Country

ミャンマー

ミャンマー MYANMER

旅人を惹きつける
穏やかで素朴な国

ミャンマーには人を惹きつける何かがあります。世界三大仏教遺跡といわれるパガン遺跡を代表とする多くの遺跡が、信仰を心の拠りどころとする穏やかな雰囲気の中に溶け込んでいます。

Look Up 地図で探す

ミャンマー MYANMER

Reccomend SPOT ミャンマーで訪れたい!企画担当おすすめスポット

YANGON

新しい時代の流れが進む町 ヤンゴン

Reccomend
SPOT

01

ミャンマーの大都会、ヤンゴン。交通量の多さからバイクの運転はヤンゴン市内では法律で禁止となりました。欧米式のお洒落なカフェや多国籍レストラン、若者の間の韓流ブームなど、海外のさまざまな情報が入って活気に満ちた変わり行くヤンゴンに大注目です。焦らずのんびり時間を費やすミャンマーの人々と同じ時間の流れに乗れば自然に日々の疲れも取れるでしょう。

BAGAN

世界三大仏教遺跡の一つ バガン

Reccomend
SPOT

02

ミャンマーで一番の仏教聖地であるバガンは2,800もの仏塔が残っています。その数の多さは1日では全てをまわりきることはできませんが、1つ1つの遺跡にさまざまな物語があり、特徴もそれぞれ、詳しい説明を聞きながら時代をタイムスリップするようにその時代の人々の事を考えながら遺跡を巡ると、時間がゆっくりと、そして心地よく過ぎていき、自分の心までおだやかな気分になります。

KYAIKTIYO

ミャンマー屈指の巡礼地 チャイティーヨー

Reccomend
SPOT

03

見るからに不思議な黄金の岩「ゴールデンロック」はチャイティヨーパゴダにあり、ミャンマーの仏教徒が一生に一度は訪れたいという巡礼地でもあります。頂上に近づくと段々見えてくる異様な岩の姿、巨大な岩が今にも落ちそうな姿でそこにそびえ立っています。男性にしか触れる事が許されていない神秘の仏塔、自然の力を感じずにいられません。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ミャンマーを知る

基本情報

首都
ヤンゴン
通貨
現地通貨はミャンマー・チャット(kyat)
言語
ビルマ語、英語
宗教
仏教(南方上座部仏教。一部華人の大乗仏教も)、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教
電源
B、B3型
民族
ビルマ族、シャン族、カレン族、ラカイン族、華人、モン族、インド人等
時差
日本から2時間30分遅れ
気候
ほぼ全土が熱帯モンスーン気候で一年を通して気温が高いのが特徴です。1年を大きく、暑期・雨期・乾期3つの時期に分けることが出来ます。暑期は3月~5月頃で最も暑く、熱帯らしさを一番感じられる時期です。雨季は6月~10月頃で、1日に土砂降りの雨が1~2時間降り続けることもありますが、スコールなので心配することはなく、暑期よりも気温が下がるのでいくらか楽です。

Vietnam Cambodia Myanma Laos ベトナム・カンボジア・ミャンマー・ラオスの他の国を探す