Tour Special Feature.

コルマールとアルザスワイン街道

ドイツと国境を接し、その領土になったこともあるアルザス地方。文化や風景にもドイツの影響が色濃く残っています。そしてその中でも最も魅力的な場所が「アルザスワイン街道」。ワイン造りで有名な村がずらりと並び、どの村も絵本のように可愛らしい家並みが続きます。「でもワイン飲めないしなあ…」そんな心配はご無用!ドイツの「ロマンチック街道」以上の魅力を秘めた「アルザスワイン街道」は、ワインが飲めない人でも十二分に楽しめる場所なのです。

CONTENTS

アルザスワイン街道特集

RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 1

コルマールとアルザスワイン街道について

アルザスワイン街道での必要滞在日数
たくさんの見どころがあるアルザスワイン街道では最低2泊、出来れば3泊でゆっくり周遊したいところ。アルザスワイン街道の中心コルマールで2泊、アルザスのゲートウェイ・ストラスブールで1泊し、その間リクヴィル、カイゼルスベルクなどの小さな町や村を専用車で周遊するのが理想的です。じっくり観光するならコルマールからローカルバスを利用するという方法も良いでしょう。
コルマール
まるでおとぎ話に出てくるような木組みの家が、石畳の小道に沿って建ち並ぶコルマール。中世の姿をそのまま残した町中には運河が流れ、「小さなベニス」とも呼ばれています。ドイツとの国境に近くアルザスワイン街道の中心の町でもあるこの町は、ロマンチック街道にも引けを取らない可愛い町並みが魅力です。木漏れ日が温かい季節になれば、小舟に乗って運河を進みロマンチックな気分で町並みを眺めるのも一興です。
リクヴィル
美しい景観を持つアルザスの町の中でも、とりわけ絵になる美しさとして観光客に人気が高いリクヴィルです。「ブドウ畑の真珠」という別名の通り、古くからワイン造りの村として知られ、ブドウ畑に囲まれているこの村。きっとワインが飲めない人でもその可愛らしい町並みに心を奪われるはず。オススメはブドウ畑から眺める景色。緑色の絨毯の中に建つアルザスの伝統的な家並みは、絵はがきの中から出てきたような美しさです。
カイゼルスベルク
カイゼルスベルクはノーベル平和賞のシュヴァイツァー博士の故郷としても知られ、ローマ時代からの歴史を持つ情緒たっぷりの町です。木組みの家は絵本から抜け出したように可愛らしく、町中では本場アルザスワインの試飲ができる「カーヴ」があり、ワイン好きにも最高です。石畳に道に沿ってカラフルで美しい木組みの家が軒を連ね、それがホテルやレストランだったり、ブティックだったりカフェだったり、どれもが魅力的で立ち寄って覗いてみたくなります。
リボーヴィレ
ブドウ畑に囲まれたアルザスの村リボーヴィレ。「グラン・クリュ」という特級クラスのワインをつくる産地として有名ですが、実はこの町を語る上でもう一つ外してはならないのがコウノトリの存在。アルザスでは長くコウノトリの保護活動が行われていて、リボーヴィレの近郊ユナヴィルという場所では繫殖センターも設置されているほど。リボーヴィレの町ではそんなコウノトリの姿があちこちで見られ、「コウノトリの里」とも呼ばれています。
ニーデルモンシュヴィル
人口わずか530人ほどのアルザスの田舎町ニーデルモンシュヴィル。ブドウ畑の中にポツンと佇み、10分もあれば1周出来てしまうほどの小さなこの村は、「ジャムの妖精」が暮らしていることで知られています。妖精ことクリスティーヌ・フェルベール氏の作るジャムは、世界で高い評価を受けている高級ジャムです。アルザスの苺をふんだんに使用したイチゴジャムをはじめ、ワイン、バラの実、ルバーブなどユニークな味も気になります。
ストラスブール
アルザス街道のゲートウェイであるストラスブール。EUの欧州議会の本会議場も置かれていて、アルザスの中心都市とも言える町です。ここへはKLMオランダ航空なども就航しており、日本から乗り継ぎ1回で行くことが出来ます。ドイツとの国境が近くその影響を強く受けているこの町が特に活気づくのはクリスマスシーズン。ドイツのクリスマスマーケット以上に賑やかなクリスマス市(マルシェ・ド・ノエル)が開かれ、綺麗なイルミネーションやオーナメントが町を彩ります。
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 2

アルザスワイン街道でできること

実はクリスマスツリー発祥の地であるアルザス。定番のワイナリー巡りや町散策もいいですが、
11~12月のクリスマスマーケットを訪れるのも素敵です。

絵本のような可愛い村々を巡る!

