• クリップする
  • メールで送る
  • 印刷する

最終更新日:2017年8月28日

ツアーコード:KP097

(KP097)

ポーランド・リトアニア | 8日間

日本語でアウシュビッツをご案内!!☆日本のシンドラー・杉原記念館も訪問☆現代史を探るポーランド&リトアニアの旅

ツアーのポイント

●150万人の犠牲を出したアウシュビッツを訪問
●アウシュヴィッツの観光は日本語でご案内
●6000人以上を救った杉原記念館訪問
●ポーランド・リトアニアを周遊し、現代史に迫ります
●ポーランドの古都 クラクフに2連泊
●ポーランドの首都 ワルシャワにステイ
●世界遺産リトアニアのビリニュスに滞在

旅のテーマ

  • 列車の旅
  • 世界遺産
  • 体験する旅 学ぶ旅

メール問合せ 電話問合せ

このツアーのみどころ

アウシュビッツ&杉原記念館訪問
現代史を探る ポーランド&リトアニアの旅

アウシュビッツ(オシフェンチム)は 人類の負の遺産

アウシュビッツ(オシフェンチム)は 人類の負の遺産

第2次世界大戦中、ナチス占領下の土地からユタ゛ヤ人などが捕えられたアウシュヒ゛ッツ収容所。ここで殺された人々の数は150万人を超えるといわれています。かたや、そのナチスから逃げるため日本へ通過ヒ゛サ゛を求めたユタ゛ヤ人たちは、本国の意向に背いたリトアニアの領事代理・杉原千畝により命を救われます。その数なんと6000人以上!この旅は、アウシュヒ゛ッツと杉原記念館を訪問し、永遠に記憶にとどめておきたい現代史に迫ります。しっかり説明を聞きたいアウシュヒ゛ッツでは日本語にてご案内。住宅の中にあり場所がわかりにくい杉原記念館へは専用車でご案内します。もちろん、中世の町クラクフ、ヒ゛リニュスなど見どころ満載の旅でもあります。

人類の負の遺産、誰もが見ておきたいアウシュビッツ

クラクフ郊外にあるアウシュビッツは、ナチスドイツによるユダヤ人強制収容所。もともとはポーランドの政治犯を収容するための施設が、後にユダヤ人を次々に収容し虐殺するためのまさに「殺人工場」と化し、計130万人ものユダヤ人が殺されたと言います。別天地で幸せに暮らせると騙されて列車で連れて来られたユダヤ人たちは選別され、強制労働かガス室行かが即座に決定されたとか、あまりにも悲惨な説明を聞かされるのです。毛髪を編んで布地にしたとか、メガネや靴や鍋や皿の信じられないほどの山。今から70年ほど前に実際に起こった狂気の出来事を目の当たりにすることで、訪れた者は皆が平和の大切さを再認識させられるはずです。

アウシュビッツ強制収容所(オシフィエンチム)

アウシュビッツ強制収容所(オシフィエンチム)

リトアニア、カウナスにある「日本のシンドラー」杉原記念館は必見

杉原記念館(カウナス)

杉原記念館(カウナス)

1940年、ナチスドイツから逃れようとリトアニアに移り住んでいたポーランド系ユダヤ人約6000人もの命を救った日本人として有名な杉原千畝氏。リトアニアの古都カウナスの日本領事部で副領事をしていた彼は、日本政府の反対を押し切って、人道的立場から、そのユダヤ人たちに日本の通過ビザを発給し、おかげで彼らはアメリカやオーストラリアに逃げることができ命を救われたのでした。日本領事部の建物は現在杉原記念館となっていて、当時を知るための貴重な資料が展示されています。氏の生い立ちから、すくわれたユダヤ人のインタビューまでをまとめたビデオは感動的です。玄関の門には「希望の門。命のヴィザ」と書かれているのが印象的です。

世界遺産の古都クラクフは町並みがすばらしい!

17世紀初頭にワルシャワに都が移るまで、ポーランド王国の都として、ここクラクフは長い歴史の中で栄えてきました。今では古都として、その風格ある歴史をあちこちに残し、訪れる旅人を魅了しています。ちょうど徒歩で観光できる規模の町並みは、フリータイムに自分の足でぶらぶら散策するのが楽しいところ。石畳の小道を歩いていくと、中央広場に抜けます。そこにある威風堂々たる建物が13世紀の貿易センター的存在だった織物会館です。またポーランド王室が500年にわたって王政を司っていたヴァヴェル城も必見です。クラクフはまさにポーランドで一番の歴史的建造物の宝庫なのです。

