• ホーム

  • 検索結果条件追加

  • バングラデシュの片田舎でホームスティ☆マイクロクレジットの村訪問&リバークルーズ☆全行程日本語ガイド&専用車でご案内

ツアーコード
8G021

最終更新日:2021年12月28日

バングラデシュ

バングラデシュの片田舎でホームスティ☆マイクロクレジットの村訪問&リバークルーズ☆全行程日本語ガイド&専用車でご案内

¥170,000 ~ ¥230,000

5 日間

  • 成田
  • 乗り継ぎ便
  • 観光付き

Point

バングラデシュの片田舎でホームスティ体験
マイクロクレジットの村訪問、NGOの活動も
川の国バングラデシュをリバークルーズで実感
到着後から出発まで安心の日本語ガイドがご案内します
全行程専用車なので気兼ねなくツアーを楽しめます
到着日以外、すべてのお食事付き
5つ星エアライン、キャセイパシフィック航空利用

お問い合わせ

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

問い合わせの際は

ツアーコード:8G021

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30
休日:日、祝日

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。
現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

東京03-3259-1511

問い合わせの際は

ツアーコード:8G021

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30 休日:日、祝日

旅の見どころ

マイクロクレジットとは一体?

マイクロクレジットの村(ノルシンディ近郊)

マイクロクレジットとは、貧困のどん底にある人々に小額の融資をする仕組みです。主に女性が対象とされ、通常のクレジットを利用する最低の条件である担保など持たない人でも、少しの資金を借りることで個人事業(小さな食堂を始めたり、物売りをしたり)を起こし収入を得ることができるようになり、女性の地位を向上させることにも役立っています。彼女たちはもちろん定期的にきちんと返済し、貯金もします。もともとはバングラデシュのグラミン銀行がこの仕組みを作り、「底辺からの経済的および社会的発展の創造に対する努力」により、ノーベル賞を受賞。バングラデシュの片田舎でこうした制度が運営され、貧困から抜け出して生き生きと暮らす女性たちがいることは、成功例といえるでしょう。

ノルシンディのマイクロクレジットの村を訪問

PAPRI・事務局&宿舎/スタッフ(ノルシンディ)

ダッカから北東75km、緑豊かな田舎のとある村ノルシンディ。NGOのグループ・パプリ(PAPRI)が日本の援助を受けながら、マイクロクレジットや教育活動、水に関する活動などさまざまなことをしています。マイクロクレジットで成功している女性たちのグループを訪問すると、カラフルなサリー姿の30歳前後の女性たちが集まって話を聞かせてくれます。皆アクセサリーを付けたりおしゃれをして、イスラムの女性とは思えぬほど活発で、生き生きとした目をしているのが印象的です。夫を亡くした女性が、子供をかかえて頑張って商売を始め、お金を稼いで生き甲斐を見つけたなどという話には共感し、感動させられるはずです。こうしたNGOの活動を知ることが今のバングラデシュを知ることなのです。

バングラディシュの魅力にせまるホームステイ体験

おかあさんが料理を作ってくれる (カパシア村)

ダッカから車で3時間、市場や沼のフィッシングネットが見えてきたら、ホームステイをするカパシア村です。ステイ先にはヤシの実やバナナなどそこらじゅうに収穫時の果物がなっていて、シーズンによっては収穫のお手伝いをすることもできます。キッチンにいるおかあさんと一緒に火をおこして料理を作ったり、無邪気な子供たちと遊んだり、近くの学校の見学をしたりとバングラディシュの人々とのあたたかいふれあいと、素朴な体験ができるのがホームステイの魅力です。夜にはとれたてのたっぷりの野菜を使ったバングラディシュの食事を楽しみます。ダッカなどの喧騒の都会にはないのどかな風景を楽しみ、のんびりとした時間をすごせる村です。

ダッカでのどかなリバークルーズが楽しい

クルーズ船からの景色(ダッカ近郊)

喧騒のダッカの郊外を流れるシタラクヤ川。農作物を積んだ貨物船や、手漕ぎ舟、遠くまで行く客船などが川面を行き来しています。この川でリバークルーズに乗ってひととき、人力車や車で溢れるダッカの喧騒を逃れ、ゆったりした船旅を楽しむのはいかがでしょう?ションドルボンのジャングルクルーズに使う船なので、食堂や客室まで付いた快適なもの。デッキの上で町並みを見渡しながら、渋滞もない川をスイスイと心地よいスピードで風を切って進みます。陸地や橋の上にいる人々が日本人が珍しいのか皆手を振ってくれるのも嬉しいものです。ドリンクやスナックも用意され、クルーズ気分も上々のうちに折り返し地点へ。ダッカのもうひとつの良さを発見した気分に浸れるはずです。