パリだけじゃない!フォトジェニックな景色を求めていざアルザスへ!
パリの洗練された美しい街並みに憧れる女性は多いですが、フランスの真の魅力は田舎町にこそあると言う人も多いです。ドイツとの国境近くに位置し、その影響を強く受けたアルザス地方。絵本のように可愛らしい運河の町コルマール、アルザスの伝統的な家並みが続き「ブドウ畑の真珠」とも称されるリクヴィルなど見どころ満載!本場のアルザスワインを楽しみながら町散策に繰り出してみましょう!

運河の町・コルマールで船旅を楽しむ!

ジブリの世界のような景色にうっとり。小舟に乗って運河巡りを楽しみたい
ライン川の上流にあるコルマールは、アルザス地方特有の木骨組みの建物と石畳が美しい運河の町。戦争による被害がほとんどなく、ルネッサンス時代の景色が今もなお保たれています。パステルカラーに彩られた建物と壁を飾る花が可愛らしく、ジブリ映画「ハウルの動く城」のモデルになった町とも言われています。ここでは是非小舟に乗って優雅に運河巡りを。石畳を歩いている時とはまた違った視点で、カラフルな町を楽しむことが出来ますよ。

アルザスワイン街道でアルザスワインを賞味!

アルザスワインの本場で、ここでしか出会えない運命の1本が見つかるかも!?
フランスを代表するワインの産地アルザス。ドイツとの国境が近いこの地域ではドイツ系のブドウ品種が多く、フルーティーでありながらスッキリとした辛口の白ワインがポピュラーです。ブドウ畑に囲まれたアルザスワイン街道の村々には、ワインのテイスティングをさせてくれるワイナリーも多く、中には製造過程を見学させてくれるところも。グルメの街で郷土料理と共にいただくアルザスワインはまた格別の美味しさです。

コウノトリの暮らす町へ

「幸福を運ぶ」コウノトリと共に暮らす町
リボーヴィレ
「幸せを運んでくれる鳥」として愛されているコウノトリ。アルザスへ行くと度々お土産物屋さんで赤いくちばしのコウノトリを模したぬいぐるみや、ポストカードなどが売られているのを見かけます。温暖化の影響で絶滅に瀕していたコウノトリですが、保護活動の甲斐があって今ではリボーヴィレの街中でその姿を確認することが出来ます。アルザスらしい可愛らしい建物を見ていると、屋根のてっぺんにコウノトリの大きな巣が!そう、ここは人とコウノトリが暮らす町なのです。

ドイツの影響を受けたアルザス料理を堪能する

高級食材からかわいいスイーツまで!美食を楽しむアルザス料理
フォアグラの産地としても知られるアルザス地方には、ドイツの影響を受けた名物料理がたくさん見られます。ザワークラウトと豚肉を白ワインで煮込み、腸詰類を盛り合わせたローカルフード「シュークルート」は豪快かつ満足度の高い一品。他にも薄いピザ生地にチーズクリームやベーコン、玉ねぎを乗せた熱々の「タルト・フランベ」を、仲間とシェアして楽しい時間を過ごすのがアルザス流。クリスマスシーズンによく目にするクグロフもアルザス発祥のスイーツとして有名です。

コンフィチュール本家で究極のジャムを買う

日本でも有名な高級ジャム「クリスティーヌ・フェルベール」をお手頃価格で!
中世の町並みが美しいニーデルモルシュヴィルでは、街歩きはもちろんのこと名物のジャムを購入したいところ。その抜群のセンスから「ジャムの妖精」とも呼ばれるクリスティーヌ・フェルベール氏。彼女の手作りコンフィチュール(ジャム)の本店「メゾン・フェルベール」がここニーデルモルシュヴィルにあります。その味はアラン・デュカス氏など食のスペシャリスト達からも大絶賛される美味しさで、日本でも高級コンフィチュールとして知られています。
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 3

コルマールとアルザスワイン街道のおすすめホテル

ル・シャンバール Le chambard

スーペリア

外観はアルザスの伝統的な建物ですが、内装はとびきりオシャレでスタイリッシュなオーベルジュ。シェフのオリビエさんは2007年にMOF(フランス最優秀技術者賞)を受賞された方。ミシュラン2ツ星に輝く独創的な料理の数々は見た目に違わない美味しさです。

ル・マレシャル Le Marechal

スーペリア

16世紀の木骨組みの家を改装したオーベルジュ。運河に面した最高のロケーションが魅力です。レストランの料理も美味しいので、泊まらずとも食事のために訪れても良いと思えるほど。是非とも運河側の席をリクエストしてロマンティックなひと時を過ごしてみては?

