• クリップする
  • メールで送る
  • 印刷する

最終更新日:2018年7月17日

ツアーコード:9P703-A

(9P703-A)

ペルー | 9日間

☆恋するペルー☆まるで映画や絵本の世界!☆絶景すぎるオアシス「ワカチナ」とマチュピチュに泊まる!☆クスコでのフリータイムも嬉しい!9日間≪アメリカン航空利用≫

ツアーのポイント

●ペルー到着初日は安心の日本語ガイドのオリエンテーション付
●絶景のオアシス「ワカチナ」と空中都市マチュピチュに泊まる!
●ワカチナ滞在中サンドバギーやサンドボーディングも可能です(オプション)
●ナスカの地上絵遊覧飛行オプショナルツアーのご用意もございます
●マチュピチュ遺跡入場券&バスチケット付き!
●マチュピチュは朝からたっぷり観光可能です
●世界遺産クスコでのフリータイムも嬉しい!
●リマではショッピングや観光に便利なミラフローレス地区のホテルをご用意!最終日はご出発までお部屋のご利用が可能です

旅のテーマ

  • 民族
  • 世界遺産
  • 遺跡
  • 大自然エコツアー
  • 滝
  • 聖地スピリチュアル
  • 世界の美しき田舎を訪ねる
  • 砂漠
  • 列車の旅

メール問合せ 電話問合せ

このツアーのみどころ

まるで映画や絵本の世界! 絶景すぎるオアシス「ワカチナ」へ

ワカチナ オアシス(イカ)

ワカチナ オアシス(イカ)

壮大な砂漠の中に突如としてあらわれる湖……これは映画のセット? それとも絵本の中の一場面?そんなふうに思ってしまいそうな神秘的で美しい景色が広がる小さな村。
それがペルー南西部イカ県にあるワカチナです。人口はたった100人ちょっとの小さな村ですが、リゾート地として訪れる人は多く、数百メートルある砂丘を利用したサンドバギーやサンドボーディング人気が高まっています(ホテルなどにて申込み可)。
砂漠を猛スピードで駆け回るサンドバギーは、まるでジェットコースターのようで迫力満点です。

真っ白な砂漠を大満喫!迫力のサンドバギーとサンドボード

ワカチナの砂漠ではサンドバギーとサンドボードを楽しめます。麓からサンドバギーで砂漠を上っていき、アップダウンをものともせずぐんぐん進んでいきます。周りが真っ白なので遠近感がよくわからなくなってくるほどですが、じかに風を受けるのでものすごいスピード感です。そしてもう一つのお楽しみはサンドボード。砂丘からあっという間にすべりおりる快感はたまりません。砂漠を満喫するのはもってこいのアクティビティです。

ワカチナで人気のスポーツ サンドボート(ワカチナ)

ワカチナで人気のスポーツ サンドボート(ワカチナ)

神秘的なマチュピチュを味わうなら高山病対策にもなるマチュピチュ宿泊プランがお勧めです!

マチュピチュ遺跡(マチュピチュ)

マチュピチュ遺跡(マチュピチュ)

クスコからマチュピチュへは日帰りも可能ですが、今はマチュピチュ村のホテルに1泊するのが一般的。クスコから同行して遺跡観光にご案内するガイドは、一通りの観光を終えたら先にクスコへ帰ります。遺跡の前にあるホテル「サンクチュアリーロッジ」のレストランでランチを取るのがお薦め。午後は遺跡に再入場(入場券は午後も使えます)して、違うルートをたどって自分たちで遺跡をゆっくり観光することも。その夜はマチュピチュ村に泊まります。村にはホテルやレストラン、土産物屋にインディヘナの市場などが軒を並べ賑やかで楽しい所です。次の日は朝からワイナピチュの山に登ったり、村の温泉に遊びに行ったり思いのままに過ごせます。

インカ帝国の中心地 標高3400mの世界遺産都市クスコ

「クスコ」とは、ケチュア語で「へそ」の意味。そう、かつてインカ帝国の首都として栄えたクスコは、ペルーにとってとても大切な都市なのです。マチュピチュへの起点都市となっていますが、クスコ自体とても魅力ある街なので、ぜひゆっくり観光してみましょう。16世紀後半にはスペイン人に征服されたクスコですが、インカとスペインの文化が融合し、今となってはとても美しい街となり世界遺産にも登録されています。まだ街に残る、インカの人たちが作った剃刀枚も通さないという精巧な石組みは必見です。クスコは標高が3400mと高く、また街の中は坂が多いので、時間に余裕をもってゆっくりと観光をするのがポイントです。

