Country

コンゴ共和国

コンゴ共和国 REPUBLIC OF THE CONGO

広大な国土を持つ、自然と動物の宝庫

コンゴは中部アフリカに位置する共和制国家です。二つのコンゴとアンゴラ北部は15世紀頃まではコンゴ王国として一つでしたが、ポルトガルによる征服を経てベルギー領(現在のコンゴ民主共和国)とフランス領(現在のコンゴ共和国)に分けられました。コンゴ共和国の近郊にはローランドゴリラ(低地ゴリラ)の保護区があり、神秘的な青い湖とともに感動的な光景を満喫できます。コンゴ川のクルーズやTAMTAMというドラム鑑賞も楽しみです。

Reccomend SPOT コンゴ共和国で訪れたい!おすすめスポット

BRAZZAVILLE

中央アフリカの辺境
ブラザビル

Reccomend
SPOT

01

コンゴ民主共和国の首都キンシャサと、コンゴ共和国の首都ブラザビルはコンゴ川を隔てた場所にあり、船で10分もあれば行き来できるほど近いのです。コンゴ共和国の首都ブラザビルは小さい都市ですが緑が多く、絶滅危惧種に指定されているローランドゴリラの保護区や、まるでクレーターのように壮大な緑の風景の中に突然現れる神秘的な青の湖など、壮大な自然と野生を肌で感じることができます。

ROLAND GORILLA

ローランドゴリラ保護区

Reccomend
SPOT

02

コンゴ共和国の首都ブラザビルから北へ約140kmに位置するゴリラ保護区「レジオ・ルナ・ゴリラ保護区」。低地ゴリラであるローランドゴリラの姿を自然な状態で見学できる熱帯雨林の中にある保護区です。かなり辺鄙な土地柄、ここを訪れる観光客は極めて少なく、手つかずの自然がそのまま残されているのも魅力です。ゴリラの観察料を別途支払えば、運が良ければゴリラの子供たちに哺乳瓶のミルクを与えるシーンを川越しに観察でき、貴重な体験となるはず。

Knowledge コンゴ共和国を知る

基本情報

首都
ブラザビル
言語
フランス語。英語はあまり通じません。
宗教
キリスト教、 伝統的宗教。
時差
日本との時差は-8時間(日本が正午のとき、コンゴ共和国は4:00)
通貨・両替
通貨単位はCFA(シェイファー)フラン。持参通貨はアメリカドルでは無くユーロの現金が両替には便利です。現地通貨へは主要都市の銀行やホテルで両替をします。ユーロやアメリカドルはそのまま使用できるので少額の紙幣を持っていた方が便利です。
物価・チップ
物価は日本と比べて安く(輸入品を除く)、屋台の食事は50円程度から、缶ビールは100円程度になります。 コンゴ共和国にはチップの習慣があります。ガイドさんには1日につき15~20ユーロ程度を最終日にまとめて渡すのが良いでしょう。
気候・ベストシーズン
四季は無く、コンゴ共和国は赤道直下にあり、首都ブラザビルの年平均気温は25℃ほどです。首都以北の内陸部は高温多湿の熱帯雨林気候が主となり、10~11月、4~5月が特に雨量が多い季節となります。大西洋に面した港湾都市・ポワントノワール周辺は海洋風の影響を受けて多少涼しくはなりますが、空気は高温乾燥で、5~10月が乾季となります。
服装・マナー
ファッションを通して平和のメッセージを発信する人々・サプール。彼らは世界最貧国の1つと言われる暮らしの中、月の収入をはるかに上回るブランドスーツを身にまとって街を練り歩きます。そこには「服が汚れるから戦わない」という哲学が。そんなサプール達に恥じぬよう、コンゴ共和国を訪問する際には日よけ対策をしっかりしながら、是非お洒落にも気を使ってみてはいかがでしょうか。
治安
アフリカの中では比較的治安の良い国になります。但し、ブラザビルの西方のプール県、西部地方は治安が悪化していますので、状況をよく把握してから訪問して下さい。また、男女問わず夜間の1人歩きは避けるように気をつけましょう。
病気
マラリアには注意してください。念のためにマラリア予防薬を服用すると安心です。ただし副作用もあるので、服用前に医師に相談してください。予防策として蚊取り線香、虫除けスプレーをご持参下さい。朝夕温度差があるため、ウィンドブレーカーなどが必要です。雨季にアンゴラを訪れる際には雨具を必ず忘れずに。また、日差しが強いのでサングラスがあるといいでしょう。
食事
フランスの植民地だったため、料理は美味しく、日本人の口にも合います。レストランのメニューにはフランス料理も多いですが、コンゴ料理もいろいろ楽しめます。メニューはフランス語表記のみなのでフランス語の会話本があると便利です。ローカルな朝食の例としては、「モラゲ(トウモロコシの粉で出来たとろりとした甘いソース)」をつけて食べる「ミカテ(揚げドーナツ)」があります。
飲み物
コンゴ共和国の定番ドリンクにショウガとレモンの搾り汁、お砂糖を加えてよく冷やしていただく「タンガヴィシ」というジンジャージュースがあります。海外では氷は控えた方が良いので、外国人観光客向けの綺麗なレストランで氷抜きでオーダーすることをお勧めします。