Country

ガイアナ

ガイアナ GUYANA

大迫力の滝が堪能できる南米の秘境!

ギアナ3国のひとつ、ガイアナには世界でも指折りの滝が存在します。かつてイギリスの植民地だったこの国では南米で唯一英語が公用語となっているのもユニークです。首都のジョージタウンから日帰りで巡る滝ツアーは大迫力!1段の滝としては世界一の長さを誇るカイエチュール滝と、短いが6段からなり、水遊びも出来るオリンデュイック滝の2つを小型機で回ります。ガイアナの大自然を満喫できる大満足の体験が出来ますよ。

Reccomend SPOT ガイアナで訪れたい!おすすめスポット

GEORGETOWN

コロニアル都市
ジョージタウン

Reccomend
SPOT

01

ガイアナの首都ジョージタウンにはコロニアル建築によって建てられた街並みが見事で見応えがあります。特に有名なのが木造建築の美しいセント・ジョージ大聖堂です。設立は1892年、ヴィクトリア朝の外観からも、その歴史を感じることができます。そのほか、国立博物館、セント・アンドリューズ教会、活気のあるスターブローク・マーケット、全長1851mのデメララ・ハーバー・ブリッジ、植物園などといった名所スポットを多く有しており、シーズンを問わずに多くの観光客が訪れる都市となっています。

KAIETEUR FALLS

ガイアナの旅のハイライト
カイエチュール滝

Reccomend
SPOT

02

ベネズエラのエンジェルフォールが世界一長い滝として知られていますが、実は1段の滝としてはこのカイエチュール滝が世界一長い226mの長さを誇り、ナイアガラの5倍なのです。ジョージタウンから12人乗りの小型機で約1時間、展望台は滝の上部の高さなので、見上げるのでなく対岸から眼前に眺めるのがすごい迫力。ただし柵などはないから落ちたらお終いなので要注意です!

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ガイアナを知る

基本情報

首都
ジョージタウン
言語
公用語は英語です。その他、ガイアナ・クレオール語なども話されます。
宗教
キリスト教、ヒンドゥー教、イスラム教等
時差
日本との時差は-13時間(日本が正午のとき、ガイアナは前日の23時)
通貨・両替
通貨単位はガイアナドル(GYD)。現地通貨は現地の空港及びホテル、市内の両替所にて米ドル又はユーロからの両替が可能です。但し、ホテル、レストラン、お土産店など殆どの場所でドル現金が使用できますので、無理に両替せず、日本から持参した米ドルの小額紙幣をそのまま使用するのがベターです。日本円は使用できません。市内ではクレジットカードが使えるお店も増えてきています。
物価・チップ
物価は日本と同じ程度です。例えば350㎖のビールは190円程度。基本的にチップの習慣はありませんが、良いサービスを受けた時は、ホテルポーター(荷物1個に付き)1米ドル程度、レストランで合計金額の10~15%(サービス料が合計金額に含まれている場合は不要)を渡すとよいでしょう。
気候・ベストシーズン
年間を通して高温多湿の熱帯雨林気候で、降雨量が多いことが特徴です。四季はなく、雨季(5月から7月半ば、12月から1月半ば)と乾季(2月から4月、8月から11月)に分かれていて、観光のベストシーズンは乾季です。基本的に夏服で過ごせますが、朝晩や冷房対策としてカーディガンなど羽織れるものがあれば安心です。降雨量が多いため、雨具は必須です。
服装・マナー
イギリスの植民地支配の名残から今もドレスコードを順守する文化が残っていて、例えば図書館は短パンや肩が出るドレス、タイトなスカート、派手なTシャツは禁止です。また、ガイアナの国民は服装で人を判断することがあるので、高級なレストランに行く際には自身でドレスコードを設定し配慮する必要があります。
治安
ガイアナは南米大陸で最も治安の悪い国の1つで、殺人や強盗などの凶悪犯罪が多発しています。金銭や貴重品管理には十分注意が必要です。また、ジョージタウンなど都市部では強盗も多いので、日中も出来るだけガイドと同行し、夜間は単独で行動しないようにして下さい。特にジョージタウンのタイガーベイ等の治安の悪い地域には絶対に近づかないで下さい。
病気
マラリア、デング熱、ジカ熱、黄熱等の蚊によって媒介される感染症の発生、また麻疹やジフテリアなどの飛沫感染による感染症の発生も確認されています。蚊によって媒介される感染症は虫除けのクリーム或いはスプレーを使用するなどして、蚊に刺されないように注意することが肝心です。衛生状態は決して良いとは言えないので,食事や飲み水にも十分注意が必要です。
食事
ガイアナのローカル料理でオススメなのが「ロティ」。薄いパン生地にカレーを挟んで食べるガイアナのソウルフードです。その他にもペッパーポット(肉をスパイスで煮たもの)、ステゥー(白身魚フライトをトマトで煮込んだもの)、クックアップ(炊き込みご飯)、オクラチキン(オクラ、チキン、トマト、米のローカルフード)、チャウメン(中華風焼きそば)などがあります。
飲み物
木の皮を煎じたものに、甘いシロップを加えた独特の飲み物「モービー」はカリブ圏共通の庶民の味です。それ以外に「ジンジャービール」、「ソレル」と呼ばれるハイビスカスジュースが人気です。アルコールはビールが一番よく飲まれています。「BANKS」というローカルブランドのビールが有名です。ラム酒もよく飲まれます。