• クリップする
  • メールで送る
  • 印刷する

最終更新日:2018年7月2日

ツアーコード:8P065

(8P065)

パキスタン | 9日間

美しき桃源郷・フンザと少数民族の村、グルミット☆絶景のカラコルムの山々の眺望に感動!!☆国内線利用&日本語スルーガイドがご案内

ツアーのポイント

●7,788mのラカポシはじめ、7,000m級の山々の大展望
●心癒される桃源郷・フンザの人々の暮らし
●少数民族のワヒ族が暮らすグルミットで民家訪問体験
●世界遺産のタキシラ遺跡も訪問
●ハセガワ・メモリアルスクールで子供たちとの触れ合い
●とても賑やかなラワールピンディーのバザール散策
●氷河や湖などパキスタンの大自然を堪能
●朝食7回、昼食7回、夕食7回付き

旅のテーマ

  • 民族
  • 世界遺産
  • 遺跡
  • 体験する旅 学ぶ旅
  • ホームステイ民家訪問
  • 大自然エコツアー
  • 音楽、芸術の旅
  • 滝
  • 世界の美しき田舎を訪ねる

メール問合せ 電話問合せ

このツアーのみどころ

フンザを知り尽くしたいならこちら!フンザ最奥地のゴジャール地方へ

ナガール村から見たウルタル(ナガール)

ナガール村から見たウルタル(ナガール)

旅人憧れのカラコルムハイウェイを走り、フンザ中心部のカリマバードからさらに北上するとたどり着くのが、ゴジャール地方の一部、グルミット村です。ここではワヒ族と呼ばれる青い目、白い肌の少数民族が今なお伝統的な暮らしを続けています。旅人に優しく素朴な彼らとのふれあいを楽しみ、グルミットからさらにパスーへと向かいます。パスー山脈からはカラコルムハイウェイに迫るダイナミックな氷河がご覧いただけます。カリマバードでの楽しみはもちろん、7000mを超えるカラコルムと豊かな農村風景でしょう。子供たちや民族との触れ合い、そしてイスラマバード周辺の見どころをばっちり抑えた、フンザの魅力をたっぷりと詰め込んだコースです。

パキスタンの最奥の地、グルミットとパスー(上フンザ地方)

上フンザはワヒ語を話す民族の多い地域です。カリマバードよりもさらに山は険しくなり、カラコルムハイウェイからも氷河が見れるようになってきます。この地域ではワヒ族という少数民族が今なお、伝統的な暮らしを守り続けています。彼らは色が白く、青い目や金髪で、一見するとパキスタン人には見えません。旅人に対してオープンな彼らは、とても暖かいおもてなしで我々を迎えてくれます。そしてグルミットからカラコルムハイウェイを15km程走ると、パスーピーク(7284m)とそこからハイウェイまで迫るダイナミックなパスー氷河がご覧いただけます。またそこから見る中世の教会のようなパスーカテドラルという名の岩山の姿は、まさに威風堂々!

キリム織りの女性と一緒に(グルミット)

キリム織りの女性と一緒に(グルミット)

名峰ラカポシとその氷河を楽しむ、ラカポシビューポイント

ラカポシビューポイントにて昼食(ナガール)

ラカポシビューポイントにて昼食(ナガール)

ラカポシ山脈の主峰、ラカポシ山(標高7788m)をフンザ谷の反対側から見ることのできる、ラカポシビューポイント。ギルギットからフンザの中心地、カリマバードに行く際立ち寄ることができます。カリマバードからの眺めとは異なり、ここからはラカポシ山とその氷河の大展望がお楽しみいただけます。またラカポシビューポイントにはレストランが併設されています。名峰と氷河、そして雪解け水の流れる音、ひんやりとした氷河から吹く風…目、耳、肌で大自然を感じながらいただくランチはまさに贅沢の極み。ここでフンザ地方独特の、紅茶に塩を入れて飲むナムキン・チャイにトライしてみてはいかがでしょうか。

杏の花と7000mを超える山々に囲まれた、桃源郷フンザ

春には杏の花が咲き乱れ、カラコルム山脈の7000mを超える名峰に囲まれたフンザを人々はシャングリラ(桃源郷)と呼びました。カラコルム山脈のダイナミックな展望と豊かな農村風景、そして春になると咲き乱れる杏の花を見れば、なるほど桃源郷はここにありと思わずにはいられません。他民族国家のパキスタンですが、フンザの人々はイスラム教の中でもイスマイール派の人口が多く、戒律の緩い宗派であるため、他の地域に比べて女性が外で働く姿をよく目にします。また、男性はフンザ帽と呼ばれる独特な帽子をかぶっているのも特徴です。杏の咲き乱れる春、山の晴天率が上がる初夏、紅葉の秋と四季を通して様々な魅力をお楽しみいただけるでしょう。

ボパール村の美しい風景(ボパール)

ボパール村の美しい風景(ボパール)