サクサイワマンにてアルパカと(クスコ郊外)

サクサイワマンにてアルパカと(クスコ郊外)

メール問合せ 電話問合せ
ワカチナの砂漠からサンセット鑑賞
ナスカの地上絵「オウム」

PAGE TOP

日程表

日程スケジュール食事・宿泊先
110:30〜19:00:成田又は大阪又は名古屋(乗継ぎ)
※大阪及び名古屋発は06:00~19:00となります。
夜:リマ
日本語ガイドによるオリエンテーションを行います。ホテルへ
リマではミラフローレス地区のホテルに宿泊します。
【リマ泊】
[ ][ ][ ]
2★1泊2日の身軽な準備で出発。
(スーツケースなど、大きな荷物はホテルに預けます)
※昼食もご用意がないため、ご準備いただくか各自ワカチナにてお召し上がり願います
バス停へ送迎(ドライバーのみ)
リマ(定期バス)イカ
着後、ホテルへ送迎
お泊りはワカチナ湖畔のホテル「モッソーネ」です。

各自砂漠のオアシスワカチナでお過ごしください
壮大な砂漠の中に突如としてあらわれる湖……これは映画のセット? それとも絵本の中の一場面? そんなふうに思ってしまいそうな神秘的で美しい景色が広がる小さな村。それがペルー南西部イカ県にあるワカチナです。ワカチナの人口はたった100人ちょっとですが、リゾート地として訪れる人は多く、数百メートルある砂丘を利用したサンドバギーやサンドボーディング人気が高まっています。(ホテルなどにて申込み可)。砂漠を猛スピードで駆け回るサンドバギーは、まるでジェットコースターのようで迫力満点です。
【ワカチナ泊】
[朝][ ][ ]
3午前:フリータイム

おすすめオプショナルツアー
☆世界遺産ナスカ地上絵観光(英語ガイド混載:ワカチナ発着)
セスナ機による上空からのナスカ地上絵遊覧飛行をお楽しみください(※ガイドは搭乗しません)
お一人様¥33000(お一人様参加時¥38000)
☆ワイナリーツアー(英語ガイド、混載、試飲込)
製造の工程などの説明があり、試飲します
お一人様¥8000(お一人様参加時¥10000)
午後:バス乗降場所へお送り
イカ(定期バス)リマ
着後、ホテルヘお送り(ドライバー)
【リマ泊】
[朝][ ][ ]
4空港へ送迎(ドライバーのみ)
朝又は午前:リマクスコ
着後現地係員のお出迎えを受け、インカの聖なる谷の駅、オリャンタイタンボへ
※オリャンタイタンボへ向かう前に、後に滞在するクスコのホテルに立ち寄ります。
大きな荷物を預け(貴重品は自己管理)、身軽にマチュピチュへ向かいます。

クスコオリャンタイタンボ
着後、インカの空中都市への拠点のマチュピチュ村へ列車で向かいます。
午後又は夕刻又は夜:オリャンタイタンボマチュピチュ村
※マチュピチュ村への往復列車は展望列車(エクスペディション)を利用します。
※ビスタドーム利用をご希望の場合は往復お一人様¥8000UPとなります

着後、ご自身でホテルへ
【マチュピチュ村泊】
[朝][ ][ ]
5朝又は午前:マチュピチュ遺跡観光(英語ガイド混載/約2時間)
(見張り小屋、太陽の神殿、日時計、居住区、コンドルの神殿、段々畑など)
※ツアーでは第1入場チケット(午前券)&往復バスチケットのご用意です。
※第1入場チケット(午前券)では遺跡滞在時間は入場より最大4時間、再入場はトイレ休憩など含め1回のみです。12:00以降の再入場不可です。
※日本語ガイドツアーや登山予約、午後券追加をご希望の場合は空きがある限り追加代金にてアレンジ可能です。詳細はご予約時にお問い合わせ願います。
※お手配にはパスポート情報が必須です。

