Country

チベット

チベット TIBET

美しき自然と、仏教文化が融合した天空の地

チベット自治州は三方を山脈に囲まれた険しい地域です。その中心はラサで、標高3650mと日本の富士山と同じ位の標高があります。ラサはチベット仏教の総本山で、街には多くの寺院があり五体投地としている巡礼者も多く見る事ができます。チベットの見所はチベット仏教に関する寺院や仏像で、ダライ・ラマの宮殿であったラサのポラタ宮などの見学は外せません。

Look Up 地図で探す

チベット TIBET

Reccomend SPOT チベットで訪れたい!企画担当おすすめスポット

LHASA

巡礼の地で祈りを捧げる
天空の都 ラサ

Reccomend
SPOT

01

ラサではたくさんのチベット寺院や、チベットならではの名所を巡ることができます。まず訪れたいのが壮大なポタラ宮、ジョカンと呼ばれる美しい寺・大昭寺と、それを取り囲むような露天のバザールが楽しい八角街。町中で賑やかな大昭寺ですが、寺の前で多くの巡礼者が五体倒地をしている姿が見られ、八角街では人ごみの中で小さなマニ車を回しながら歩く人の姿も見られます。

SHIGATSE

チベット第2の町 古都シガツェ

Reccomend
SPOT

02

ラサの西250kmに位置する標高3800mの古都シガツェ。600年もの長い歴史を持ち、昔からこの地域の政治・経済・宗教・文化の中心であり、交通の要衝でもあったチベットでは重要な町です。1447年に建立されたシガツェ最大の見どころタシルンボ寺。世界一大きいといわれる銅でできた高さ26.7メートルものチャンパー仏(弥勒菩薩)の仏像が寺の内部に安置されています。その耳の大きさは何と2mにおよぶのも驚きですね。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge チベットを知る

基本情報

首都
ラサ
通貨
現地通貨は人民元(Rmb)
言語
チベット語、中国語
宗教
チベット仏教(ラマ教)
電源
A、C、O型
民族
チベット族、漢族
時差
日本から1時間遅れ
気候
3500m以上の高地がほとんどのチベットでは、昼夜の温度差が非常に激しく時には10℃以上気温が変わる場合もあります。晴れていれば日差しが非常に強く、サングラスや日焼け止めが必要です。日中日差しがある場合は半そででも大丈夫ですが、日が落ちると急激に寒くなりますので厚手の洋服も必ず必要です。

China Central Asia Mongolia Tibetan 中国・中央アジア・モンゴル・チベット他の他の国を探す