• クリップする
  • メールで送る
  • 印刷する

最終更新日:2018年6月6日

ツアーコード:9PW46-LA

(9PW46-LA)

ペルー | 8日間

学割あり!大空の覇者アンデスコンドルが舞う「コルカ渓谷」と美しき白い街「アレキパ」・古都クスコ・空中都市マチュピチュをめぐる8日間<ラタム航空利用>

ツアーのポイント

●成田ー北米間はJAL運航のコードシェア便利用
●ペルー到着初日は安心の日本語ガイドのオリエンテーション付
●マチュピチュ滞在だからたっぷり観光&体にも優しい
●名曲「コンドルは飛んでいく」でもおなじみのコンドルが舞う溪谷へ
●クスコ→チバイ間のバス運行曜日に合わせて各地延泊も可能です。
●朝食5回、計5食付き!
●うれしい学割&グループ割特典あり!
学生証提示でお一人様2,000円割引!(大学・大学院生、短大生、専門学生のみ)
グループ3〜4名様参加で、お一人様2,000円割引!
※割引特典の併用はできません
●ペルー世界遺産マチュピチュ、アレキパを観光
●おひとり様でも参加可能です(要おひとり様参加追加代金)

旅のテーマ

  • 秘境
  • 世界遺産
  • 遺跡
  • 大自然エコツアー
  • 滝
  • 聖地スピリチュアル
  • 世界の美しき田舎を訪ねる
  • ハネムーン
  • 列車の旅

メール問合せ 電話問合せ

このツアーのみどころ

大空の覇者アンデスコンドルが舞う「コルカ渓谷」と美しき白い街「アレキパ」・古都クスコ・空中都市マチュピチュをめぐる8日間

マチュピチュにて

マチュピチュにて

本コースは、ペルー2大観光地マチュピチュ、クスコに加え、大空の覇者アンデスコンドルが舞う「コルカ渓谷」と美しき白い街「アレキパ」も訪れます。前半は展望列車にてマチュピチュへ。高山病対策の為、標高約3500mのクスコではなく約標高2400mのマチュピチュの滞在する体にやさしいコース設定となっており、朝の人が少ない神秘的なマチュピチュの姿をご覧いただけます。後半は名曲「コンドルは飛んでいく」でもおなじみのコンドルが舞う溪谷へ。グランドキャニオンよりも深いコルカ峡谷の壮大なスケールに圧倒されることでしょう。

これぞアンデス山脈の魅力!コンドルが飛ぶペルーの谷へ

ペルー南部に位置するコルカ渓谷(カニョン・デ・コルカ)は、アメリカのグランド・キャニオンよりも深いとも言われる渓谷。ここは、かつてインカの時代に神の使いとして敬われていたコンドルの谷でもあります。 この渓谷では、かなりの確率でコンドルに会うことができます。大きな翼で空中を滑るように飛翔しています。遠目にはなかなかその大きさを実感できませんが、両翼を広げると3mにもなり間近で見るその迫力と感動は、とても言葉に表すことができません。今も昔も、コンドルはアンデスの人々にとって聖なる存在なのです。

コルカタ谷のミラドールよりコンドルを見る

コルカタ谷のミラドールよりコンドルを見る

山ガールもそうでないあなたも!女子旅にもおすすめのマチュピチュ

マチュピチュ山 頂上にて

マチュピチュ山 頂上にて

一生に一回は見てみたいマチュピチュ。世界の裏側まで、その絶景を見に行きませんか?マチュピチュへは、少し早起きをして行くのがおすすめ。まだ人が少ないマチュピチュ、霧がかった幻想的な風景にまるで夢の中にいるかのような神秘的な空気に包まれます。目の前に広がる段々畑と遺跡群からは、インカ帝国の底力を感じることでしょう。また、マチュピチュを訪れたからには是非ワイナピチュにも上って、マチュピチュを遠景から眺めてみましょう。ワイナピチュへは、ゆっくり上っても約1時間半で登頂できます。頂上から見る景色は息をのむほど美しく、時を忘れるほど。存分にその景色を堪能し、たくさんパワーをもらって帰りましょう!