メール問合せ 電話問合せ
ナン屋のお兄さん
ハセガワメモリアルスクールの子供たち

PAGE TOP

日程表

日程スケジュール食事・宿泊先
110:00~12:00:東京(乗継)
夜:イスラマバード
着後ホテルへ
【イスラマバード泊】
[ ][ ][ ]
2朝:イスラマバードギルギット
着後、ギルギット市内観光(バザール、カルガの磨崖仏)
【ギルギット泊】
[朝][昼][夕]
3午前:ギルギットフンザ(カリマバード)
途中、ラカポシビューポイントにて昼食
ラカポシビューポイントは標高7,788mのラカポシとその氷河の展望を楽しむことができます。
【カリマバード泊】
[朝][昼][夕]
4早朝:フンザ(カリマバード)ドゥイカル展望台
4WDにてカラコルムの展望台、標高2,850mのドゥイカル展望台へ。7,000m級のカラコルムの山々が頂上から朝日に染まっていくダイナミックな景色をお楽しみください。
朝:ドゥイカル展望台フンザ(カリマバード)
午前:ホーパル氷河とナガール観光
午後:フンザ(カリマバード)観光(バルチックフォート、バザール)と民家訪問
【カリマバード泊】
[朝][昼][夕]
5午前:フンザ(カリマバード)グルミット
カラコルムハイウェイを通り、湖に囲まれた村、グルミットへ
着後、パスー村観光
パスー村はカラコルムの高峰やパス―氷河の美しいパノラマがご覧いただけます。
その後、フンザ渓谷の眺めが美しいボリット湖周辺を散策します。
午後:グルミットミュージアム観光と民家訪問
歴史の古い村グルミットには、ワヒ族という少数民族が暮らしています。今なお伝統的な暮らしを続けるワヒ族の家庭を訪問します。

<オプショナル> 料金 9000円(1名参加/13,000円)
終日フンジュラーブ(クンジュラーブ)峠観光に変更も可能です!
イスラマバードから中国カシュガルまで続く全長1300kmのカラコルムハイウェイの国境があるのがフンジュラーブ(クンジュラブ)峠です。フンジュラーブのオプショナルを手配された場合、グルミットとパスー観光は翌日に振替となります。
【グルミット泊】
[朝][昼][夕]
6午前:ハセガワ・メモリアル・スクール訪問
午後:フンザ(カリマバード)ギルギット
【ギルギット泊】
[朝][昼][夕]
7午前:ギルギットイスラマバード
着後、ラワルピンジーのバザール観光
【イスラマバード泊】
[朝][昼][夕]
8終日:世界遺産の仏跡、タキシラ遺跡観光
夜:イスラマバード(経由)
【機中泊】
[朝][昼][夕]
908:00〜11:59:東京[ ][ ][ ]

PAGE TOP

出発日を選んで、空き状況をメール問合せ

ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

 
 
 
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
¥296,000
25
¥298,000
26
¥298,000
27
¥298,000
28
 
29
¥296,000
30
 
31
¥296,000
 
 
燃油サーチャージ
【2018年06月12日~2018年07月31日】
大人 : 10,800円 (05/17現在目安)
【2018年08月01日~2018年09月30日】
大人 : 16,400円 (07/02現在目安)
現地出入国に
関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど 1人参加追加代金 128,000円
1人参加追加代金(4/1〜) 130,000円

PAGE TOP

ツアーの詳細、催行条件、注意事項など

出発地成田 行き先パキスタン
旅行期間9日 (延泊はお問い合わせください)
利用ホテル/
グレード
ホテル・デ・パパエ指定(イスラマバード)、PTDC・モーテル・ギルギット指定(ギルギット)、ヒル・トップ指定(カリマバード)、フンザ・マルコポーロ・イン指定(グルミット)
航空会社タイ国際航空【指定】 座席クラス エコノミー
食事回数朝食7回 昼食7回 夕食7回
添乗員同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数
催行条件
1名
備考 ※日本語スルーガイドがご案内します。
※天候によりカラコルムの山々が見えないことがあります。
※天候などの関係でイスラマバード〜ギルギット間のフライトがキャンセルになることがあります。それに伴い大幅に日程の変更が生じる可能性があることをあらかじめご承知おきくださいませ。
※このコースは外務省の海外安全情報において「レベル2 不要不急の渡航は止めて下さい」というエリアが含まれます。なお、弊社では「レベル3 渡航は止めて下さい(渡航中止勧告)」のエリアの入ったツアーは催行していません。 
※減延泊して日本着が土・日になる場合、航空券代金が2000円アップします。
メール問合せ 電話問合せ

PAGE TOP

旅行企画・実施・問合せ

お電話での問合せは、
コースコード:8P065とお伝えいただくとスムーズです。

お電話でのお問い合わせ

東京本社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-13
CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520

e-mail : info@fivestar-club.co.jp
大阪支店
〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515

e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ
観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL:https://www.fivestar-club.jp/
その他の確認事項

※本画面に記載してある最終更新日以降、情報が変更になっている可能性があります。

PAGE TOP