ラ・メゾン・デ・テット La Maison des Tetes

スーペリア

コルマールの旧市街に建つ建物の中でも、最も有名なものの一つ。1609年に建てられ、“頭の家”という名前の通り、家の正面にはなんと105の小さな顔の彫刻が施されています。ここはそんな建物を改装したオーベルジュで、ミシュランの星付きレストランの料理を味わえます。
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 4

コルマールとアルザスワイン街道のおすすめツアー

EF851

アルザスの街とルクセンブルクを気ままに観光
絵のように美しい町コルマールに2連泊!!☆美しきアルザスの町・2都市周遊&ルクセンブルク☆ヨーロッパの縮図のような町々を巡る
7日間
131,000円〜
ツアー詳細

EF202

ワインの本場・アルザスでちょっと贅沢なグルメ旅
ワインの故郷&食いしん坊の聖地へ!!☆ワインの王様ブルゴーニュと美食の都リヨン☆美しき中世の村々・アルザス・ワイン街道も周遊
8日間
163,000円〜
ツアー詳細

EF203

「ハウルの動く城」の舞台!コルマールに2連泊
絵本の世界そのままの魅力的な中世の村々☆アルザス・ワイン街道に2連泊☆ストラスブール・コルマール・パリ周遊
8日間
162,000円〜
ツアー詳細

EF212-SP

旧市街が世界遺産のストラスブールを訪問!
アルザスの中心 世界遺産のストラスブールとオペラ座界隈のかわいいプチホテル滞在パリ
6日間
133,000円〜
ツアー詳細

EH018

列車で巡るベルギー&ルクセンブルグ&フランス
ラテン文化とゲルマン文化の交差点☆ヨーロッパのハート・ヨーロッパの縮図☆ベルギー・ルクセンブルク・アルザス周遊
9日間
156,000円〜
ツアー詳細

EF502

「ブドウ畑の真珠」美しきリクヴィル訪問
アルザス地方のおとぎ話のような村々を専用車で周遊☆ワイナリーも訪問 美しき田舎アルザス・ワイン街道☆ストラスブール&コルマール
7日間
161,000円〜
ツアー詳細
RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 5

コルマールとアルザスワイン街道への旅モデルコース

[ EF501 ]

モデルコースのポイント

「ブドウ畑の真珠」リクヴィル

リクヴィルはワイン造りの村としても知られ、「ブドウ畑の真珠」とも呼ばれるフランスで最も美しい村の1つです。木組みの建物が通りに面してずらっと建ち並ぶ景観は思わず写真を撮りたくなる可愛さ。ワインの他にも、クグロフやマカロン、アルザス名物のコウノトリのおみやげグッズなど女子の心をくすぐる楽しいお店もいっぱいです。鐘楼まで行くとカラフルな木組みの家が連なり、窓には赤やピンクのゼラニウムが咲いていてとてもメルヘンな世界です。

アルザス地方の中心都市
ストラスブール

ドーデの小説「最後の授業」の舞台ともなったストラスブール。ドイツとの国境に近いため、幾多の歴史に翻弄されてきたこの場所。「明日から授業でフランス語が使えなくなる」というフレーズは有名です。アルザス地方の中心都市であり、EUの本会議場もあるストラスブールは、ブルゴーニュやボルドーと並ぶフランスワインの名産地・アルザスワインの本場です。日中はノートルダム大聖堂や美術館巡りをし、夜には美味しいワインをお供にグルメ三昧もいいですね。

メルヘン気分が味わえるコルマール

ドイツとの国境付近にある運河の町コルマール。その複雑な歴史的背景から、ドイツらしい木組みの建物が多く見られます。コルマールはアルザスワイン街道の中でもとりわけ旅人からの人気が高く、どこを撮っても絵になる美しさ。花に溢れたメルヘンな町並みは、石畳を歩いて散策するのもいいですが、ここでは是非小舟に乗って運河を巡ってみましょう。ドイツのロマンチック街道に負けない、可愛らしい町の虜になること間違いなしです。

モデルコースの行程

このコースはアルザスワイン街道を堪能できるお勧めコースです。街道沿いには中世の面影を残す小さな村々や古城などが点在しています。赤レンガ色の屋根が密集し「アルザスワイン街道の真珠」とも呼ばれるリクヴィル村、パステルカラーの家並みがかわいらしいカイゼルスベルクなど、このコースではそんな村々を専用車で効率よくご案内します。途中、ワイン造りで有名な村を訪問しワイナリーの見学とテイスティングも。もちろん気に入ったらワインの購入も可能です。まるでおとぎ話の世界のようにロマンチックなアルザス地方を観光した後は、人気のパリにも立ち寄ります。

1日目

10:00〜15:00:成田発

到着後ご自身でホテルへ移動をお願い致します。
【ストラスブール泊】

2日目

終日:フリータイム

ストラスブールはアルザスの中心。
ドイツの香りのするフランス東部の町です。旧市街は世界遺産に指定されています。
【ストラスブール泊】

3日目

ストラスブール→オークニクスブール城→リグヴィル→ニーデルモルシュヴィル→カイゼルスブルグ→コルマール

終日:アルザス・ワイン街道観光
アルザスの小さな町や古城を専用車でご案内いたします。
※この日の観光はタクシーでのご案内となります。また英語ドライバーがご案内いたします。(英語は片言しか話せません)各地での観光はご自身でお願いします。観光にともなう入場料、昼食代は含まれておりません。
【コルマール泊】

