• クリップする
  • メールで送る
  • 印刷する

最終更新日:2018年7月9日

ツアーコード:7UT20

(7UT20)

トルクメニスタン | 6日間

羽田深夜発エミレーツ航空で行くトルクメニスタン6日間☆炎の絶景・地獄の門と白亜の首都アシハバードをコンパクトに周遊☆近未来シティ・ドバイにも立ち寄り可能!

ツアーのポイント

●40年以上延々と燃え続けるガスクレーター・地獄の門
●未知なる国トルクメニスタンの魅力を満喫
●6日間で行ける絶景の旅・秘境の旅
●白亜の大理石と黄金の像が並ぶ不思議な首都アシハバード
●人気エアラインエミレーツ航空利用 ドバイ立ち寄りアレンジも!
●延泊、減泊、ホテルグレードUP、航空会社変更、ビジネスグレードUP・・・
あなただけのご旅行づくりをお手伝いします。お気軽にご相談下さい。
●毎週土曜日【旅行説明会】開催中!お気軽にお問い合わせ下さい。

旅のテーマ

  • 秘境
  • 世界遺産
  • 遺跡
  • 砂漠
  • 大自然エコツアー
  • 音楽、芸術の旅
  • 滝

メール問合せ 電話問合せ

このツアーのみどころ

地球の絶景・地獄の門など魅惑のトルクメニスタンを周遊

地獄の門(ダルヴァサ)

地獄の門(ダルヴァサ)

未知なる国の未知なるスポット,地獄の門は地図ではトルクメニスタンの真中あたり、カラクム砂漠の中のダルヴァザという地に位置します。アクシデントから生まれたこのガスクレーターは40年以上にわたって燃え続ける世界でも極めて珍しいクレーターです。いつ消えてしまうかわからないその炎を今のうちに肉眼で確かめて頂くのがこのツアーの最大のポイントです。他に古代ホレズムの都、クフナウルゲンチとパルティア要塞群のニサ遺跡も訪問。この2つは世界遺産に登録されています。さらに人類最古の農耕集落の一つと言われるアナウ遺跡と白い大理石の街並が特徴の首都アシハバードなどトルクメニスタンの魅力を6日間で一気に感じる内容です。

朝と夜で異なる表情を楽しむ「地獄の門」はキャンプ体験が絶対おすすめ! 

地獄の門の付近にはホテルがないため、お客様のためにドライバーとガイドがキャンプ体験をご案内します。テントや食事の準備はスタッフが行うので心配は無用。もちろん料理作りに参加することも可能です。一面輝く星空の下で食べる炭火焼の野菜やシャシリク(肉の串焼き)は格別です。驚異の絶景を目前にしながら、時間を気にせず仲間と語らう時間は特別な思い出になるでしょう。キャンプサイトから地獄の門へは車で10分程度。観光客があまりいない時間帯にも訪れることができ、地獄の門の光景を独占できます。外気温が低い冬の間のみストーブ付きの伝統的なユルタの中に個別のテントを張ってくれるのでプライバシーを守りながら快適に休めます。

地獄の門(タルヴァザ)

地獄の門(タルヴァザ)

世界遺産・古代ホレズムの都・クフナウルゲンチ

クトゥルグ・ティムール・ミナレット(クフナウルゲンチ)

クトゥルグ・ティムール・ミナレット(クフナウルゲンチ)

グルガンジの名で知られた古代ホレズムの都クフナウルゲンチは国の北西部に位置します。10世紀から14世紀までおよそ500年間ホレズム王国の首都として栄えましたが、モンゴル帝国の侵略とアムダリヤ川の流路の変化に伴い衰退してしまいました。敷地内で最も大きいのが14世紀に建てられたテュラベクハン廟。内部のドームは昼夜24時間を表す12個の天窓と1年をあらわす365個の星などイスラム天文学が生かされている造りが特徴です。他には同じ14世紀に造られた中央アジアで最も高いクトルグティムールミナレット、とんがり屋根が特徴のイルアルスラン廟など歴史的建造物が残っていることから、現在は世界遺産に指定されています。

