Country

エチオピア

エチオピア ETHIOPIA

アフリカ最古の独立国家

ラリベラの岩窟教会群は周りの岩山と十字架の形の教会。これらがかつては同じひとつの岩山だったとは信じられないほど、それがラリベラにある十字架教会こと聖ギオルギス教会です。ラリベラ王は、この地に11の岩窟教会を次々に建てたと言われています。世界遺産のゴンダール城は必見。世界最大級といわれる一枚岩でできたオベリスクや、シバの女王の王宮跡、シオンの聖母大聖堂、カレブ王の地下墳墓、シバの女王の浴槽など、見どころいっぱいです。

Look Up 地図で探す

エチオピア ETHIOPIA

Reccomend SPOT エチオピアで訪れたい!おすすめスポット

GONDAR

かつての首都 世界遺産ゴンダール

Reccomend
SPOT

01

標高2100mにあるゴンダールの見どころといえば、17世紀から19世紀にかけて、200年もの長い間エチオピアを統治したゴンダール王朝の時代を代表するゴンダール城です。中世の古城を思わせる石造りの美しい外観で、エチオピアのアクスム様式のほか、ポルトガル様式やインド様式も取り入れたという、さまざまな6つの城があるのです。町の近郊にはユダヤ人の末裔といわれる黒ユダヤ人の村もあって、ユニークな世界を垣間見ることができます。

LALIBELA

巨大な一枚岩を彫り抜いた
十字架教会 ラリベラ

Reccomend
SPOT

02

周りの岩山と十字架の形の教会。これらがかつては同じひとつの岩山だったとは信じられないほど、不思議な石の建造物、それがラリベラにある十字架教会こと聖ギオルギス教会です。12世紀に北部エチオピアのロハの地を治めたラリベラ王は、この地に11の岩窟教会を次々に建てたと言われています。中でもこの十字架教会はもっともインパクトのある見どころでしょう。エチオピアの原点に触れる旅の醍醐味がここで味わえるはずです。

AHMED ERA

世界一過酷なダナキル砂漠観光の拠点 アハメッド・エラ

Reccomend
SPOT

03

世界一過酷な地と称されるダナキル砂漠では硫黄やアンモニアが噴出した緑や黄色の極彩色の大地が広がるダロール火山地帯、どこまでも広がる塩の湖アサレ湖の観光の拠点となります。また、アレサ湖で塩の採掘を行うキャラバン隊も立ち寄りますので、間近で目にすることができます。通常のホテルとは真逆で、自然の驚異を肌で感じながら宿泊できる貴重な宿泊地です。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge エチオピアを知る

基本情報

首都
アディスアベバ
通貨
エチオピア・ブル(ETB)
言語
アムハラ語
宗教
エチオピア正教会が50%、イスラム教が 30%
電源
C、BF型
民族
オロモ人40%、アムハラ人33-35%、ティグレ人7%、ソマリ人4%など宗教
時差
日本から6時間遅れ
気候
気候は標高によって違い、標高1500m までは平均気温27℃から50℃と極めて暑いものの、標高1500mから2400m は移行区間となり、平均気温は16℃から30℃ほどです。標高2400m以上は冷涼な気候となり、平均気温は16℃です。エチオピア高原は降水量が多く、年間降雨量は1200mmを超します。通常、雨季は6月半ばから9月半ばまでです。