4日目

終日:フリータイム

【コルマール泊】

5日目

午前:コルマール(ストラスブール乗継ぎ)→(TGV)パリ

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
【パリ泊】

6日目

午前:パリ発

ご自身で空港へ移動をお願い致します
【機中泊】

7日目

07:00~13:00:成田発

RECOMMENDED TOUR RECOMMENDED TOUR 6

[ EF852 ]

モデルコースのポイント

ドイツ風の木組みの町並みが美しい
コルマール

アルザスワイン街道の中心的な町コルマール。ドイツ風の木骨組みの家並みも美しく、町中に運河が流れていることから「プティット・ベニス(小さなベニス)」とも呼ばれます。戦争の被害を受けなかったことからルネッサンス時代の建物が今なお残り、多くの旅人を魅了しています。石畳の道を散策して好みのカフェを探したり、可愛いお土産物を見て回ったり。小舟で運河を遊覧するのも風情があります。

運河の街ブルージュで中世の世界に
タイムスリップ

中世にタイムスリップしたかのような美しい運河の町ブルージュは、とりわけ女性に人気のある町です。運河を舟で周遊したり、運河沿いのレストランでグルメを楽しんだり。名産品のレース編みの小物やブラウス、テーブルクロスなどを多彩に揃えた土産物屋も必見。夜は広場を取り囲む建物もライトアップされ、運河にもオレンジ色の灯りが揺れ、ロマンチックなムードが漂います。グルメの街ブルージュでは、名物ムール貝のワイン蒸しを味わってみてはいかがでしょうか。

深い緑と城塞に守られた美しい街
ルクセンブルク

ルクセンブルクを訪れた時、ここが他のヨーロッパの街とはどこか違う雰囲気を持つことに気づくでしょう。素朴で美しい旧市街は、深い緑と天然の要塞に守られゆっくりとした時間が流れます。フランスとドイツ、ベルギーに囲まれたルクセンブルクはヨーロッパの要衝とされ、周辺各国から度重なる侵略を受けた歴史があります。その末に出来上がった旧市街は世界遺産に指定されるほどの美しさ。街歩きの後は賑やかな街角のテラスでワインを味わうのも楽しみです。

モデルコースの行程

20世紀の終わり、長い対立が幕を閉じた後ヨーロッパの中にEUができました。EUの主要機関は今までの歴史を考慮して、ゲルマン・ラテンの2つの民族文化が融合された場所に置かれるようになりました。それがこのツアーで訪れるブリュッセル・ルクセンブルク・ストラスブール…つまりEU本部のあるブリュッセル、EU裁判所のあるルクセンブルク、欧州議会のあるアルザスのストラスブールなのです。もちろん、これら3都市はEUの機関があるだけではありません。それぞれ旧市街が世界遺産に指定されている世界遺産シティでもあるのです。2大文化の融合は詰まるところヨーロッパの縮図でもあります。ヨーロッパのハートとも呼ぶべきこれらの地域へ旅してみませんか?

1日目

21:20~23:30:羽田発

【機中泊】

2日目

午前:ブリュッセル着

ブリュッセル到着後ご自身で駅へ移動をお願いします。
ブリュッセル(2等)→ブルージュ
到着後ご自身でホテルへ移動をお願い致します。
【ブルージュ泊】

3日目

午前:ブルージュ(2等/乗継ぎ)→ブリュッセル

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
【ブリュッセル泊】

4日目

午前:ブリュッセル(2等/乗継ぎ)→ルクセンブルク

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
ヨーロッパの小国・ルクセンブルクに滞在します。
【ルクセンブルク泊】

5日目

午前:ルクセンブルク(2等指定)→ストラスブール

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
ストラスブールはアルザスの中心。
ドイツの香りのするフランス東部の町です。旧市街は世界遺産にしてされています。
【ストラスブール泊】

6日目

午前:ストラスブール(2等)→コルマール

鉄道駅、ホテルへ移動はご自身でお願い致します。
絵のように美しい町並コルマールに2連泊します。
【コルマール泊】

7日目

終日:フリータイム

コルマールはアルザス・ワイン街道の中心地。運河があって美しいため「プティット・ベニス」との呼び名もあります。
【コルマール泊】

8日目

夕方:バーゼル発

ご自身で駅へ移動をお願い致します。

午前:コルマール→ミュルーズ
着後、各自にてバーゼル空港へ移動をお願い致します
【機中泊】

9日目

18:00~19:50:羽田着

page top