• ホーム

  • 条件で探す

  • 検索結果

  • かわいくて見るものすべてが新鮮の「インド」☆インドのイメージが変わる★南インドの旅☆聖地&世界遺産探訪 アーユルヴェーダ体験

ツアーコード
8I079

最終更新日:2019年5月8日

インド

かわいくて見るものすべてが新鮮の「インド」☆インドのイメージが変わる★南インドの旅☆聖地&世界遺産探訪 アーユルヴェーダ体験

¥133,000 ~ ¥148,000

6 日間

  • 成田
  • 乗り継ぎ便

Point

タージマハールとガンジス河だけがインドじゃない!!
海辺の聖地、ディープな遺跡が楽しいインド
チャパティとナンだけがインド料理じゃない!!
ごはんにぴったりあうのが南インドのカリー
アーユルヴェーダは南インドこそが本場
インドのかわいい♪が見つかるバザール訪問
大観光地の北インドと違い、優しい人々に出会える
インド人の家庭訪問、チャイ(紅茶)も!!

お問い合わせ

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

問い合わせの際は

ツアーコード:8I079

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30
休日:日、祝日

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。
現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

東京03-3259-1511

大阪06-6292-1511

問い合わせの際は

ツアーコード:8I079

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30 休日:日、祝日

旅の見どころ

インドなのにイメージが違う?!見るものすべてが新鮮で、驚きに満ちた楽しい南インドのお薦めプランです!

マハバリプラム/海岸寺院(マハバリプラム)

青い海と豊かな自然、のどかな町や村。南インドにはほかでは味わえない独特のムードがあります。海辺の聖地マハバリプラムではディープな世界遺産の遺跡を堪能。マドライの壮大なミナクシ寺院も必見です。そして可愛い雑貨などたくさんのお土産が見つかるバザールでの買い物タイムを。「踊るマハラジャ」で知られるインドのスーパースター、カジニカーント氏もお気に入りのレストランで美味しい南インド料理に舌鼓。南インドならではの料理が味わえます。アーユルヴェーダ発祥の地である南インドだから、本場のアーユルヴェーダも体験。家庭訪問では、香り高いチャイ(紅茶)をご馳走になって、地元南インド人のファミリーとのふれあいも楽しみです。

のどかな自然、優しい人々、聖地の遺跡、本場アーユルヴェーダ、南インドの魅力は多彩です!

マドライの人々

インドといえば、タージマハールやガンジス河といった北インドのイメージですが、実はそれだけがインドではないのです。インドは本当に広大な国。南インドは別の国のように何もかもが異なり新鮮なイメージです。民族も言葉も食事も違います。自然が豊かでのどかな、リラックスできる良さがあるのです。人々もどこか素朴で優しくて、喧騒の北インドの大都市とはうって変わって、ゆったりした時間が流れています。世界遺産の遺跡も海辺の聖地にあったりして驚きです。チャパティを主食にする北インドと違って、南インドではご飯が主食。魚のカレーや炊き込みご飯のビリヤニなど独特の料理も味わえます。また本場のアーユルヴェーダも要体験です。

マドゥライでは壮大なミナクシ寺院が必見!

ミナクシ寺院 (マドライ)

南インドの大都会マドゥライは独特のドラヴィダ文化が咲き誇った町。たくさんのオートリキシャが行き交い、活気あふれる町並みが魅力です。人々は肌の色が黒く、男性は口ひげをたくわえています。町のランドマーク的存在は何を差し置いてもミナクシ寺院です。東西南北4つのゴープラム(塔門)はカラフルでリアルで、全5000体もの神々が描かれて壮大な光景を生んでいます。これがドラヴィダ様式と呼ばれるヒンズー教寺院の代表格なのです。多くの神々を400年に渡って彫り続けたという塔は圧巻のひとこと。表で靴を脱いで入り、人々はさまざまなところで祈りを捧げています。この不思議なエネルギーに満ちた空間に足を踏み入れれば、ヒンズー教徒でなくても、魅了されてしまうはずです。

