Country

プエルトリコ

プエルトリコ PUERTO RICO

変化に富んだ美しさが魅力の国

北は大西洋、南はカリブ海に面し、山あり川あり湖あり、ヤシの木が並ぶビーチありと、変化に富んだ美しさが魅力です。元々はスペインの植民地でしたが今はアメリカ自治領です。首都サンファンのメトロポリタン地区には超近代的なリゾートホテルが並び、アメリカのリゾート地らしいにぎわいをみせますが、わずか数kmのオールド・サンファンは海賊が出そうな16世紀の雰囲気が漂い、第2の都市ポンセなどは、荘厳な教会や古い町並みが昔のスペインを思わせます。

Knowledge プエルトリコを知る

基本情報

首都
サンファン
言語
スペイン語と英語が公用語ですが、多くの人はスペイン語のみ。観光地では英語も通じます。
宗教
カトリック、プロテスタント
時差
日本との時差は-13時間 (日本が正午のとき、パナマは前日の23:00)
通貨・両替
通貨単位はアメリカ・ドルがそのまま使用可能です。日本円を両替することもできますが、銀行でも手間がかかるのでアメリカ・ドルで持っていくのをお勧めします。
物価・チップ
全体的に物価は日本よりも高めです。昼食は15~30ドル(約1500~3000円)、ミネラルウォーター1.5リットルで1~2ドル(約100~200円)です。チップは、レストランでは金額の10~15%程度、タクシードライバーやガイドには1ドル(約100円)を渡すとスマートです。
気候・ベストシーズン
熱帯海洋性気候で一年を通して中高温多湿です。冬の平均気温が26℃、夏の平均気温が27℃ほどになります。4~11月の雨期には湿度、気温ともにかなり高く蒸し暑い日が続きますが、夜は比較的涼しくなります。7~10月はハリケーンが度々発生するので、この時期はあまり観光には向きません。雨の少ない1~3月頃がベストシーズンです。
服装・マナー
基本的には夏の恰好で過ごせますが、レストランや車内などは冷房が良く効いています。また、雨期の早朝は冷えますので、ジャケットなど羽織れるものが一枚あると安心です。公共の場での喫煙は禁止となっており、レストランやカジノ、バーなども禁煙となっているので注意が必要です。
治安
プエルトリコは比較的治安のいい島で、安心して旅行ができます。ただ、スリや強盗などの一般的な犯罪はありますので、治安が良いと気を緩めることなく、貴重品や荷物の管理には気を付けることが必要です。また、ダウンタウンなど危なそうなエリアや夜道を歩くことは、できるだけ避けることをおすすめします。
病気
サンファンなどでは水道水も飲めると言われていますが、ミネラルウォーターを購入すると安心です。気温・湿度ともに高く体調を崩しやすいため、余裕を持ったスケジュールを組むようにしましょう。念のために常備薬を持っていくこともおすすめします。
食事
バナナや豆を主に使用し、バナナは甘くなく、潰して火を通す料理法が多いです。プエルトリコを代表する料理はモフォンゴ。その甘くないバナナを潰して揚げた、もっちり美味しい料理です。国産サトウキビから造られるラム酒も有名です。
飲み物
ラム酒をベースに、パイナップルジュースやココナッツミルクを氷と一緒にシェイクして作るカクテル、ピニャコラーダはプエルトリコ発祥と言われています。また、ロンリコというラム酒はアルコール度数が75%と高く、刺激的な味が楽しめます。

North America Central America Caribbean 北米・中米・カリブ海の他の国を探す