• ホーム

  • 条件で探す

  • 検索結果

  • 神秘の絶景!炎に包まれた地獄の門と奇跡の大地ヤンギカラ☆白亜の首都アシハバートと世界遺産メルブ遺跡・クフナウルゲンチ☆未知なる国トルクメニスタン大周遊

ツアーコード
7UT30

最終更新日:2019年10月4日

ウズベキスタン・トルクメニスタン

神秘の絶景!炎に包まれた地獄の門と奇跡の大地ヤンギカラ☆白亜の首都アシハバートと世界遺産メルブ遺跡・クフナウルゲンチ☆未知なる国トルクメニスタン大周遊

¥372,000 ~ ¥404,000

9 日間

  • 成田
  • 乗り継ぎ便
  • 観光付き

Point

不思議の国トルクメニスタンのみどころを全て踏破する大周遊の旅!
トルクメニスタンの神秘・40年間延々と燃え続けるガスクレーター「地獄の門」訪問
炎のような地層や果てしなく広がる奇岩群が見られる奇跡の大地「ヤンギカラ」も訪れる
3大世界遺産メルブ遺跡、ニサ遺跡、クフナウルゲンチをすべて観光
白い大理石造りの街並みが印象的なトルクメニスタンの首都アシハバードでは、豪華モスクや中立の塔などをご案内
ウズベキスタンでは中央アジア最大の都市、首都タシケントを観光
なかなか体験できないユニークな陸路国境越えも
スターアライアンスのアシアナ航空利用
延泊、減泊、ホテルグレードUP、航空会社変更、ビジネスグレードUP・・・
あなただけのご旅行づくりをお手伝いします。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

問い合わせの際は

ツアーコード:7UT30

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30
休日:日、祝日

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。
現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

東京03-3259-1511

大阪06-6292-1511

問い合わせの際は

ツアーコード:7UT30

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30 休日:日、祝日

旅の見どころ

奇跡の大地、炎の渓谷、ヤンギ・カラ

ヤンギ・カラ(ヤンギ・カラ)

トルクメニスタンの大半を占める広大なカラクム砂漠が、西のカスピ海に尽きる少し前に奇跡の大地、ヤンギ・カラがあります。ここは、太古の昔海底であった大地が隆起し、風雨によって浸食されてできた巨大な渓谷で、別名「炎の渓谷」とも呼ばれ、地層の赤さと襞のような模様で、大地が赤く燃え上がっている炎のような姿に見えます。赤やピンクと白い色の縞模様の台地が果てしなく連なって広がり、台地の上からは、360度、地平が丸く感じる地の果てまで見渡すことができます。カスピ海に面したトルクメンバシの町からは、4輪駆動車で3時間あまり荒野を走り続け、ようやくカラフルな地層を持つ奇岩群が連なる雄大な大渓谷ヤンギ・カラに着きます。

地球の絶景・ドアトゥヘル・通称地獄の門

地獄の門/夜の風景(タルヴァザ)

カラクム砂漠の中央、ダルヴァザにある地獄の門。天然ガスが40年以上燃え続けている巨大なクレーターで世界でも極めて珍しいスポットです。特に真夜中から早朝にかけての炎は圧巻で感動的まさに地獄の門という名がピッタリの大迫力です。1971年に地質学者がボーリング調査をした際に天然ガスに満ちた洞窟を偶然発見し、調査の過程で落盤事故が起き巨大な洞窟が姿を現しました。その後洞窟から高濃度の有毒ガスが噴出していることが判明し、その放出を食い止めるため点火することになりました。現時点ではこの天然ガスの燃焼を食い止めることは困難で、天然ガスの埋蔵量自体が不明なため、今後いつまで燃え続けるのかも不明だといいます。

世界最西端の仏教遺跡、世界遺産のメルヴ遺跡

中央アジア最大の遺跡・メルブ

トルクメニスタンの首都アシハバードから南東に位置するマーリまで、国内線で約1時間。そこから東へ約25kmのところにかつてのオアシス都市メルヴの遺跡があります。100平方kmにおよぶ広い敷地の中に、紀元前6世紀から18世紀に至るメルヴの遺跡が点在しているのです。遺跡の中心的存在の紀元前6世紀から7世紀に建てられたグーズカラー。カラーは城壁を意味し、高台にあって厚さ8m、高さ15mもの城壁に囲まれた砦は、かつて川幅12m、水深8mもの堀で囲まれ、外敵の侵入を防いでいたといわれています。この地が仏教遺跡としては西の果てにあたり、ゾロアスター教、仏教、マニ教などの遺跡が出土し、世界遺産にも指定されているのです。

トルクメニスタンってどんな国?

