Country

マルタ

マルタ MALTA

青く輝く、地中海に浮かぶ文明のパラダイス

マルタでは、中世の街並みや教会が印象的なバレッタや、聖ヨハネ大聖堂、騎士団長の宮殿は見落とせないポイントです。マルタ島から、フェリーで約30分で行けるゴゾ島は、巨石を積み上げられてジュガンティーヤ神殿や、紺青の海が美しいアズール・ウインドーなど規模は小さいながらも見どころの多い島となっています。英語も通じるマルタで、マルタ人のご家庭にホームステイをして、語学留学をするプランもあり、様々な体験ができます。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge マルタを知る

基本情報

首都
ヴァレッタ
言語
マルタ語、英語。
宗教
キリスト教(カトリック)
時差
日本との時差は-8時間 ※サマータイム時-7時間 (日本が正午のとき、マルタは04:00)
通貨・両替
通貨単位はユーロ。銀行、ホテル、両替所ともに日本円からの両替ができますが、日本からユーロで持参するのがお勧めです。
物価・チップ
物価は日本とあまり変わりませんが、外食に関しては少し高いです。ランチで10~15ユーロ(約1,300~2,000円)、ディナーで20~30ユーロ(約2,600~4,000円)前後です。チップは基本不要ですが、一般的な目安としてはレストランやタクシーでは料金の10%程度、ポーターへは荷物1つにつき1ユーロ、専用車送迎の場合は片道5ユーロ程度をお渡し下さい。
気候・ベストシーズン
地中海性気候のマルタの夏は乾燥して暑く、冬は温暖になります。6月中旬から9月中旬にかけて日差しが最も強く、30度を超える日が続くので、サングラス、帽子、日焼け止めをご用意ください。泳げるのは5~10月頃で、10月から2月中旬までは雨季にあたりますが、1日中雨が降ることはほとんどありません。雨が少なく暖かく湿度が低い4~9月がベストシーズンです。
服装・マナー
公共の施設内での喫煙は禁止。レストラン、バー、カフェなども、屋内は禁煙なので注意が必要です。マルタではシエスタという昼休憩の文化があり、13~16時頃まではシャッターを下ろすお店もあります。教会を訪れる際には露出が少ない服を選ぶなど、服装のルールを守る必要があります。
治安
治安は悪くないですが、観光地でのスリ、置き引き、ひったくりといった犯罪が発生しています。人混みや公共交通機関などでは貴重品の取り扱いに気を使いましょう。荷物は体の前で持つ、目を離さないなど基本的な注意をするだけでリスクは下がります。
病気
水道水を飲むことができますが、心配な場合はミネラルウォーターを購入しましょう。夏場は雨がほとんど降らないため乾燥します。また、熱中症や脱水症状に陥ることもありますので、適度に休みを取り水分を取るように心がけましょう。
食事
マルタ料理はイギリス、イタリア、北アフリカ料理の影響を受けて、実に様々。パスタもよく食べられています。名物料理にはウサギの煮込みやフライなどがあり、海に囲まれた国だけあって、シーフードも新鮮で美味しいです。1つの料理の量が多いので、一度に沢山の種類を注文しすぎず、少しずつ注文してゆっくり時間をかけて食事を楽しみましょう。
飲み物
マルタでは街中でパブをよく見かけるので、一度は立ち寄ってビールを楽しんでみてはいかがでしょう。マルタで造られているビールも数種類あり、その代表ともいえるのが「チスク」というビールです。すっきりした味のビールで、マルタ料理ととても合います。