観光後、ご自身でシャトルバスにて麓のマチュピチュ村へ。
※列車出発の30分前には改札を受け、ご自身でご乗車ください。
午後または夕刻:マチュピチュ村
夜:ポロイ
駅着後、ホテルヘ送迎(ドライバー)
【クスコ泊】
[朝][ ][ ]
6終日:フリータイム

※おすすめオプショナルツアー
☆クスコ市内&近郊観光(英語ガイド混載)
お一人様:¥10000
(町の中心アルマス広場、太陽の神殿跡に建てられたサントドミンゴ教会、インカの要塞跡サクサイワマン、沐浴場跡タンボマチャイ)
☆フォルクローレディナーショー(英語ガイド)
お一人様¥9,500(1名参加時¥10,500)
※英語ガイドはホテルからレストランまでは同行しますがお帰りはスペイン語ドライバーがホテルへお送りいたします。
【クスコ泊】
[朝][ ][ ]
7朝又は午前:現地係員が空港まで送迎(ドライバーのみ)
クスコリマ
着後、現地係員(ドライバー)がホテルへ送迎

ご出発までフリータイム(お部屋はご出発までご利用いただけます)
夜:空港へ送迎(現地語ドライバーのみ)
【機中泊】
[朝][ ][ ]
8(乗継ぎ)【機中泊】
[ ][ ][ ]
913:00~17:00:成田又は大阪又は名古屋
※大阪及び名古屋着は13:00~22:59となります。
[ ][ ][ ]

PAGE TOP

出発日を選んで、空き状況をメール問合せ

ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

燃油サーチャージ
【2018年05月21日~2018年08月14日】
大人 : 21,000円 (05/01現在目安)
【2018年08月15日~2019年03月31日】
大人 : 28,000円 (07/01現在目安)
現地出入国に
関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど 1人参加追加代金 68,000円

PAGE TOP

ツアーの詳細、催行条件、注意事項など

出発地成田 行き先ペルー
旅行期間9日 (延泊日数21日間まで可能)
利用ホテル/
グレード
ブエナビスタ指定(リマ)、ホテル・モッソーネ指定(イカ)、ホスタル・マチュピチュ指定(マチュピチュ村)、クスコプラザ2指定(クスコ)
航空会社アメリカン航空【指定】 座席クラス エコノミー
食事回数朝食6回 昼食0回 夕食0回
添乗員同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数
催行条件
1名
備考 ※出発日により観光の順序が変わる場合がございます。
※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※列車の重量制限などの関係で大きな荷物はクスコに預けて頂きます。(貴重品は自己管理)別途ナップザックなどご準備願います。
※リマ到着時を除き、各地でのガイドは英語ガイド(一部現地語ドライバー含む)となります。
※大阪発着は東京乗継ぎ(成田)となります。
※ツアー代金に含まれているマチュピチュ入場券はワイナピチュ入場は含みません。(ワイナピチュは事前予約が必要・有料)ワイナピチュ入場ご希望の場合は¥2,000追加にて承ります。尚、ワイナピチュ入場を含む入場券は払戻しができないため(買取り)、ご依頼後は万が一キャンセルの場合でもご返金不可になります。(¥12000)
※名古屋発着(東京乗継ぎ)の場合、東京発着料金に以下の料金追加で手配可能です。
アメリカン航空 ¥0up
※減延泊して日本着が土・日曜日になる場合、¥10,000UPとなります。
※減延泊して日本着が1/2・3になる場合は¥50,000UP、1/8になる場合は¥30,000UP、10/9、1/9になる場合は¥20,000UP、3/20になる場合は¥10,000UPとなります。(週末料金重複加算となります)
※2017FSCCMP
メール問合せ 電話問合せ

PAGE TOP

旅行企画・実施・問合せ

お電話での問合せは、
コースコード:9P703-Aとお伝えいただくとスムーズです。

お電話でのお問い合わせ

東京本社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-13
CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520

e-mail : info@fivestar-club.co.jp
大阪支店
〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515

e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ
観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL:https://www.fivestar-club.jp/
その他の確認事項

※本画面に記載してある最終更新日以降、情報が変更になっている可能性があります。

PAGE TOP