として注目を浴びている地獄の門。天然ガスが40年以上燃え続けているこの珍しいスポットは、1泊キャンプをしないと本当のすばらしさを楽しむことはできません。ここでもキャンプをします。そしてホレズム文化の遺跡が残るアヤズ・カラではキジルクム砂漠でユルタ泊も経験。これほど強烈な体験が続く旅は、他にそうある訳ではありません。おすすめです!

アラル海の湖畔でワイルドなテント体験!

ウズベキスタンの西部自治共和国であるカラカルパクスタン共和国の首都「ヌクス」があります。そこからジープ(トヨタのランドクルーザー)で悪路の中を片道8時間かけ、地平線が続く道なき道の沙漠を進むと、消滅の危機に瀕するアラル海の湖畔に到着します。アラル海の近くは風が強いので、アラル海が見渡せる丘の上にローカルドライバーさんが手際よく小さなテントを張ってくれます。夕食も小枝を集めて火をつけ、ワイルドなクッキングタイムです!アラル海という名の湖は、塩分濃度が非常に濃いので夏の暖かい時期は、死海と同じような浮遊体験もできるのです。プカプカ浮かびながら新聞を読んでいる姿を記念撮影などイカが?ただしトイレ・シャワーはありません。そんなユニークな体験は思い出に残ることでしょう。

宿泊のテントにて(アラル海)

宿泊のテントにて(アラル海)

幻のアラル湖で地球環境の大切さを知る体験!

ムイナクの船の墓場(ムイナク)

ムイナクの船の墓場(ムイナク)

かつて世界第4位の大きさを誇る湖だったアラル海もソ連時代綿花栽培の用水だったため半世紀で約5分の1に縮小してしまいました。南岸の都市ムイナクはもともと漁業でなりたっている地域でしたが、今では水が完全に干上がり多数の漁船が放置されています。これこそアラル海の「船の墓場」です。20世紀最大の環境問題といわれるアラル海。ここほど環境破壊の現場を強烈に体験できる場所は世界でも他にはないはずです。

一生に一度の夜を!地獄の門でキャンプ体験

地獄の門の炎は日中よりも深夜から早朝にかけて見るのが圧巻で感動的、つまりテントで一夜を過ごすこちらのプランがお勧めです。炎の上がるクレーターから歩いて5分ほどの場所にテントを張り、日が暮れたらバーベキューのディナータイム。満天の星空の下、ウォッカを片手にガイドさんら現地の人たちとのふれあいで心も体も温まります。肝心な地獄の門は自分のペースで見られるので運が良ければ誰もいない真夜中にその空間を独り占めすることも。おやすみはテントで、もちろん寝袋もご用意してくれるので安心です。早起きして夜明け前の地獄の門へ。遠くから眺める炎と地平線の風景は鳥肌もの!是非泊まって炎の迫力に感動してください。

地獄の門/早朝の風景(タルヴァザ)

地獄の門/早朝の風景(タルヴァザ)

