Country

ボネール

ボネール BONAIRE

海好きあなたにおすすめ!ボネール島

カリブ島南部、ベネズエラ沖合に浮かぶ、美しい海と手つかずの自然が残るボネール島。最高地点が240メートルとほぼ平坦で、島には200種を超える鳥類が生息しています。フラミンゴの住む島としても知られ、その数は人口より多いのではないかとも言われています。周囲の美しい海にはダイビングスポットが点在しており、ダイビングとシュノーケリングの人気スポットとしても有名です。海好きなあなたにぜひとも訪れてほしい国の一つです。

Knowledge ボネールを知る

基本情報

首都
クラレンダイク
言語
オランダ語、パピアメント語(オランダ語とスペイン語が混ざったような言語)、英語も通じやすい。
宗教
キリスト教(カトリック)
時差
日本との時差は-13時間(日本が正午のとき、ボネールは23:00)
通貨・両替
通貨単位はアメリカドルです。補助単位にはセントがあります。独自通貨は持っていません。ビザやアメックスなど主要クレジットカードは広く利用できます。
物価・チップ
アメリカやオランダから輸入された食品がスーパーマーケット等で販売されています。比較的安めのお店では瓶ビール1本が150円程度で購入できます。チップの習慣は無いため基本的には不要ですが、レストランやホテルでは気持ち程度、ガイドには1日あたり10ドル程でも渡すと喜ばれるでしょう。
気候・ベストシーズン
赤道付近に位置し、熱帯性気候で年間を通して蒸し暑いです。四季は無く、ベストシーズンは12~4月頃です。5~8月頃は強風になることが多く、9~11月頃は雨季にあたり年間降水量のほとんどがこの時期に集中します。
服装・マナー
蒸し暑い気候のため、カジュアルで軽い夏服が良いでしょう。ただし 早朝や夜などに冷え込む場合への備えとして、薄手のジャケットまたは長袖のシャツがあると便利です。自然が豊かであるため、歩きやすい靴やサンダルが良いでしょう。
治安
ボネールは世界中から観光客が訪れるリゾート地で、現地の人たちもフレンドリーでのどかな雰囲気があります。比較的治安は良く、安心して旅行ができますが、スリや置き引きなどの一般的に起こりえるような軽犯罪には気を抜かずに十分気を付けましょう。
病気
カリブ海地域では、ジカウイルス感染症(ジカ熱)の発生の報告がされていますので、蚊除けの対策をしておきましょう。また、水道水は飲まない事、なるべく加熱された食事を摂る事にも気を付けておきたいところです。万が一、現地で病気になってしまった場合に備え、日本出発前に海外旅行保険に必ず加入しておきましょう。
食事
ボネール島の名物グルメはヤギの肉を煮込んだカブリトストーバや、魚のさっぱりとしたスープのソパ・ディ・ピスカです。小さい島ですが日本食レストランや中華料理屋もあります。他にも地中海料理、イタリア料理、オランダ料理、フランス料理、クレオール料理まで多岐にわたる料理を楽しむことができます。
飲み物
近隣諸国のキュラソーのビールをスーパーや商店で購入することができます。コーヒーや、スムージーも見かけます。ボネールでは古くから続く塩の生産も行われています。

North America Central America Caribbean 北米・中米・カリブ海の他の国を探す