Country

チリ

チリ CHILE

大自然と不思議がある細長い秘境の地

南米チリは、太平洋とアンデス山脈に挟まれた南北4300km、東西180kmの非常に細長い国です。そのため、北から南まで様々な自然環境や景観を楽しむことができます。まるで月面のような荒涼とした風景が広がる「アタカマ砂漠」、チリ領パタゴニアのハイライト「パイネ国立公園」、イースター島の「モアイ」。この3ヶ所は必見中の必見といえるでしょう。さらにプエルトトランキーロまで足を伸ばし奇跡の青の洞窟「マーブルカテドラル」を訪れてみるのもおすすめです。

Look Up 地図で探す

チリ CHILE

Reccomend SPOT チリで訪れたい!企画担当おすすめスポット

ATACAMA DESERT

地球にいるとは思えない絶景の数々 アタカマ砂漠

Reccomend
SPOT

01

アタカマ砂漠はチリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠です。チリ、ペルー、ボリビア、アルゼンチンにかかる広大な砂漠で、世界で最も乾燥した砂漠として知られています。また標高2450mの砂漠の中心にあるチリ最古の町サンペドロアタカマや世界最高所にあるタケオ間欠泉、フラミンゴ保護区に指定されており、ビクーニャや野鳥が多く生息しているミスカンティ湖やミニケス湖も見どころです。

EASTER ISLAND

小さな島の謎多きモアイ イースター島

Reccomend
SPOT

02

南米チリから西へ3700km、絶海の孤島であり、かつ火山島で痩せた土地でこれといった資源もないイースター島が世界に知られるようになったのは約1000体の謎の巨石像モアイの存在です。大きいもので高さ9m、重さが90tにも達し、島の内側を向いて立っている様は世界に例がないほど神秘的です。モアイの製造工場跡で製造途中のモアイが残るラノ・ララク、15体 のモアイが一列に並ぶアフ・トンガリキなども必見です。

MARBLE CATHEDRAL

マーブル模様と水面の反射が生み出す
マーブルカテドラル

Reccomend
SPOT

03

プエルト・トランキーロは奇跡の洞窟マーブル・カテドラルの観光拠点です。マーブル・カテドラルは白い大理石が長い年月をかけて侵食されてできた奇石の集合体で、氷河の侵食でできた湖・ヘネラル・カレーラ湖の湖上にあります。石灰質の水と底が白い為、乳白色をした湖はまさにバスクリン色です。洞窟内は神秘的な雰囲気につつまれておりまさに「礼拝堂」です。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge チリを知る

基本情報

首都
サンティアゴ
言語
スペイン語(一般的にホテル及び観光地帯等では英語を話すスタッフがおります)
宗教
ローマ・カトリック、プロテスタント、ユダヤ教
時差
日本との時差は-13時間、イースター島のみ-15時間  ※サマータイム時日本との時差は-12時間、イースター島のみ-14時間、マガジャネス地方(プンタアレナス)はサマータイムを適用しないため通年-12時間 (日本が正午の時、チリは前日の23:00 ※イースター島は前日の21:00)
通貨・両替
通貨の単位はチリ・ぺソ($)。現地通貨は現地の空港及びホテルにて米ドルからの両替が可能です。但し、ホテル、レストラン、お土産店など殆どの場所でドル現金が使用できますので、日本から米ドルの小額紙幣を持参するとそのまま利用でき便利です。ユーロは使用できる場合がありますが、日本円は使用できません。
物価・チップ
物価は南米の中では高い方で、日本と同じぐらいか、少し高い程度です。例えば500ccのミネラルウォーターが約140円。一般的にホテルでのポーターやレストランなどで食事の際チップを支払う習慣があります。おおよその目安はホテルポーター(荷物1個に付き)1米ドル程度、レストランで合計金額の10~15%(サービス料が含まれている場合は不要)。
気候・ベストシーズン
チリの気候は場所により違いがあります。イースター島は亜熱帯気候で、雨季と乾季に分かれる。ベストシーズンは乾季です。南部のパイネ国立公園周辺は一年を通して寒冷な気候で、ベストシーズンは11月から3月。北部のアタカマ砂漠では日中は40℃近くまで上昇しますが、朝晩は0℃前後までに下がる日もあります。首都サンティアゴでは、日本と同じ四季があります。
服装・マナー
イースター島やアタカマ砂漠では基本的に日中は半袖で過ごせますが、朝晩はかなり冷えこむこともある為、パーカーやフリースなど着脱し易い上着があると便利です。日差しが強いので日焼け止め対策も忘れずに!パタゴニア地方は1年を通して寒冷で風が強いので、風を通さない上着は必須です。天気が変わりやすいため雨対策も必要です(雨合羽がオススメ)。厳しいドレスコードはありません
治安
治安はとても悪いというわけではありませんが、首都サンティアゴを中心に、観光客をねらったスリやひったくりは日常的に起きています。日本と同じような感覚でいるとトラブルに巻き込まれる恐れがあります。 ひとけのない場所や夜道はスリや窃盗が発生し易いので、夜の外出・1人での外出は極力控えましょう。
病気
チリで注意すべき感染症としては、A型肝炎、破傷風、腸チフス、ジカウイルス感染症等があります。ジカウイルス感染症等の蚊によって媒介される感染症は虫除けのクリーム或いはスプレーを使用する等して、蚊に刺されないように注意することが肝心です。A型肝炎や腸チフスに感染しない為には生水は飲まない、衛生的に調理され、かつ適切な保管状態の食品のみ摂取する等の注意が必要です。
食事
「カスエラ」(チリ版ポトフ)や「セビッチェ」(魚介のマリネ)、「エンパナーダ」(牛ひき肉のパイ包み揚げ)等名物料理は多数ありますが、おすすめは「チュペデマリスコス」です。ミルクベースのだし汁にお好みのシーフードを投入して煮込んだスープは日本人の口にもあう一品でとてもおいしいです。寿司屋をはじめとした日本料理店やイタリア料理店もあります。
飲み物
ソフトドリンクとしてはマテ茶の他、乾燥した桃を砂糖と水、シナモンで煮込み、茹でた殻付きの小麦と混ぜて冷やして作る「モテコンウエシージョ」というデザート風ドリンクが人気。アルコールはワイン、ビールは「エスクード」、「ベッカー」、「ロイヤル・ガード」が有名で、「クンスマン」や「クロス」という地ビールも人気があります。ブドウの蒸留酒「ピスコ」も広く飲まれています。