メール問合せ 電話問合せ
アヤズ・カラのユルタ
地獄の門/地獄の手前

PAGE TOP

日程表

日程スケジュール食事・宿泊先
109:00~14:00:東京(乗継ぎ)
夜:タシケント
着後ホテルへご送迎
【タシケント泊】
[ ][ ][ ]
2朝:タシケントヌクス又はウルゲンチ
ヌクス又はウルゲンチクフナ・ウルゲンチ
ヌクスより国境を越えてトルクメニスタンへ
午後:ホラズム王国発祥の地、クフナ・ウルゲンチ観光(クトルグ・ティムール・ミナレット、トレベク・ハニム廟、スルタン・テケシュ廟)
午後:クフナ・ウルゲンチタルヴァザ
夕刻:40年以上燃え続けるクレーター地獄の門観光
この日の宿泊はキャンプです、テントや寝袋などはご用意しています。
【タルヴァザ泊】
[朝][昼][夕]
3早朝:地獄の門の朝の風景を楽しみます。
午前:タルヴァザタシャウズヌクス
タシャウズより国境を越え、ウズベキスタンへ再入国しヌクスへ
【ヌクス泊】
[朝][昼][夕]
4午前:ヌクス市内観光(サヴィツキー芸術博物館、国立歴史博物館)
午前:ヌクスアラル海・湖畔
かつては世界4位の面積を誇っていたアラル海、今は見る影もなく縮小してしまいました。この旅ではアラル海の水を求めて4WDにて悪路湖畔まで近づくようトライします。途中、スチド・レイクや居住跡を観光します。
この日はアラル海にてキャンプします。
【アラル海泊】
[朝][昼][夕]
5午前:アラル海・湖畔ムイナクアヤズ・カラ
途中、ムイナクにて船の墓場を観光、かってアラル海の港があった場所に船の残骸が並んでいる光景は圧巻です。
キジルクム砂漠に残る古代ホレズム王国の1つアヤズ・カラ近くで宿泊します。この日の宿泊はユルタです。
【アヤズ・カラ泊】
[朝][昼][夕]
6午前:アヤズ・カラヒワ
途中、古代ホレズム王国の遺跡アヤズ・カラ、トプラク・カラ、キジル・カラを観光
午後:フリータイム
【ヒワ泊】
[朝][昼][夕]
7終日:世界遺産に指定されているヒワ観光(カルタミナル、クニャアルク、パフラヴァン・マフムド廟、ジュマモスク、イスラーム・ホジャ・ミナレット、タシハウリ宮殿)【ヒワ泊】
[朝][昼][夕]
8午前:ヒワウルゲンチタシケント
着後、タシケント市内観光(歴史博物館、ナボイ劇場、日本人墓地)
空港へご送迎
夜:タシケント(乗継ぎ)
【機中泊】
[朝][昼][夕]
910:00~15:00東京[ ][ ][ ]

PAGE TOP

出発日を選んで、空き状況をメール問合せ

ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

 
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 
 
 
 
燃油サーチャージ
【2018年10月01日~2019年09月30日】
大人 : 13,000円 (10/01現在目安)
現地出入国に
関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど 1人参加追加代金 145,000円

PAGE TOP

ツアーの詳細、催行条件、注意事項など

出発地成田 行き先ウズベキスタン・トルクメニスタン
旅行期間9日 (延泊日数21日間まで可能)
利用ホテル/
グレード
ウズベキスタン又は同等クラス(タシケント)、テント(タルヴァザ)、ジペックジョリィ又は同等クラス(ヌクス)、テント(アラル海)、ユルタ(アヤズ・カラ)、アルカンチ又は同等クラス(ヒワ)
航空会社アシアナ航空【指定】 座席クラス エコノミー
食事回数朝食7回 昼食7回 夕食7回
添乗員同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数
催行条件
1名
備考 ※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。 
※日本語ガイドがご案内します。(ウズベキスタン)
※英語ガイドがご案内します。(トルクメニスタン)
※タシケントの歴史博物館は月曜休業しております。
※夕日や星空は見られないこともあります。
※出発日により逆回りとなることがあります。
※トルクメニスタンのビザを取る関係で、30日以上前にお申込いただき、当社にお客様のパスポートデータをいただく必要があります。
※この行程はハードスケジュールです、特に4日め、5日めのアラル海に行く道路は悪路です。
※また、4日めのテント、5日めのユルタと続くため、5日めの宿泊をヌクスのホテルに変更することも可能です。
※冬季(11月〜3月頃)のダルヴァザでの宿泊は大テントとなり、相部屋になります。
メール問合せ 電話問合せ

PAGE TOP

旅行企画・実施・問合せ

お電話での問合せは、
コースコード:7UT11とお伝えいただくとスムーズです。

お電話でのお問い合わせ

東京本社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-13
CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520

e-mail : info@fivestar-club.co.jp
大阪支店
〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515

e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ
観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL:https://www.fivestar-club.jp/
その他の確認事項

※本画面に記載してある最終更新日以降、情報が変更になっている可能性があります。

PAGE TOP