ベンガル湾に面した世界遺産の寺院群マハバリプラムとヒンズー教7大聖地カンチープラム、そして最南端コモリン岬へ

カーンチプラム/カイラーサナータ寺院(カーンチプラム)

インド南東部、チェンナイ郊外に位置するマハバリプラム。ここにはベンガル湾に面した海岸寺院をはじめ、いくつもの寺院群が世界遺産に指定されています。ほかにも、ドラヴィダ建築の原型となった5つの石彫寺院や巨大レリーフである「アルジュナの苦行」や巨岩「クリシュナのバターボール」などが見どころです。かたや、チェンナイへ戻る道中に位置するカンチープラムはヒンズー教の7大聖地の1つに数えられています。インド最南端のコモリン岬では1泊すればアラビア海に沈む夕陽と、ベンガル湾から昇る朝日を見られ、印象深い体験となるはずです。またコモリン岬周辺では発祥の地として本場のアーユルヴェーダを体験してみたいものです。

ビーチで思い思い過ごすインドの若者たち

アユールヴェーダ

日程表

日程

スケジュール

食事

宿泊先

1

16:30~18:30:東京(乗継ぎ)
深夜:チェンナイ
着後ホテルへ

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

チェンナイ(インド)泊

2

午前:ヒンズー教の聖地カーンチプラム観光
昼:昼食は南インド料理をご賞味ください。
(ドーサ、イドリー、サンバールカリー、ココナッツチャツネなど)

午後:チェンナイ(2等指定)
夜:マドゥライ
着後ホテルへ

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

マドライ泊

3

午前:マドゥライ市内観光(ミナクシ寺院、ティルマライ宮殿)
昼:「ムトゥ・踊るマハラジャ」などで知られるインドが誇るスーパースター、カジニカーント氏お気に入りのレストラン「アマメス」で南インド料理をお楽しみ下さい。
(フィッシュビリヤ二、チキンペッパーチェティナドゥ、フィッシュカリーなど)
午後:バザール訪問。後、インド人の家庭を訪問し、チャイ(紅茶)をお召し上がりいただきます。

夕刻:マドゥライ(2等指定)カーニャクマリ(コモリン岬)
着後ホテルへ

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

カニヤークマリ泊

4

早朝:コモリン岬(カーニャクマリ)の日の出を各自にてお楽しみ下さい。
午前:カーニャクマリ観光
午後:アーユルヴェーダを体験

夕刻:カーニャクマリ(寝台列車)

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

列車泊

5

午前:チェンナイ
着後、世界遺産のマハバリプラム観光
午後:フリータイム

深夜:空港へ

食事

朝:○
昼:○
夕:×

宿泊先

機中泊

6

深夜:チェンナイ(乗継ぎ)
19:00~21:30:東京

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

出発日を選んで、空き状況を
メールで問い合わせ ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

燃油サーチャージ
【2019年2月21日~2019年4月14日】  大人:26,000円 (2/21現在目安)
【2019年4月15日~2019年10月31日】  大人:18,600円 (2/21現在目安)
現地出入国に関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど
1人参加追加代金 59,000円

催行条件、注意事項

出発地
成田
行き先
インド
旅行期間
6日 (延泊日数21日間まで可能)
利用ホテル/グレード
チャンドラパーク指定(チェンナイ)、スターレジデンシス指定(マドライ)、シンハーインターナショナル指定(コモリン岬)
航空会社
キャセイ・パシフィック航空【指定】
座席クラス
エコノミー
食事回数
朝食4回 昼食4回 夕食3回
添乗員
同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数催行条件
1名
備考
※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※日本語スルーガイドがご案内します。
※インド内の列車は原則として2等エアコン寝台を利用します。
※減延泊して日本着が1/2・3・5・6、5/5・6 になる場合、航空券代金が5000円アップします。

問い合わせ

東京本社

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町
1-13CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者
櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520
e-mail : info@fivestar-club.co.jp

大阪支店

〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者
本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515
e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ

観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL : https://www.fivestar-club.jp/

Recommend その他おすすめのツアー