トルクメンバシーモスク (アシハバード)

中央アジアの中でも未知なる国トルクメニスタン。国土の大半が砂漠で、石油や天然ガスなどの資源に恵まれたユニークな永世中立国です。長い間、ニヤゾフ大統領による独裁政権が続き、2006年に大統領が亡くなるまで続きました。街には大統領の巨大な金の像が太陽の光に輝き、地震で崩壊したアシハバードの町を石油マネーで白大理石作りの美しい町並みに建て直したり、煌びやかで豪華なモスクを建造したり、驚くべきエピソードが絶えません。中でも中央アジア最大にして最高の美を誇るトルクメンバシーモスクは、55mの高さのある金のドーム屋根と4つのミナレットを持つ煌くほど美しい白大理石造りで、内部の見学もできるので必見なのです。

地獄の門/地獄の手前

トルクメニスタンの人々

日程表

日程

スケジュール

食事

宿泊先

1

09:00〜14:00:東京(乗継ぎ)
夜:タシケント
着後ホテルへご送迎

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

タシケント泊

2

早朝又は朝:タシケントヌクス又はウルゲンチ
午前:ヌクス又はウルゲンチクフナ・ウルゲンチ
ヌクスより国境を越えトルクメニスタンへ
午後:ホラズム王国発祥の地、クフナ・ウルゲンチ観光(クトルグ・ティムール・ミナレット、トレベク・ハニム廟、スルタン・テケシュ廟)
午後:クフナ・ウルゲンチタルヴァザ
夕刻:40年以上燃え続けるクレーター地獄の門観光
この日の宿泊はキャンプです。テントや寝袋などはご用意しています。

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

タルヴァザ泊

3

早朝:地獄の門の朝の風景を楽しみます。
午前:タルヴァザアシハバード
着後アシハバード市内観光
(国立博物館、中立の塔、バザール、ウェディングパレス展望台)

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

アシハバード泊

4

午前:アシハバードトルクメンバシ
トルクメンバシヤンギカラ
着後、果てしなく広がる大地に奇岩群が連なる絶景・ヤンギカラの大渓谷観光
夕刻:ヤンギカラトルクメンバシ
カスピ海に面した港町、トルクメンバシで1泊します。

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

トルクメンバシ泊

5

午前:トルクメンバシアシハバード
着後、世界遺産のニサ遺跡とアシハバード市内観光(トルクメンバシーモスクなど)

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

アシハバード泊

6

午前:アシハバードマーリ
着後、中央アジア最大の遺跡メルブ観光

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

マーリ泊

7

午前:マーリトルクメンアバードブハラ
国境の町、トルクメンアバードを越え、ウズベキスタンに再入国しブハラへ
マーリからトルクメンアバードまでガラグム砂漠が続きます。

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

ブハラ泊

8

早朝又は午前:ブハラ又は
午前又は午後:又はタシケント
※国内線での移動も可能です。(要追加代金)
着後、タシケント市内観光(ナボイ劇場、チムール広場、日本人墓地)
夜:タシケント(乗継ぎ)

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

機中泊

9

10:00〜19:00:東京

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

出発日を選んで、空き状況を
メールで問い合わせ ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

燃油サーチャージ
【2019年8月8日~2019年10月14日】  大人:13,000円 (9/9現在目安)
【2019年10月15日~2020年8月31日】  大人:9,000円 (9/9現在目安)
現地出入国に関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど
1人参加追加代金 129,000円

催行条件、注意事項

出発地
成田
行き先
ウズベキスタン・トルクメニスタン
旅行期間
9日 (延泊日数11日間まで可能)
利用ホテル/グレード
ウズベキスタン又は同等クラス(タシケント)、テント(タルヴァザ)、アクアルティン又は同等クラス(アシハバード)、チャルラク又は同等クラス(トルクメンバシ)、マルガシュ又は同等クラス(マーリ)、マリカ又は同等クラス(ブハラ)
航空会社
アシアナ航空【指定】
座席クラス
エコノミー
食事回数
朝食7回 昼食7回 夕食7回
添乗員
同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数催行条件
1名
備考
※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※ウズベキスタンでは日本語ガイドがご案内します。
※トルクメニスタンでは英語ガイドがご案内します。
※出発日により逆回りとなることがあります。また列車スケジュールが前後する場合がございます。
※列車を利用するコースについて:ウズベキスタンの列車は大変混み合う場合があります。お手配が難しい場合、送迎車又は国内線に変更させていただきます。
※サマルカンドのバザールは月曜休業しております。
※アシハバードの国立博物館は火曜・祝日休業しております。
※トルクメニスタンのビザを取る関係で、30日以上前にお申込いただき、当社にお客様のパスポートデータをいただく必要があります。
※冬季(11月〜3月頃)のダルヴァザでの宿泊は大テントとなり、相部屋になります。

問い合わせ

東京本社

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町
1-13CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者
櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520
e-mail : info@fivestar-club.co.jp

大阪支店

〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
LUCID SQUARE UMEDA 3F
総合旅行業務取扱管理者
本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515
e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ

観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL : https://www.fivestar-club.jp/

Recommend その他おすすめのツアー