近代的な首都・アシハバード

トルクメニスタンの首都であるアシハバードは国の南に位置します。1991年の独立後、ニヤゾフ初代大統領によって白亜の大理石の町へと変貌を遂げたため、旧市街や古い遺跡は残っていません。その大統領が家族のために建てたトルクメンバシーモスクやトルクメニスタンの永世中立を記念した高さ75メートルの中立の塔など、近代的な建物が多く見られるため他の街とは趣が大きく異なります。近郊には人類最古の農耕集落のひとつと言われるアナウ遺跡や、パルティア王国時代の都市遺跡であるニサ遺跡があります。王の建造物群のあった旧ニサと民衆の居住地区であった新ニサの2つの遺丘から成るニサ遺跡は世界遺産に登録されています。

トルクメンバシーモスク  (アシハバード)

トルクメンバシーモスク  (アシハバード)

メール問合せ 電話問合せ
クフナウルゲンチ
パルティア人の遺跡ニサ

PAGE TOP

日程表

日程スケジュール食事・宿泊先
123:00~25:00:羽田(直行)【機中泊】
[ ][ ][ ]
2朝:ドバイ
待ちあわせの間、ドバイへの入国が可能です。またホテル手配(別途追加代金必要)もできます。
深夜:ドバイ
24:00~27:30:アシハバード
着後、ホテルへご送迎
【アシハバード泊】
[ ][ ][ ]
3終日:アシハバード市内・郊外観光(パルティア人の遺跡ニサ、国立博物館、トルクメンバシーモスク)【アシハバード泊】
[朝][昼][夕]
4朝:アシハバードタシャウズクフナ・ウルゲンチ
着後、ホラズム王国発祥の地、クフナ・ウルゲンチ観光(クトルグ・ティムール・ミナレット、トレベク・ハニム廟、スルタン・テケシュ廟)
午後:クフナ・ウルゲンチタルヴァザ
夕刻:40年以上燃え続けるクレーター地獄の門観光。
この日の宿泊はキャンプです。テントや寝袋はご用意しています。
【タルヴァザ泊】
[朝][昼][夕]
5早朝:地獄の門の朝の風景をお楽しみ下さい。
午前:タルヴァザアシハバード
途中、ウォータークレーターなどを観光
午後:アシハバード市内観光(バザール、中立のアーチ、ウェディングパレス展望台等)
【アシハバード泊】
[朝][昼][夕]
6※ホテル出発は午前2時頃となります。
早朝:アシハバード(乗継ぎ)
20:00~23:00:羽田
[ ][ ][ ]

PAGE TOP

出発日を選んで、空き状況をメール問合せ

ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

 
 
 
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
¥279,000
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
¥279,000
28
 
29
 
30
 
31
 
 
 
燃油サーチャージ
【2018年03月06日~2019年03月31日】
大人 : 21,000円 (07/01現在目安)
現地出入国に
関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど 1人参加追加代金 55,000円

PAGE TOP

ツアーの詳細、催行条件、注意事項など

出発地羽田 行き先トルクメニスタン
旅行期間6日 (延泊日数30日間まで可能)
利用ホテル/
グレード
アク・アルティン・プラザ・アシハバード指定(アシハバード)、テント(タルヴァザ)
航空会社エミレーツ航空【指定】 座席クラス エコノミー
食事回数朝食3回 昼食3回 夕食3回
添乗員同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数
催行条件
1名
備考 ※英語ガイドがご案内します。
※トルクメニスタンのビザを取る関係で、30日以上前にお申込いただき、当社のお客様のパスポートデータをいただく必要があります。
※冬季(11月〜3月頃)のダルヴァザでの宿泊は大テントとなり、相部屋になります。
※国立博物館は火曜・祝日休業しております。
※減延泊して日本着が土・日になる場合、¥5,000UPとなります。
メール問合せ 電話問合せ

PAGE TOP

旅行企画・実施・問合せ

お電話での問合せは、
コースコード:7UT20とお伝えいただくとスムーズです。

お電話でのお問い合わせ

東京本社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-13
CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520

e-mail : info@fivestar-club.co.jp
大阪支店
〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515

e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ
観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL:https://www.fivestar-club.jp/
その他の確認事項

※本画面に記載してある最終更新日以降、情報が変更になっている可能性があります。

PAGE TOP