クラクフ

クラクフ

メール問合せ 電話問合せ
旧市庁舎
大聖堂

PAGE TOP

日程表

日程スケジュール食事・宿泊先
114:00~20:00:大阪東京
21:00~23:30:東京(乗継ぎ)
【機中泊】
[ ][ ][ ]
2午後:ワルシャワ【ワルシャワ泊】
[ ][ ][ ]
3午前:ワルシャワ(2等指定)クラクフ
午後:フリータイム
約550年間ポーランド王国の都として栄えたクラクフは世界遺産に指定されています。
【クラクフ泊】
[朝][ ][ ]
4終日:アウシュビッツ強制収容所見学
日本語アシスタントが定期バスを利用し、ご案内します。
第2次世界大戦中、ナチス・ドイツ占領下の土地からユダヤ人、ポーランド人、ロマ、共産主義者などが捕らえられ、各地の強制収容所に送られました。
その中でも最も世に知られるのがクラクフの西にあるアウシュビッツです。ここで殺された人々の数は150万人に上るといわれています。
人類の負の遺産ともいうべきアウシュビッツは世界遺産に登録されています。
【クラクフ泊】
[朝][ ][ ]
5朝又は午後:クラクフ(乗継ぎ)
ビリニュス
ビリニュスカウナス
ビリニュス到着後、専用車にてカウナスへ。
カウナスは中世の面影を残すリトアニア第2の町です。
【カウナス泊】
[朝][ ][ ]
6出発までフリータイム
午前:カウナス(専用車)杉原記念館(専用車)ビリニュス
専用車にて杉原記念館へ。第2次世界大戦初期、ナチスの迫害を逃れるため日本通路に活路を求めたユダヤ人に本国の指示に背いてまでビザを発行した杉原千畝氏。ビザの発給により6000人以上のユダヤ人の命が救われました。「日本のシンドラー」ともいうべき彼の功績をたたえた杉原記念館を訪問します。

ビリニュス着後 フリータイム
【ビリニュス泊】
[朝][ ][ ]
7出発までフリータイム
午後又は夕刻:ビリニュス(乗継ぎ)
【機中泊】
[朝][ ][ ]
818:00~19:30:東京[ ][ ][ ]

PAGE TOP

出発日を選んで、空き状況をメール問合せ

ご希望の出発日・旅行代金をクリックしてください。

燃油サーチャージ
【2017年06月01日~2017年08月21日】
大人 : 18,500円 (06/21現在目安)
【2017年08月22日~2018年04月30日】
大人 : 11,500円 (06/21現在目安)
現地出入国に
関する費用その他
代金に含まない(旅行代金と共に支払い)
オプションなど 1人参加追加代金 73,000円

PAGE TOP

ツアーの詳細、催行条件、注意事項など

出発地成田 行き先ポーランド・リトアニア
旅行期間8日 (延泊日数21日間まで可能)
利用ホテル/
グレード
MDM指定(ワルシャワ)、ショパン指定(クラクフ)、アンバートン・コージー指定(カウナス)、IVOLITA・ヴィリニュス・ホテル指定(ビリニュス)
航空会社ターキッシュエアラインズ【指定】 座席クラス エコノミー
食事回数朝食5回 昼食0回 夕食0回
添乗員同行しませんが現地係員がお世話します。
最小催行人数
催行条件
1名
備考 ※乗継地でのご搭乗手続きはお客様自身で行っていただきます。
※空港・駅〜ホテル間の移動は各自負担となります。
※3日めは日本語アシスタントがご案内します。
※4日め、5日めは専用車にてご案内します。但しガイドはつきません。
※減延泊して日本着が土・日になる場合、¥5,000UPとなります。
※減延泊して日本着が8/12・13・19・20、9/23・24になる場合、¥15,000upとなります。
※減延泊して日本着が1/2・3になる場合、¥20,000upとなります。
※減延泊して日本着が1/6〜8になる場合、¥40,000upとなります。
※減延泊して日本着が3/16〜31になる場合、¥5,000upとなります。
※減延泊して日本着が5/5・6になる場合、¥30,000upとなります。
メール問合せ 電話問合せ

PAGE TOP

旅行企画・実施・問合せ

お電話での問合せは、
コースコード:KP097とお伝えいただくとスムーズです。

お電話でのお問い合わせ

東京本社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-13
CONVEX 神保町8F(A7出口)
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    脇坂理恵子

電話番号: 03-3259-1511
FAX番号: 03-3259-1520

e-mail : info@fivestar-club.co.jp
大阪支店
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1-1-26
松本ビル9F
総合旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者    本山 泰久

電話番号: 06-6292-1511
FAX番号: 06-6292-1515

e-mail : osa@fivestar-club.co.jp

旅行企画・実施

株式会社ファイブスタークラブ
観光庁長官登録旅行業 第1606号 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員・ボンド保証会員
営業時間 月〜金 10:00〜18:00 /  土 10:00〜16:30 / 日・祝 休み
URL:http://www.fivestar-club.jp/
その他の確認事項

※本画面に記載してある最終更新日以降、情報が変更になっている可能性があります。

PAGE TOP