Country

アイルランド

アイルランド IRELAND

アイルランドに行くなら西海岸

ゴールウェイ近郊の大西洋に突き出すように続く8㎞もの断崖絶壁「モハーの断崖」と今も日常的にゲール語を話す人々が住むアイルランドの故郷的な存在である「イニシュモア島」。海面から90メートルの高さにある断崖絶壁の古代遺跡「ドゥン・エンガス」。花々が咲き乱れる草原に羊が群れて、癒される自然美がいっぱいの「コネマラ地方」。ファイブスタークラブでは、日本語ガイド付き専用車で、交通の悪い見所を効率よく周遊するプランを組んでいます。

Look Up 地図で探す

アイルランド IRELAND

Reccomend SPOT アイルランドで訪れたい!おすすめスポット

GALWAY

アイルランド西部の中心都市
ゴールウェイ

Reccomend
SPOT

01

ケルト文化を色濃く残す歴史ある町で、大学都市としても知られ、若者が集う活気ある町並みは大きすぎず小さすぎず、カラフルな建物が並び、居心地良くて魅力的。あちこちに点在するパブは、毎夜ミュージシャンがライブを聴かせてくれたりして、家族や友人が集う社交の場として、アイルランドの文化の一端を担っている存在なのです。町中には新鮮で美味しいシーフードのレストランも多く、生牡蛎やスモークサーモンの味も格別です。

INISHMORE

ケルト文化の故郷
イニシュモア島

Reccomend
SPOT

02

39平方kmのイニシュモア島には14の村があり、人口は900人あまり。人々は日常的にゲール語を話し、まさにアイルランドの故郷的な存在です。海面から90mの高さがある断崖絶壁ドゥン・エンガス。2000年も前に築かれたといわれる砦が島の南岸に位置する、断崖絶壁の丘の上にある古代遺跡ドゥン・エンガスの砦なのです。さえぎるものもなく強風が吹きすさぶ古代要塞は迫力満点です。

Cong

1228年に建設された古城ホテルへの滞在が楽しい「コング」

Reccomend
SPOT

03

アイルランド西部にあるコング、ここでは1228年建築された「アッシュフォード城」に宿泊することができるます。お城に入ると、中世にのような内装で、タイムスリップしたかのような気分に浸ることができるでしょう。また、お部屋は普通のホテル同様に、現代の設備もしっかり備えてありますので快適に過ごすことができきます。コングを訪れたなら一度は宿泊してみたいホテルです。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge アイルランドを知る

基本情報

首都
ダブリン
言語
ゲール語(アイルランド語)。英語も日常的に使われているのでよく通じます。
宗教
カトリック、プロテスタント
時差
日本との時差は-9時間 ※サマータイム時-8時間 (日本が正午のとき、アイルランドは03:00)
通貨・両替
アイルランド共和国の通貨はユーロで補助通貨はセントです。しかし、北アイルランドではイギリスポンドが使われていますので、旅行先に応じて両替が必要です。
物価・チップ
物価は日本より若干高め。レストランの食事は15~20ユーロ(約2,000~2,700円)、ミネラルウォーターは500mlで1ユーロ(約150円)程です。チップは義務ではありませんが、レストランでサービス料込みでない場合やタクシーには10~15%位、ベルボーイには1ユーロ程を渡すと良いでしょう。専用車利用の際はドライバーに1日30ユーロを渡すとスマートです。
気候・ベストシーズン
気候は安定した西岸海洋性気候となっており、夏は涼しく、冬は緯度が高い割に寒くありません。また、地域による気候の差もほとんどありません。平均気温は、最も寒い1月と2月で4~7℃程度、最も暖かい7月と8月では14~17℃程度です。草花が美しく最も過ごしやすい夏場の6月~8月がベストシーズンで、日も長く、23時頃まで明るいです。
服装・マナー
「一日の中に四季がある」と言われるほどアイルランドの天気は変わりやすいため、ウインドブレーカーやカーディガンなど、簡単に羽織れるもので柔軟に対応することが必要です。公共の屋内空間、飲食店(パブやレストランを含む)の中は禁煙となっています。
治安
欧米諸国と比べて治安はかなり安定しています。ただし都市では置き引き、スリなどのトラブルは起こっています。朝や夜遅くの一人歩きは避けるなど、最低限の注意は必要です。また、現地の人と政治や宗教の話をすることなどはデリケートな問題のため避けた方が良いでしょう。
病気
水道水は原則そのまま飲んでも問題ないとされていますが、念のためミネラルウォーターを購入することをお勧めします。春から夏にかけては花粉が飛び,多くのアイルランド人が花粉症に悩まされます。一日の中で天気がよく変わるので、重ね着や雨具で体温調節を気に掛けるようにしましょう。
食事
アイルランドと言えばパブ。ラム肉を野菜と煮たアイリッシュシチューや、フィッシュ&チップスはパブでもお馴染みのメニューです。ウイスキーの入ったアイリッシュコーヒーや、ボリューム満点のアイリッシュブレックファストなどアイルランドらしい料理がたくさんあります。
飲み物
アイルランドを代表するギネスビールは独特の渋みがあり、パブでもよく飲まれています。ビールと同じく、アイリッシュウィスキーも美味しいです。アイリッシュコーヒーも有名ですが、実は紅茶の消費量も世界トップクラスと、飲み物のバラエティが豊かなこともアイルランドの特徴です。