Country

パナマ

パナマ PANAMA

美しい自然と文化を持つ、世界の十字路

常夏の国パナマには、先住民が多く存在しているほかに、白人、先住民、黒人の混血も多くみられ、歴史を物語るような文化的ルーツを持っています。二つの海に挟まれたこの土地には、魅力的なビーチや島々が多数存在し、素朴な熱帯雨林には、動植物の多様性に恵まれ、固有の動植物も数多くいます。この国を訪れる時は、壮大なパナマ運河とともに、豊かな自然と多様な文化を楽しめます。

FSC’s Journal スタッフの旅行記で
想像を膨らませる

Check our Tour

Knowledge パナマを知る

基本情報

首都
パナマシティ
言語
スペイン語。英語はホテル、旅行者向けのレストランなどでは通用します。
宗教
カトリック、プロテスタント、その他
時差
日本との時差は-14時間 (日本が正午のとき、パナマは前日の22:00)
通貨・両替
パナマには自国のお札が無いため、正式名称はパナマ・バルボア(PAB)として、米ドルがそのまま使用されています。硬貨は自国で発行しているものと米国で発行しているもの、どちらも流通していますが、パナマで発行された硬貨は米国では使用できないので注意が必要です。
物価・チップ
食費はレストランなどでは日本とあまり大差なく、昼食は5~7バルボア(約500~700円)、ミネラルウォーター600mlで0.6バルボア(約60円)です。チップは基本不要ですが、レストランでは金額の10%程度、ホテルで荷物を運んでもらった場合には1~2バルボア(約100~200円)、ガイドには5バルボア(約500円)を渡すとスマートです。
気候・ベストシーズン
パナマは赤道近くにあるため、一年中あまり気温の変化が無い高温多湿の亜熱帯気候です。パナマシティの平均気温は26℃ほどで、常に暑いです。雨量は、大西洋岸(カリブ海側)が多く年間3300mmほどで、パナマシティのある太平洋側はその半分ほどです。1~4月の短い乾季と5~12月の長い雨季に分かれます。比較的過ごしやすい1~3月がベストシーズンです。
服装・マナー
基本的には夏の恰好で過ごせますが、レストランや車内などは冷房が良く効いているため、薄手の上着が役に立ちます。教会などの宗教施設へ入る際は、脱帽し、露出の多い恰好(タンクトップや短パン)は避けた方が良いです。飲食物の持ち込みやカメラのフラッシュ撮影も禁止されています。また、建物敷地内での喫煙は禁止となっており、飲食店も禁煙となっているので注意が必要です。
治安
新市街に関しては人通りの多い場所でしたら基本的に問題ないですが、パナマシティ旧市街にあるスラムとコロン地域は比較的治安が悪いとされています。訪れるのであればガイドと一緒に行動しましょう。タクシー運転手による強盗事件もあるので、流しのタクシーや客待ちのタクシーは利用しないようにしましょう。
病気
パナマは入国の際に黄熱予防接種証明書は要求されていませんが、黄熱に感染する危険のある国に指定されています。パナマ運河よりも東側の大陸地域への渡航者には、黄熱の予防接種が推奨されています。パナマの後に訪問する国がある場合、コスタリカなど、国によっては黄熱予防接種証明書を求められるため、事前の確認が必要です。
食事
パナマの主食は白米なので、日本人にとっては安心かもしれません。他にも、トウモロコシ、豆、イモ、鶏肉、魚などがよく食べられています。「アロスコンポジョ」という鶏肉、野菜、スパイスの炊き込みごはんや、「サンコチ」という鶏肉、じゃがいも、とうもろこしなどの具たくさんなチキンスープが有名です。サトウキビ酒で、パナマで最も人気がある「セコ・ヘレダーノ」もお勧めです。
飲み物
近年日本でもメジャーになってきた「ゲイシャコーヒー」の豆はパナマで作られています。また、パナマを代表するラム酒に「ロン・アブエロ」もあり、お土産に人気です。ビールやワインなどのアルコールはスーパーなどで、日本と比べると安く購入することができます。

North America Central America Caribbean 北米・中米・カリブ海の他の国を探す