Country

ウズベキスタン

ウズベキスタン UZBEKISTAN

シルクロードの情緒あふれる
美しき青の世界

シルクロードの中継地として長い歴史を持つウズベキスタン。世界遺産に登録されているサマルカンド、ヒワ、ブハラへの遺跡を巡る旅はもちろん、遊牧民の住居に宿泊してラクダ乗り体験をしたり、ホームステイをして料理を習ってみるのもおすすめです。

Look Up 地図で探す

ウズベキスタン UZBEKISTAN

Reccomend SPOT ウズベキスタンで訪れたい!おすすめスポット

BUKHARA

シルクロードの時代にタイムスリップできる町 ブハラ

Reccomend
SPOT

01

ブハラは古代より栄えたオアシスで、1993年には旧市街地がユネスコの世界遺産に登録されているウズベキスタンでも人気の観光都市です。旧市街地には16世紀自体の建物が多く残されており、メドレセ(神学校)やモスク、ミナレットなどを見る事が出来ます。中でもイスマイール・サーマーニ廟は9世紀に造られた廟で中央アジアでも最古のイスラム建築として注目されています。

HIWA

中央アジアの古い面影を残す
ヒワ

Reccomend
SPOT

02

中央アジアで一番古い面影を残すイスラムの聖都ヒワ。イチャン・カラと呼ばれる日干しレンガ造りの城壁の内部には、美しい城門をくぐって入ります。内部は中世のイスラム都市にタイムスリップしたような王の宮殿やモスク、メドレセなどが立ち並んでいます。中でもランドマーク的存在は、ブルーのタイルが張りめぐらされた、未完成の大ミナレット「カルタ・ミナル」。上がすっぱりと切れたようなユニークな形は印象的です。

SAMARKAND

人類全体の宝物世界遺産
サマルカンド

Reccomend
SPOT

03

サマルカンドはヨーロッパとアジアを結ぶ重要な中継地点として、時には世界の中心都市としての道を歩んできました。町全体が“文明の交差路”として世界遺産に指定され、中でも見逃せないのはレギスタン広場の3つのメドレセです。鮮やかで荘厳な建物は往時の繁栄振りを強く物語っています。また中央アジア最大級の「ビビハニムモスク」、イスラム教徒の聖地「シャヒジンダ廟群」など見どころが多く世界の旅人の憧れの地となっています。

TASHKENT

中央アジアの大都会
タシケント

Reccomend
SPOT

04

タシケントの新市街はロシア人の割合が多く、ヨーロッパ調の街並みのため欧州の国と見間違えるほど。一方、旧市街には16世紀のシャイバニ朝時代のモスクやメドレセがあり、活気あるバザールは下町の風情がたっぷりです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ウズベキスタンを知る

基本情報

首都
タシケント
通貨
現地通貨はスム(So'm) 
言語
ウズベク語、ロシア語
宗教
イスラム教スンニ派、ロシア正教など
電源
C型
民族
ウズベク人、ロシア人、タジク人、カザフ人、タタール人、カラカルパク人など
時差
日本から4時間遅れ
気候
大陸性気候なので夏は非常に暑く、冬は比較的寒くなり、昼夜の気温差も大きいです。降水量は年間を通して少なく、乾燥しています。7~8月の日中平均気温は35℃以上で、西部の砂漠地帯では45℃を越えることもあります。10月を過ぎると気温が下がり、1~2月には雪が降ることも。一般に旅行シーズンといわれる時期は4~6月、9~10月です。

China Central Asia Mongolia Tibetan 中国・中央アジア・モンゴル・チベット他の他の国を探す