ツアーコード
8PI01-101

最終更新日:2019年8月30日

パキスタン・インド

陸路で印パ国境越え!!☆ガンダーラとムガール帝国3大世界遺産☆ヒンズー教・シーク教・チベット仏教3大聖地巡礼

¥257,000 ~ ¥327,000

11 日間

  • 成田
  • 乗り継ぎ便
  • 観光付き

Point

インド・パキスタンの国境を陸路で越える!
古代ガンダーラとムガール帝国の栄枯盛衰を辿る
多様な文化、宗教の違いを感じる旅

お問い合わせ

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

問い合わせの際は

ツアーコード:8PI01-101

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30
休日:日、祝日

延泊等のツアーアレンジ・オーダーメイドツアーもお任せ下さい。
現地を知る旅のプロフェッショナルがお客様の旅をご一緒に考えます。お気軽に問い合わせ下さい

東京03-3259-1511

大阪06-6292-1511

問い合わせの際は

ツアーコード:8PI01-101

をお伝え下さい。

月〜金 10:00〜18:00 土 10:00〜16:30 休日:日、祝日

旅の見どころ

印・パの陸路国境越えと、3つの聖地巡礼

ゴールデンテンプル(アムリトサル)

パキスタンとインド、隣合う国だけど直行便は飛んでいない。ちょっと複雑な関係を持つこの2か国をなんと陸路で国境越えするというユニークなコース。イスラマバードからラホールへ、3つの世界遺産を観光しながら国境へ向かいます。国境で見られる国旗降納式は、毎日何万人もの人が訪れ、まるでスポーツの国際試合のような異様な盛り上がりを見せます。パキスタン側のワガからインド側のアターリーへ国境を抜けた後は、ターバンでおなじみ、シーク教の聖地ゴールデンテンプルへ。そして美しきガンガの流れる、ヒンズー教の聖地リシケシュと、ダライラマ公邸のあるチベット仏教の拠点ダラムサラを訪問します。

世界遺産のラホール城塞をはじめ、ムガール帝国の建造物が見事なラホール

ロータスフォート(ラワルピンディ)

ラホールはカラチに次ぐパキスタン第2の都市です。インド史上最大のイスラム教王朝だったムガール帝国の皇帝たちが、パキスタンのこの地に次々に建造したすばらしい建物が今に残っています。最古の建築と言われ、11世紀ころに建造されたラホール城塞は東西425m、南北340m、周囲を城壁に取り囲まれた壮大なスケールを誇る世界遺産です。たくさんのモスクや皇帝の墓、博物館などの見どころも多い町です。インドでタジマハールを建てた、ムガール帝国最後の皇帝シャー・ジャハーンが17世紀半ばに王族の保養地として造ったシャリマール庭園。水を効果的に配置して暑い夏も涼しい工夫をしたムガール様式の庭園として、これも世界遺産に指定されています。

チベット亡命政権の本拠地 あのダライラマも住むダラムサラ

チベット政府局(ダラムサラ)

日本では馴染みのないシーク教ですが、アラビアンナイトでもおなじみのターバンと立派な髭をたくわえた姿がシーク教の伝統的な格好です。アムリトサルはこのシーク教徒の聖地で総本山の黄金寺院には多くのシーク教徒が巡礼に訪れます。黄金寺院はその名の通り黄金色の寺院で、観光客もはだしになり頭を覆えば気軽に寺院に入ることができます。黄金寺院では収められたシーク教の聖典や寺院内にある巡礼者用の宿舎や食堂を見学できます。お勧めは夜の黄金寺院のライトアップです。四角いプールの中に建つ黄金寺院がライトアップされると、水面に移る寺院やライトが何とも幻想的な姿を作り、まさしく聖地といった雰囲気です。

美しきガンガの清流・聖地リシケシュ

朝のヨガ体験<ウォームアップ>(リシケーシュ)

ヒマラヤ山脈を源流とするガンガ(ガンジス河)。氷河から湧き出た水が山を越え谷を渡って、リシュケシュへ流れ着きます。濁流のガンガにあるヒンズー教の聖地ベナレスを知っていると、もうひとつの聖地であるリシュケシュは想像できないほど清らかで美しいガンガなのです。かのビートルズもかつてここで修行したといい、古くから修行者の町としても知られています。サフラン色の衣装に身を包んだサドゥー(修行僧)の姿も目立ち、ヒンズー教の寺院やアシュラム(ヨガの道場)も数多く存在しています。リシュケシュと隣接する町ハリドワールでは、ノンアルコール、そして純粋なベジタリアン(菜食)の料理のみが提供され、修行をしたり儀式を見学したり、聖地を極める旅が満喫できるのです。

