Country

キュラソー

キュラソー CURACAU

世界遺産の町には見どころがたくさん!

ベネズエラ沖、カリブ海に浮かぶオランダ領の島、キュラソー。2010年まではオランダ領アンティルと呼ばれていました。透明度の高いビーチと、南米にありながらもオランダの自治を受けているため、首都であるウィレムスタードにはオランダコロニアル様式のパステルカラーの可愛らしい建物が並びます。その町並みは世界遺産に登録されており、町の中心のプンダには要塞やマーケットなど、見どころが集中しています。

Knowledge キュラソーを知る

基本情報

首都
ウィレムスタード
言語
スペイン語、パピアメント語(オランダ語とスペイン語が混ざったような言語)、英語も通じやすい
宗教
キリスト教、ユダヤ教
時差
日本との時差は-13時間(日本が正午のとき、キュラソーは23:00)
通貨・両替
通貨単位はアンティル・ギルダー(フローニンと呼ぶ場合もあります)がありますが、アメリカドルがそのまま通用するので、日本からアメリカドルをご持参ください。クレジットカードは多くのホテルやレストランで使用できます。
物価・チップ
リゾート地ですので物価は高めになっています。チップの習慣がありますので、気持ちの良いサービスを受けた場合は渡すようにしましょう。ホテルでは1ドル程度の枕銭を置いたり、タクシーでは荷物を積んでもらったら1ドル程度、レストランでサービス料が含まれていない場合は10~15%程度を上乗せすると良いでしょう。送迎ガイドへは1日あたり10ドル程度渡すことがベストです。
気候・ベストシーズン
四季が無く、気温は貿易風により平均が27度と1年中春のような清々しい気候です。夜には冷え込む場合もあるので、上着を一枚持ち歩くと安心です。5月~10月の雨季には一日雨の場合もあります。ビーチを楽しみたいなら、雨季を避け乾季に訪れることをおすすめします。ベストシーズンは湿度が低く過ごしやすい乾季の12月から4月です。
服装・マナー
カジュアルで軽い夏服が良いです。 夜には冷え込む場合もあるので、薄手のジャケットまたは長袖のシャツがあると良いでしょう。 高級レストランでは、ショートパンツやサンダルを禁止している場合があります。 一部のカジノでは男性はジャケットも必要です。
治安
南米大陸に近く、治安の面が心配されますが、キュラソーは南米・カリブ海諸国よりも比較的治安は安定していると言われており、安心して旅行ができます。犯罪率もあまり高くありませんが、夜中の不必要な外出や、ビーチでの盗難等の一般的な犯罪はおこりえますので、気をつけるようにしましょう。
病気
日中は気温が高いですが、朝晩との気温差から体調を崩すことも考えられます。体調を整え無理のない範囲での観光を楽しむようにしましょう。カリブ海地域では、ジカウイルス感染症(ジカ熱)の報告がされていますので蚊除けの対策をしておくのが良いでしょう。万が一、現地で病気になってしまった場合に備え、日本出発前に海外旅行保険に必ず加入しておきましょう。
食事
キュラソーの名物ローカル料理は「イグアナ料理」で、現地で人気があります。イグアナは肉と魚の中間のような食感と味わいで、骨が多いですが美味とされています。日本食やフランス料理を出すレストランもあります。
飲み物
「キュラソー酒」はキュラソー島の特産品で、カラフルな色が特徴的なリキュールです。青や赤など様々な色があります。ラム酒をベースにキュラソー産ララハの皮(オレンジの皮)を用いたリキュールとして有名です。17世紀にオランダで作られ、キュラソー島産の材料を使っていたことから、「キュラソー酒」という名前になったといわれています。

North America Central America Caribbean 北米・中米・カリブ海の他の国を探す