ホームステイ先の娘さんと

ラールバーグフォート

日程表

日程

スケジュール

食事

宿泊先

1

10:30〜18:30:東京(乗継ぎ)
深夜:ダッカ
到着後、日本語ガイドがホテルまでご送迎
到着からお見送りまで、日本語ガイドと専用車でご案内します。

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

ダッカ泊

2

午前:ダッカカパシア村
ダッカ北、約3時間半の片田舎にあるカパシア村。典型的なバングラデシュの田舎でホームスティします。
昼:昼食はバングラデシュ伝統料理を。
午後:カントリーボートで川をクルーズし、田舎風景をお楽しみ下さい。
希望者には農作業のお手伝いも。
夕刻:バングラデシュ家庭料理レッスンを受け、一緒に料理を作ります。
夕食はホストファミリーと一緒にその料理を賞味します。

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

カパシア村泊

3

午前:カパシア村ノルシンディー
着後NGOパプリPAPRIの活動を見学します。
パプリは日本のNGOのサポートを受けながら、バングラデシュ人が運営、管理するNGOです。パプリの活動は幅広く、マイクロクレジットから教育援助、障害者への支援、12才から18才の
女性達を対象とした健康に関する活動、また、家族全員を対象とした健康、水に関する活動など、様々なことをしています。
バングラデシュではNGOが力強く活動しています。
NGOを知ることはバングラデシュを知ることと言っても過言ではありません。
午前:ノルシンディシタラクヤ川
着後、シタラクヤ川・リバークルーズ
昼食は船上にて
午後:シタラクヤ川ダッカ

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

ダッカ泊

4

終日:ダッカ市内観光(スターモスク、ショドルガット、ダケシュワリ寺院、ラールバーグフォート、ニューマーケット、国立博物館)
NGO・BRACが運営する雑貨店「アーロン」でのショッピング
夜:ダッカ(乗継ぎ)

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

機中泊

5

14:30〜19:10:東京

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

出発日を選んで、空き状況を
メールで問い合わせ ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

燃油サーチャージ
【2021年12月1日~2022年2月28日】  大人:23,000円 (12/28現在目安)
【2022年3月1日~2022年10月31日】  大人:27,000円 (12/28現在目安)
現地出入国に関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど
1人参加追加代金 75,000円

催行条件、注意事項

出発地
成田
行き先
バングラデシュ
旅行期間
5日 (延泊日数21日間まで可能)
利用ホテル/グレード
アジアパシフィック指定(ダッカ)、ホームスティ(カパシア村)
航空会社
キャセイ・パシフィック航空【指定】
座席クラス
エコノミー
食事回数
朝食3回 昼食3回 夕食3回
添乗員
同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数催行条件
1名
備考
※乗継地での搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※日本語スルーガイドがご案内します。
※ホームスティ先のお部屋は個室を用意しますが、シャワーは共同となります。
※ホームスティ先ではお湯のシャワーはありませんが、ご希望があればホストファミリー先でバケツのお湯をご用意します。
※マイクロクレジットは失業者や十分な資金のない起業家、または貧困状態にあり融資可能でない(商業銀行からの融資を受けられない)人々を対象とする非常に小額の融資(ローン、クレジット)です。これらの人々は担保となるものや安定的な雇用、検証可能な信用情報を持たず、通常のクレジットを利用するための最低条件にさえ達しません。貧困のどん底にある人々に小額融資をするこの仕組みにより、個人事業に従事し、収入を得て貧困を脱することを可能にしているのです。その多くは女性が主な対象となって女性の地位向上にも役立っています。
マイクロクレジットはバングラデシュのグラミン銀行が起源と言われ、グラミン銀行はこの仕組みを作り「底辺から経済的および社会的発展の創造に対する努力」により、ノーベル賞を受賞しました。
※減延泊して日本着が5/4・5になる場合、航空券代金が5000円アップします。

問い合わせ

東京本社

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町
1-13CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者
櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520
e-mail : info@fivestar-club.co.jp

大阪支店

〒530-0012 大阪市北区芝田2-8-10
光栄ビル6階-G
総合旅行業務取扱管理者
大野 史子

電話番号: 06-6485-0558
FAX番号: 06-6485-0552
e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ

観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL : https://www.fivestar-club.jp/

バングラデシュを知る

水上移動が盛んな水の国

たくさんの船の往来する船着き場のショドル・ガットの様子を見ていると水の国と呼ばれる理由も納得できます。インド亜大陸最大規模の仏教遺跡と言われているバハルプールや、15世紀のイスラム建築群の残るバゲルハットも是非訪れておきたいポイントです。

Recommend その他おすすめのツアー