ジョーリヤーンの仏像

バドシャヒモスク

日程表

日程

スケジュール

食事

宿泊先

1

10:00〜11:59:東京(乗継ぎ)
夜:イスラマバード
着後ホテルへ

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

イスラマバード泊

2

朝:イスラマバードタキシラ
世界遺産の仏跡、タキシラ遺跡観光(ダルラマージカー、シルカップ、ジョーリヤーン、タキシラ博物館)
タキシライスラマバード
午後:イスラマバード観光(シャー・ファイサル・モスク、ラジャバザール)

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

イスラマバード泊

3

午前:イスラマバードロータス・フォートラホール
途中、世界遺産のロータス・フォート観光

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

ラホール泊

4

ラホール市内観光(ラホールフォート、パドシャヒモスク、ラホール博物館、シャリマール庭園、バザール)
夕刻:インド国境のワガへ
ワガにてパキスタン側よりフラッグセレモニー見学
パキスタン・インド両国が国旗降納式を開催します。
まるで応援合戦のような賑やかな雰囲気をお楽しみください。

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

ラホール泊

5

午前:ラホールワガ(国境)アターリーアムリトサル
パキスタン・インドの国境を陸路で超えます。
インド側のガイドのお出迎え
着後、ゴールデンテンプル観光

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

アムリトサル泊

6

午前:アムリトサルパタンコット
パタンコットダラムサラ
ダライ・ラマ14世を中心にチベット仏教の一大中心地ダラムサラへ向かいます。

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

ダラムサラ泊

7

終日:ダラムサラ市内郊外観光(ダライラマ法主公邸、ノルブリンカ、ギュト寺院、チベット子供村)
ダライラマが滞在し、亡命政府のあるダラムサラ。15000人以上のチベット人の住むこの町では「生きた」チベットを感じとることができます。
夕刻:ダラムサラチャッキバンク
チャッキバンク(寝台列車)

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

列車泊

8

午前:ハリドワールリシケーシュ
着後、フリータイム
途中、ハリドワールにてガンジス河の沐浴風景観光
ガンジス河の聖地リシケーシュに2連泊します。

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

リシケシュ泊

9

早朝:ヨガ体験
午前:リシケーシュ市内観光(沐浴場、バザール)
昼食は名物のベジタリアン・ターリーをご賞味いただきます。
午後:フリータイム

食事

朝:○
昼:○
夕:○

宿泊先

リシケシュ泊

10

早朝:リシケーシュハリドワール
ハリドワールデリー
深夜:デリー(乗継)

食事

朝:○
昼:○
夕:×

宿泊先

機中泊

11

15:30〜18:30:東京

食事

朝:×
昼:×
夕:×

宿泊先

出発日を選んで、空き状況を
メールで問い合わせ ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

燃油サーチャージ
【2019年8月8日~2020年3月31日】  大人:16,000円 (6/25現在目安)
現地出入国に関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど
1人参加追加代金 99,000円

催行条件、注意事項

出発地
成田
行き先
パキスタン・インド
旅行期間
11日 (延泊はお問い合わせください)
利用ホテル/グレード
ホテル・デ・パパエ(イスラマバード)、カールトンタワー指定(ラホール)、ホリデイ・イン・アムリトサル・ランジット・アベニュー指定(アムリトサル)、ロイヤル・パレス・リゾート指定(ダラムサラ)、ヨガ・ニケタン・ゲストハウス指定(リシケシュ)
航空会社
タイ国際航空【指定】
座席クラス
エコノミー
食事回数
朝食9回 昼食9回 夕食8回
添乗員
同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数催行条件
1名
備考
※乗継地でのご搭乗手続きはお客様ご自身で行って頂きます。
※日本語ガイドがお世話します。
※インドの列車は原則として2等エアコン寝台を利用します。
※このコースは外務省の海外安全情報において「レベル2 不要不急の渡航は止めて下さい」というエリアが含まれます。なお、弊社では「レベル3 渡航は止めて下さい(渡航中止勧告)」のエリアの入ったツアーは催行していません。
※このコースにお申し込みの場合、インドのビザは必ず弊社で代行手配(9,180円)をご依頼いただく必要がございます。(パキスタンビザはご自身でのお手配も可能です/パキスタンビザ代行代金:8640円)
※減延泊して日本着が土・日になる場合、航空券代金が2000円アップします。
※2019FSCCMP-W

問い合わせ

東京本社

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町
1-13CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者
櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520
e-mail : info@fivestar-club.co.jp

大阪支店

〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者
本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515
e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ

観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL : https://www.fivestar-club.jp/

Recommend その他おすすめのツアー