Country

ジブチ

ジブチ DJIBOUTI

大地溝帯が通る、東アフリカの秘境の国

エチオピアの北部にちょこんとくっ付いたような小さな国ジプチ。海に面しながら、国内にはさまざまな大自然の見どころが盛りだくさんで、訪れる観光客を驚かせてくれます。アフリカ大陸でもっとも海抜の低い海面下155mに位置するアッサル塩湖は必見で、その塩分濃度は死海よりも濃いと言われています。また首都ジプチの対岸にある第3の都市タジュラは、歴史ある港町として知られて、白い家並みが情緒あふれる風景を生み出しています。

Knowledge ジブチを知る

基本情報

首都
ジブチ
通貨
現地通貨はジブチ・フラン(DJF)
言語
公用語は、フランス語とアラビア語だが、ソマリ語とアファル語が広く使われている。
宗教
イスラム教がほとんど
電源
C、E型
民族
ソマリ人系のイッサ人が約60%、エチオピア系のアファル人が約35%。他は、ヨーロッパ人、アラブ人、黒人など
時差
日本から6時間遅れ
気候
地球上で最も暑い灼熱の国と言われるだけあって6~9月の夏の気温は50度を超えるのは珍しくありません。国土は海岸平野部と西部の高原地帯からなり、大半は砂漠か半砂漠です。10~5月までが一応冬ですが、それでも30度を超えることもあります。砂漠気候のため全般に降雨は少なく、夏の時期に集中して降るのが特徴です。