Country

オランダ

オランダ NETHERLANDS

運河と芸術に育まれた、風車の国

オランダのベストシーズンはチューリップの春の時期になります。世界的に有名なキューケンホフ公演のチューリップは花の絨毯のような一面のチューリップ畑を楽しめます。季節を問わず楽しめる場所として、アムステルダム郊外のザーンセ・スカンスの風車の村や、アムステルダム市内のアンネの家やレンブラントの絵などで有名な国立ミュージアムや国立ゴッホ美術館、ディックブルーナーハウスも見どころです。

Reccomend SPOT オランダで訪れたい!おすすめスポット

AMSTERDAM

運河とチューリップの街
アムステルダム

Reccomend
SPOT

01

アムステルダムは地図で見るとわかるように、市内中心部は扇状に運河が流れており、道を少しはずれるとすぐに運河があらわれ静かな生活が垣間見れます。お店やレストラン、見所が中心部に集まっており、市内はトラムもたくさん走っているので人は多いですが、移動しやすいですし歩きやすい街と言えます。3月下旬~5月中旬はカラフルで綺麗なチューリップが訪れる人を魅了します。

KINDERDIJK

風車の村
キンデルダイク

Reccomend
SPOT

02

ロッテルダムの町から南東に15km。バスで50分ほどの郊外にある風車の村キンデルダイク。ここには、かつて1970年頃、灌漑設備用として作られた風車群が今なお美しい姿を見せています。現在オランダ国内に1000基あまりあるといわれる風車のうち、19基がここキンデルダイクの川沿いの湿原に整然と並び、オランダならではの風物詩を見せてくれます。

DELFT

陶器の町
デルフト

Reccomend
SPOT

03

「デルフト・ブルー」で知られる、白地にブルーの絵柄の爽やかな陶器が作られる町デルフト。アムステルダムからは電車で約1時間。アムステルダムを小ぶりにしたような、とてもチャーミングな運河の町です。にぎやかな町の中心マルクト広場には市場も出て、見て廻るのが楽しいもの。陶器の工房やブティックなども軒を連ね、どれもが欲しくなる物ばかりです。

KEUKENHOF

キューケンホフ公園

Reccomend
SPOT

04

世界的にも有名なオランダのチューリップですが、美しいチューリップ畑を見る事ができる期間はかなり限られています。そこで、いつでもオランダの花を楽しんでもらえるようにと造られたのがキューケンホフ公園。毎年3月~5月の間、700万以上の球根花が植えられ、開園期間中敷地内に連続して花が咲き続けるよう調整されているので、いつ行っても綺麗な花が見られなかった、と残念な思いをすることはありません。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge オランダを知る

基本情報

首都
アムステルダム
通貨
ユーロ
言語
オランダ語、英語
宗教
カトリック、オランダ改革派
電源
B、C型
民族
ゲルマン系オランダ人
時差
日本から8時間遅れ サマータイム時は7時間遅れ
気候
北海道よりも北部に位置する国ですが、海洋性気候のため比較的温暖な機構です。花の時期の4~5月は、一番の観光シーズンですが、天候が変わりやすいのが特徴です。夏の6~8月は湿気が少なくと乾燥していて過ごしやすい気候です。秋9月になると、どんよりとした曇りの日が多くなり、冬11~3月初めくらいまでは、東京の冬と同じぐらいの気候になります。