シウダー・ブランカ(白い町)」アレキパの魅力

リマに次ぐペルー第2の都市アレキパの中心部は、アレキパ歴史地区としてユネスコの世界文化遺産にも登録されています。建物の多くが近郊で採れる白い火山岩で造られているため、別名「シウダー・ブランカ(白い町)」と呼ばれています。コンドル見学ツアーの起点として素通りすることも多いのですが、標高は約2300mと高山病対策にもなるので、1泊するのがお勧めです。カテドラルや修道院などが点在しており、治安も良いので街歩きも楽しめます。また町からは富士山に似たシルエットの「ミスティ山」の雪景色も美しく印象的です。

アレキパ近郊のサンミゲル教会(アレキパ)

アレキパ近郊のサンミゲル教会(アレキパ)

メール問合せ 電話問合せ
ワイナピチュからマチュピチュ遺跡を見下ろす
アルマス広場にて

PAGE TOP

日程表

日程スケジュール食事・宿泊先
117:25頃:成田(ラタム航空/JAL運航の共同運航便)
11:20頃:ロサンゼルス
着後、米国の出入国審査があります

13:55頃:ロサンゼルス(ラタム航空)
00:15頃:リマ
着後、ホテルへ送迎(現地語ドライバー)
その後、ホテルにて日本語ガイドがスケジュールの確認とご案内をいたします。
【リマ泊】
[ ][ ][ ]
2空港へ送迎
朝:リマクスコ 
着後現地係員のお出迎えを受け、インカの聖なる谷の駅、オリャンタイタンボへ
※オリャンタイタンボへ向かう前に、後に滞在するクスコのホテルに立ち寄ります。
大きな荷物を預け(貴重品は自己管理)、身軽にマチュピチュへ向かいます。

クスコオリャンタイタンボ
着後、インカの空中都市への拠点のマチュピチュ村へ列車で向かいます。
午後又は夕刻又は夜:オリャンタイタンボマチュピチュ村
※マチュピチュ村への往復列車は展望列車(エクスペディション)を利用します。ビスタドーム利用をご希望の場合はお1人様¥8,000upとなります。
着後、ご自身でホテルへ
【マチュピチュ村泊】
[朝][ ][ ]
3朝又は午前:マチュピチュ遺跡観光(英語ガイド混載/約2時間)
(見張り小屋、太陽の神殿、日時計、居住区、コンドルの神殿、段々畑など)
※ツアーでは第1入場チケット(午前券)&往復バスチケットのご用意です。
※第1入場チケット(午前券)では遺跡滞在時間は入場より最大4時間、再入場はトイレ休憩など含め1回のみです。12:00以降の再入場不可です。
※日本語ガイドツアーや登山予約、午後券追加をご希望の場合は空きがある限り追加代金にてアレンジ可能です。詳細はご予約時にお問い合わせ願います。
※お手配にはパスポート情報が必須です。
※ツアー代金に含まれているマチュピチュ入場券はワイナピチュ入場は含みません。(ワイナピチュは事前予約が必要・有料)ワイナピチュ入場ご希望の場合は¥2,000追加にて承ります。尚、ワイナピチュ入場を含む入場券は払戻しができないため(買取り)、ご依頼後は万が一キャンセルの場合でもご返金不可になります。(¥12000)

午後又は夕刻:マチュピチュ村ポロイクスコ
着後ホテルへ
(ポロイにてドライバ−のお出迎えを受けホテルへ)
【クスコ泊】
[朝][ ][ ]
4早朝:専用車にてバス停へ(ドライバーのみ)
※クスコ→チバイのバスは火・木・土限定です。減延泊の際ご注意願います

