Country

イギリス

イギリス THE UNITED KINGDOM

美しい田舎町の情景と鉄道の国

おすすめするのは美しい田舎の村を訪ねる旅。カントリーサイドのコッツウォルズ地方にはメルヘンのような可愛い村が多く、都会の喧噪から抜け出してのんびり過ごしたいところです。また湖水地方はピーターラビットや詩人ワーズワースの故郷としても有名。エジンバラでは重要な歴史的建造物や古城巡り、ネス湖では豊かな自然を満喫できます。またイギリスは鉄道発祥の地で伝統もあり鉄道網も行き届いていてとても便利です。

Look Up 地図で探す

イギリス THE UNITED KINGDOM

Reccomend SPOT イギリスで訪れたい!おすすめスポット

COTSWOLDS

美しきイングランドの田舎
コッツウォルズ

Reccomend
SPOT

01

コッツウォルズはたくさんのエリアに分かれ、小さくて魅力あふれる村があちこちに点在しています。ガイドブックに紹介されている村は北が多いですが、実は南にも見逃せない村々がたくさんあるのです。

LAKE DISTRICT

自然のオアシス 魅惑の湖水地方

Reccomend
SPOT

02

水と緑に囲まれた自然のオアシス・湖水地方。ピーターラビットの故郷を訪れるのならニア・ソーリー村にあるポターの家・ヒルトップへ。また、大自然を満喫したいのならウィンダミア湖クルーズやユニストン湖などのほかの湖巡りもおすすめです。

EDINBURGH

圧倒的な美しさに魅了される古都 エジンバラ

Reccomend
SPOT

03

スコットランドの首都エジンバラは、緑豊かな町並みに古い建物が集まり、圧倒的な迫力すら感じる美しい町です。ハイライトのエジンバラ城は、エジンバラの町のシンボルともいえる存在なのです。

LONDON

幅広い楽しみがあるロンドン

Reccomend
SPOT

04

イギリスの首都であり世界有数の大都市ロンドン。伝統に培われた紳士の国ならではの歴史を感じさせられる町並みは散策が楽しいところです。

ISLE OF SKYE

スコットランドの魅力を凝縮した美しきスカイ島

Reccomend
SPOT

05

スコットランドのイメージ通りの大自然が広がるスカイ島。どこまでも続く緑の丘やふきぬける風、切り立った断崖やあ野生動物など、日本ではなかなか出会えない絶景にあふれています。

ISLAY

ウイスキーファン垂涎の聖地 アイラ島

Reccomend
SPOT

06

世界的にも稀有なウイスキーの聖地アイラ島。人より羊の方が多く、自然豊かで素朴な島ながら蒸留所が8か所もあります。全ての蒸留所が海に面しているため、潮の香りを抱いた強烈なピートが魅力です。

BELFAST

北アイルランドの中心地、造船の町ベルファスト

Reccomend
SPOT

07

イギリスの一部である北アイルランドの首都ベルファスト。造船業を中心とした工業により発展した町でもあり、あの悲劇の貴婦人タイタニック号が建設された町としても有名です。

LIVERPOOL

ビートルズシティ 世界遺産のリバプール

Reccomend
SPOT

08

かのスーパースター・ビートルズを生んだ港町リバプール。町中にはビートルズゆかりのスポットがいっぱい!また800年に及ぶ海運都市としての歴史を持ち、歴史あふれる街並みは世界遺産に指定され脚光を浴びています。

CHESTER

イングランドで最も中世の面影が残る町 チェスター

Reccomend
SPOT

09

城壁に囲まれたチェスターの旧市街は、他の都市には見られない白い壁と黒い梁が特徴的な木組みの建物が並び、美しい街並みで圧倒されることでしょう。

CONWY

ヨーロッパの美しい町30選に選ばれた町 コンウィ

Reccomend
SPOT

10

イギリス・北ウェールズのコンウィ川河口と海辺に位置するコンウィの町。世界遺産に指定されているコンウィ城は、ジブリのアニメ「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われています。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge イギリスを知る

基本情報

首都
ロンドン
言語
英語、スコットランド語、ウェールズ語、アイルランド語
宗教
キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教
時差
日本との時差は-9時間 ※サマータイム時-8時間 (日本が正午のとき、イギリスは3:00
通貨・両替
通貨単位はポンド(£)。補助単位はペンス。イングランド銀行によるポンド紙幣と硬貨が主に使用されていますが、北アイルランドなどその他の地域では独自のポンド通貨が発行されています。これらの独自通貨をイングランドやウェールズなどのメインランドに持ち帰った場合、紙幣の使用は可能です。日本円からポンドへの両替はロンドン市内のほとんどの両替所で可能です。
物価・チップ
イギリスの物価は日本より高いです。生活必需品であれば日本と同等、もしくはそれよりも安価に手に入れることも可能ですが、タバコ、ホテル、レストランなど、その他の商品やサービスは総じて日本より高いです。例えばタバコは、日本の約3倍の値段です。イギリスではチップの文化はありますが、さほど頻繁には払いません。
気候・ベストシーズン
イギリスは天候が不安定で変わりやすく、年間を通してにわか雨が多いため、折り畳み傘などを常に持っておくことをお勧めします。冬はかなり寒く、5月くらいまで寒い時期が続きます。天候が比較的安定する6月~9月が観光に適しており、特に6月~7月頃がベストシーズンです。この時期は日照時間が長くバラが綺麗に咲くため、イングリッシュガーデンがもっとも美しい季節となります。
服装・マナー
服装は自由ですが、レストランによってはドレスコードがあるため注意しましょう。ほとんどのレストランが「スマート」「スマートカジュアル」「カジュアル(ドレスコードなし)」の3つに当てはまります。また、イギリスはマナーを大事にする国です。必要以上にハグやボディータッチは行いません。事前にイギリスの基本的なマナーを調べることをオススメします。
治安
イギリスは比較的治安が良いですが、ロンドンなどの都市部ほど犯罪件数が多いため注意が必要です。スリや置き引きには十分注意してください。荷物は肌身離さず持ち、現金は多く持ち歩かない方が無難です。また、ロンドンには通りを一本隔てただけで雰囲気のガラッと変わってしまうところが結構あります。土地勘のない場所や夜間の一人歩きは避けましょう。 
病気
イギリスの水道水は日本と同じく先進国の一定の基準を満たしているため、飲んでも問題はありません。ただし、古い水道管や貯水タンクに問題がある場合を考慮して、ミネラルウォーターを飲むことをおすすめします。また、虫や動物などから感染する病気であるライム病、ダニ媒介性脳炎などにも注意が必要です。野生の動物などにはなるべく触らない方が無難です。
食事
イギリスの代表的なファーストフードはフィッシュアンドチップスです。フィッシュは主にタラなどの白身魚を使っており、小麦粉を卵と水、又はビールで溶いて揚げています。安くて美味しくてボリュームがあるため、イギリス人にも大人気の食べ物です。他にも、おやつとして食べられるポテト・ケーキや、イギリスで1番人気のチェダー・チーズを使ったチーズ・パイなどがあります。
飲み物
イギリスはお酒文化が盛んです。イギリス人はビールやジントニックを好みます。特にビールは、アイルランドのビールであるGuinness、ロンドンを代表するエールビールであるLondon Prideなどが人気です。また、イギリスにはイギリスの大手新聞・ガーディアン紙が「世界一美味しいコーラ」と絶賛する、「キュリオシティ・コーラ」と呼ばれる独自のコーラがあります。