Country

ニカラグア

ニカラグア NICARAGUA

カリブ海と太平洋に挟まれた、火山の国

ニカラグアは中米でもっとも広い国で、湖や火山の囲まれた太平洋岸の低地、中央の山岳地帯、広大な熱帯雨林のカリブ海岸の低地の三つのエリアに分けられ、いずれも自然豊かな環境が魅力です。また、グラナダやレオンなどの歴史的建造物やコロニアルな街並みも必見です。ニカラグア第二の都市レオンはかつて首都として栄えた時代があり、大聖堂と火山の噴火により廃墟となった植民地時代の都市遺跡レオン・ビエホが世界遺産に登録されています。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge ニカラグアを知る

基本情報

首都
マナグア
通貨
コルドバ(NIO) 補助通貨にセンタボス
言語
スペイン語、英語(太平洋岸のみ)、ミスキート語
宗教
キリスト教(カトリック)
電源
A型
民族
メスティーソ、白人、黒人、先住民族
時差
日本から15時間遅れ
気候
全土が熱帯性の気候に属しますが、標高や地域によって大きな差があります。西海岸はサバナ気候、東海岸は乾季の無い熱帯雨林気候に属し、中央の山岳部は温暖湿潤気候に属スリとも言われています。西海岸では、雨季は5月~10月、乾季は11月~4月であり、高温多湿な気候である一方で、北部山岳地帯では年間を通して過ごしやすい気候が続きます。