Country

コンゴ共和国

コンゴ共和国 REPUBLIC OF THE CONGO

広大な国土を持つ、自然と動物の宝庫

コンゴは中部アフリカに位置する共和制国家です。二つのコンゴとアンゴラ北部は15世紀頃まではコンゴ王国として一つでしたが、ポルトガルによる征服を経てベルギー領(現在のコンゴ民主共和国)とフランス領(現在のコンゴ共和国)に分けられました。コンゴ共和国の近郊にはローランドゴリラ(低地ゴリラ)の保護区があり、神秘的な青い湖とともに感動的な光景を満喫できます。コンゴ川のクルーズやTAMTAMというドラム鑑賞も楽しみです。

Reccomend SPOT コンゴ共和国で訪れたい!おすすめスポット

BRAZZAVILLE

中央アフリカの辺境
ブラザビル

Reccomend
SPOT

01

コンゴ民主共和国の首都キンシャサと、コンゴ共和国の首都ブラザビルはコンゴ川を隔てた場所にあり、船で10分もあれば行き来できるほど近いのです。コンゴ共和国の首都ブラザビルは小さい都市ですが緑が多く、絶滅危惧種に指定されているローランドゴリラの保護区や、まるでクレーターのように壮大な緑の風景の中に突然現れる神秘的な青の湖など、壮大な自然と野生を肌で感じることができます。

ROLAND GORILLA

ローランドゴリラ保護区

Reccomend
SPOT

02

コンゴ共和国の首都ブラザビルから北へ約140kmに位置するゴリラ保護区「レジオ・ルナ・ゴリラ保護区」。低地ゴリラであるローランドゴリラの姿を自然な状態で見学できる熱帯雨林の中にある保護区です。かなり辺鄙な土地柄、ここを訪れる観光客は極めて少なく、手つかずの自然がそのまま残されているのも魅力です。ゴリラの観察料を別途支払えば、運が良ければゴリラの子供たちに哺乳瓶のミルクを与えるシーンを川越しに観察でき、貴重な体験となるはず。

Knowledge コンゴ共和国を知る

基本情報

首都
ブラザビル
通貨
現地通貨はCFAフラン
言語
フランス語(公用語)、リンガラ語、キトゥバ語
宗教
伝統的宗教、キリスト教
電源
C、E型
民族
コンゴ族、テケ族、ブバンギ族等
時差
日本から8時間遅れ
気候
コンゴ共和国は赤道直下にあり、首都ブラザビルの年平均気温は25℃ほどです。首都以北の内陸部は高温多湿の熱帯雨林気候が主となり、10~11月、4~5月が特に雨量が多い季節となります。大西洋に面した港湾都市、ポワントノワール周辺は海洋風の影響を受けて、多少涼しいが空気は高温乾燥で、5~10月が乾季となります。