Country

カナダ

カナダ CANADA

四季折々の表情が楽しめる、大自然の宝庫

日本の約27倍の総面積を持つ広大なカナダ。メインの旅行シーズンは夏と思われがちですが、冬はウィンタースポーツを楽しんだり、オーロラを鑑賞することができます。夏シーズンのオススメはカナディアンロッキーで美しい湖をハイキングするプラン。そして冬はなんといっても極北の地でのオーロラ鑑賞。自然や動物との出会い、人々との触れ合い、そして感動的な風景の数々。カナダ旅行はまさに“地球の魅力”に触れる旅となるでしょう。

Look Up 地図で探す

カナダ CANADA

Reccomend SPOT カナダの大自然の美しさを感じられるおすすめスポット

CANADIAN ROCKY

カナダの大自然「カナディアンロッキー」

Reccomend
SPOT

01

カナダの大自然の代表格「カナディアンロッキー」には沢山の湖、いくつもの氷原、渓谷と、グリーンとブルーとホワイトと様々な色に溢れた途方もない大自然があります。カナディアン・ロッキー山脈観光の中心地バンフにカナディアンロッキーを堪能しましょう。少し足を延ばせば、日帰りで神秘的な湖、エメラルド湖やルイーズ湖を訪れるのもお勧めです。想像を遥かに超える美しさに出会えるカナディアンロッキー!!

PRINCE EDWARD ISLAND

「赤毛のアン」の舞台、プリンスエドワード島

Reccomend
SPOT

02

「赤毛のアンの舞台」プリンスエドワード島では美しい町シャーロットタウンが島の拠点となる町です。アンの舞台キャベンディッシュでは、効率よく見所を巡ってくれる1日観光がお薦めです。グリーンゲイブルズハウス、博物館、モンゴメリーの生家を始め、アンの名付けたお化けの森、恋人の小径、輝く湖水などもゆっくり散歩して回ります。木漏れ日が差し込む小道をのんびり歩きながらアンの気持ちに思いを馳せてみませんか?

YELLOWKNIFE

世界有数のオーロラ観賞地イエローナイフ!

Reccomend
SPOT

03

イエローナイフは、オーロラが頻繁に見える北緯60度~70度のドーナツ状のエリア「オーロラベルト」にあり、その中でも特にイエローナイフは日本人観光客に人気の町です。オーロラは地上約100キロメートルよりも上空で光っています。そのためオーロラが見られるかどうかは、鑑賞地点の天候に大きく左右されますがイエローナイフは降水量が少なく晴天率が高いため、オーロラ鑑賞には最適な場所です!

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge カナダを知る

基本情報

首都
オタワ
言語
英語、フランス語
宗教
キリスト教、イスラム教、ユダヤ教
時差
日本との時差は-17時間 ※サマータイム時16時間 (日本が正午のとき、カナダは前日の19:00)
通貨・両替
通貨単位はカナダドル(CAD)。日本では宅配での両替も可能で、日本や現地の空港と比べるとかなり良いレートで両替ができます。また、カナダでは現金を持ち歩く習慣があまりない為、小さなお店等で紙幣を出した場合、偽札ではないかと疑われる可能性があります。現金しか使えないお店以外はカードを使うことをおすすめします。
物価・チップ
カナダの物価は日本よりかなり高いということはありません。水は90円、牛乳は2Lで400円、カジュアルレストランは1000〜2300円ほどです。ただし、カナダの中でも滞在先によって税金が異なるため、滞在する都市の税金をあらかじめチェックしておくと良いでしょう。カナダではチップの文化があります。レストランでは食事代の10〜20%のチップを渡すしましょう。
気候・ベストシーズン
カナダの土地は非常に広大なため、地域によって気候は異なります。全土に共通する事と言えば、夏でも早朝や夜は冷え込む日があるということです。旅行の際は暖かい服装の準備をしてください。また、カナディアンロッキーなど山岳地域やその近辺では夏でも雪が降ることがあり、注意が必要です。6月〜9月が一番気候が安定しており、快適に過ごせるためおすすめです。
服装・マナー
服装については、星付きのレストランでない限り、そこまでマナーや気をつけるべきことはありません。カナダ文化において、香水は不潔さを隠すために使われると考えられている傾向があるため、匂いの強い香水の使用は控えましょう。日本では屋外でお酒を飲むことがありますが、カナダでは禁止されているため注意しましょう。
治安
カナダは先進国の中でも治安が良いことで知られていますが、日本の約5倍の犯罪発生率と言われています。日本の感覚で旅行しないようにしましょう。スリや置き引きなど軽犯罪が多発しているため、貴重品や手荷物は肌身放さず持つようにしましょう。厳しい銃規制があるとはいえ、銃を使用した強盗なども近年増加傾向にあるため、念頭に置いて旅行しましょう。
病気
衛生面に関してはあまり心配がなく、レストランや屋台などでの食事も安心してできます。特にかかりやすい伝染病もありませんが、インフルエンザや胃腸炎は日本と同じく発症しています。手洗いうがいはこまめにしましょう。また、カナダには野生のリスやアライグマが生息しており、嚙まれると狂犬病になる可能性があるため、可愛くても触らないように気を付けましょう。
食事
プーティンと呼ばれるケベック州発祥B級グルメがあり、今やカナダ全土で人気があります。カナダ東部の特産物であるロブスターも必ず押さえておきましょう。丸ごとゆでられた新鮮なロブスターを、レモン汁をかけたり、バターをつけたり、好みの食べ方で味わうこともできますし、パンに挟んでロブスターロールとして食べることもできます。
飲み物
カナダと言えばメープルシロップです。そのメープルにウィスキーを使った、メープルリーフカクテルという甘めのカクテルが女性に人気です。また、凍った完熟ブドウからつくられたアイスワインが人気で、デザートとして楽しめるほど甘く、ブドウ100%の濃厚で強い味わいが特徴です。他にも、カナダドライという名のジンジャーエールも現地で安定した人気を誇っています。

North America Central America Caribbean 北米・中米・カリブ海の他の国を探す