朝:クスコ06:45発、バスにてコルカ渓谷観光の拠点・チバイ村へ(所要時間:約8時間45分前後)
午後:チバイ15:30頃着後、お客様ご自身でホテルへ
その後、フリータイム(ローカルな天然温泉などお楽しみください)
【チバイ泊】
[ ][ ][ ]
5朝:英語ガイド混載ツアーにて野生のコンドルの観察ポイントであるクルス・デル・コンドルへ(約1時間半)
道中、美しいコルカ渓谷(カニョン・デル・コルカ)のパノラマをお楽しみ下さい。
クルスデルコンドル着後、渓谷を飛び交うコンドルをご覧いただけるチャンスがあります(約1時間滞在)
その後、小さな村々に立ち寄り、展望台で渓谷を見学しながらチバイ村へ戻ります。

午後:チバイ村着後、昼食を各自で取り、その後混載車にてアレキパへ
夜:アレキパ着後、ホテルへ
【アレキパ泊】
[ ][ ][ ]
6午前:英語ガイドと共に世界遺産アレキパ半日観光(アルマス広場、カテドラル、サンタ・カタリーナ修道院など)※サンタ・カタリーナ修道院、ラ・コンパーニャ教会のみ入場でほかは外観のみの観光となります。
白き美しき街の景観をお楽しみ下さい!

午後又は夕刻:現地係員が空港まで送迎
アレキパリマ
着後、各自乗り換え
夜:現地係員(ドライバー)が空港まで送迎
【機中泊】
[朝][ ][ ]
7深夜:リマ(ラタム航空)
08:00~08:55頃:ロサンゼルス又はニューヨーク

13:15頃:ロサンゼルス又はニューヨーク(ラタム航空/JAL運航の共同運航便)
【機中泊】
[ ][ ][ ]
816:25~16:55頃:成田[ ][ ][ ]

PAGE TOP

出発日を選んで、空き状況をメール問合せ

ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
¥294,000
29
 
30
¥294,000
31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
燃油サーチャージ
【2018年01月09日~2018年12月31日】
大人 : 0円 (01/01現在目安)
現地出入国に
関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど 1人参加追加代金 60,000円

PAGE TOP

ツアーの詳細、催行条件、注意事項など

出発地成田 行き先ペルー
旅行期間8日 (延泊はお問い合わせください)
利用ホテル/
グレード
ホスタル・ブエナ・ビスタ指定(リマ)、マチュピチュ・ホスタル指定(マチュピチュ村)、アマル・オスタル・コロニアル(旧・アマル2)指定(クスコ)、カサ・アンディーナ・スタンダード・コルカ指定(チバイ)、ホテル・ラ・カーサ・デ・ミ・アブエラ指定(アレキパ)
航空会社ラタム航空【指定】 座席クラス エコノミー
食事回数朝食3回 昼食0回 夕食0回
添乗員同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数
催行条件
1名
備考 ※出発日により観光の順序が変わる場合がございます。
※リマ到着時を除き、各地でのガイドは英語ガイド(一部現地語ドライバー含む)となります。
※列車の重量制限などの関係で大きな荷物はクスコに預けて頂きます(貴重品は自己管理)。別途ナップザックなどご準備願います。
※3日目はマチュピチュ遺跡入場券(午前券)&バスチケット、英語混載ガイドツアーが含まれます。登山は含まれません。
※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※動物は自然のものですので見られない場合もございますのでご了承ください。
※冬場(12月〜4月)はアレキパ周辺の天候が不安定のため、大幅にスケジュールが変更になる場合があります。
※コルカ観光の際の入場料(70ソーレス)は現地払いです。
※大阪発着は東京乗継ぎとなります。
メール問合せ 電話問合せ

PAGE TOP

旅行企画・実施・問合せ

お電話での問合せは、
コースコード:9PW46-LAとお伝えいただくとスムーズです。

お電話でのお問い合わせ

東京本社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-13
CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    櫻本 竜市

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520

e-mail : info@fivestar-club.co.jp
大阪支店
〒530-0012 大阪市北区芝田2-7-18
オーエックス梅田ビル新館3F
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515

e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ
観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL:https://www.fivestar-club.jp/
その他の確認事項

※本画面に記載してある最終更新日以降、情報が変更になっている可能性があります。

PAGE TOP